どっちなの?美白より保湿を優先するべき理由

whitening-or-moisture-retention

肌に対して行なうべきスキンケアはたくさんありますが、時間とお金には限りがありますので、行えるスキンケアは限られてきます。

もしも保湿と美白のどちらかしかスキンケアが行えない場合、どちらのスキンケアを優先させた方が肌にいいのでしょうか?

スポンサーリンク

美白と保湿はどういう原理で行われるの?

スキンケアには様々な種類があります。

その中でも特に有名なのが美白ケアと保湿ケアの2つです。

この2つのスキンケアのどちらか片方しかできない場合、どちらのケアを優先すべきでしょうか?

まず美白と保湿はどういう原理で行われるか知っていますか?

美白はシミを予防するために行われることが多いです。

勘違いしやすいのが、美白は肌を白くするためにすると思われがちです。

化粧品業界で用いられる美白という言葉は肌を白くすることではなく、シミなどの肌トラブルを防ぐという意味合いで使われることが多いです。

美白ケアを語る上で、メラニンの役割について説明しなければいけません。

肌に紫外線が当たると、肌の中でメラニンが生成されるようになります。

メラニンが肌に蓄積すると、肌が茶色や黒色に見えてしまい、シミやくすみの原因になることがあります。

ですから、美白ケアにおいてはこのメラニンの働きを抑制することを狙った化粧品が多いです。

メラニンの機能を抑制することができれば、シミを改善することができます。

美白ケアの中に含まれているビタミンC誘導体やレチノールなどの成分は、メラニンの機能を抑制しやすいと言われています。

保湿ケアは肌の中に水分を保つためのスキンケアです。

肌には角質という部分が存在しており、その中には積み重なるようにして細胞が存在して、その隙間を埋めるようにケラチンなどの細胞間物質が存在しています。

保湿で重要なのが、細胞間物質の部分です。

細胞間物質は大量の水を蓄えておくことができ、肌の水の大部分が細胞間物質に存在しています。

また、保湿において欠かせないのが皮脂の存在です。

皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺というところから分泌されます。

皮脂は肌を薄い膜のようにして覆うことによって、肌からの水分の蒸発を防ぎます。

肌からの水分蒸発はかなり多いので、もしも皮脂が存在しなければ乾燥肌になる人がほとんどでしょう。

スキンケアにおいて皮脂の代わりになるものが乳液です。

皮脂と同じように肌を覆うようにして存在することで、肌からの水分蒸発を防ぎます。

ですから、保湿という観点から乳液は欠かすことができません。

美白と保湿はどちらが優先するべき?

美白と保湿の原理についてはわかっていただけたところで本題です。

美白と保湿のどちらかしかできないのであれば、どちらのケアを優先するべきでしょうか?

前提として、美白と保湿の両方のスキンケアが必要な人と仮定します。

もしも美白は足りているならば保湿ケアを、保湿が足りているならば美白ケアを行いましょう。

もしも美白と保湿のどちらかしかできない場合、保湿の方が重要と考えられます。

その理由としては、保湿できずに乾燥肌になった場合、肌に与える影響が大きいからです。

保湿できない時に乾燥肌が起きるとき、美白にも影響を与える恐れがあります。

乾燥肌は肌の刺激を受けやすい環境です。

その刺激はメラニンを産生するメラノサイトにも伝わることがあります。

メラノサイトに刺激が伝わった場合、活性化しメラニンを産生するようになります。

そのため、保湿ケアを怠ることによって、シミができる原因になってしまうのです。

美白ケアを優先するとどうなりますか?

美白と保湿では保湿ケアの方を優先した方が、肌にとって優しいです。

しかし、どうしても美白ケアを行いたい時にはどうすればよろしいでしょうか?

保湿ケアを行っていない乾燥肌に美白ケアを行っても、その効果を十分に発揮することができません。

美白ケアは化粧品に含まれる成分が、肌の細胞に取り込まれることでメラニンの合成を抑えられます。

しかし、乾燥肌になると肌の細胞が化粧品の成分を取り込みにくくなるので、美白ケアの成分が無駄になってしまいます。

さらに、乾燥肌の状態では肌のバリア機能が崩れていることが多いです。

肌の中には細胞間物質と呼ばれる、水分を豊富に保持することのできる部分が存在しています。

乾燥肌ではバリア機能が低下していることがあるので、もしも美白ケアを行ってもその化粧品が肌の中に保持されることがなく出て行ってしまうので、美白ケアを行っても化粧品が無駄になってしまいます。

以上のことから、美白と保湿では保湿ケアを優先させた方がいいでしょう。

美白ケアを全くしなくていいわけではありませんが、保湿ケアを怠ってしまうと、乾燥肌やシミなど肌に大きなダメージを与える原因になってしまうことがあります。

これらの肌トラブルは肌年齢を大きく上昇させてしまうので、できる限り保湿のケアを行うようにしましょう。

ただし、余裕があるようでしたら保湿と美白、両方のケアを行えた方が肌に優しいです。

保湿を行うことで大きな肌トラブルは避けやすくなりますが、シミ対策には美白ケアが一番です。

最近では1つの化粧品で、美白と保湿の両方をこなせる商品も発売されています。

時間とお金に余裕があり、美白ケアと保湿ケアの両方行えるようでしたら、是非2つとも行ってください。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション