コスメだけで美白になれる?シミの予防はコスメ、消すなら皮膚科へ!

whitening-cosmetics

女性にとって、透き通る白い肌は憧れ。

白くて美しい肌を手に入れたいと、美白化粧品を使用します。

しかし、化粧品のパッケージに使用されている美白とは、肌を白くするという意味ではないのです。

化粧品業界の美白とは、どんな意味で使用されているのでしょうか?

また、美白するなら、美白化粧品と皮膚科どちらが効果的か検証してみました。

スポンサーリンク

美白の正しい意味を知っていますか?

一般的に、美白というと、肌が白くなることを想像しがち。

しかし、化粧品業界で言う美白は、肌が白くなるという意味ではないのです。

化粧品業界の美白とは、日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミが出来ることを予防するという意味。

美白の定義は、薬事法で定められており、シミが出来ることを予防する以外では、美白という言葉は使用出来ないのです。

美白の効果がある成分にはどんなものがあるの?

ビタミンC誘導体

美白化粧品の成分で代表的なものは、ビタミンC誘導体。

ビタミンCは、抗酸化物質の一つであり、メラニンを生成する原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

ですから、ビタミンCの働きでシミが出来にくくなるのです。

しかし、ビタミンCのままでは、体の内部に浸透しにくく、効果が得られません。

そこで、不安定なビタミンCを、安定性があり、肌へ浸透しやすい物質へと改良したものがビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体によって、メラニンの生成を抑え、シミを予防することが出来るのです。

プラセンタエキス

プラセンタエキスも、美白の成分として認められています。

プラセンタエキスには、肌の代謝を良くする働きがあるのです。

ですから、肌のターンオーバーを活性化し、メラニンを肌の外へ排出してくれます。

また、プラセンタエキスには、さまざまなビタミンが含まれていることから、シミを防ぐ抗酸化作用の働きもあるのです。

ルシノール

ルシノールにも、美白作用があります。

ルシノールは、メラニンを合成する際に使用される、チロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を抑制します。

また、コウジ酸やアルブチンもルシノールと似た働きを示すことから、美白成分として認められています。

美白するなら、美白化粧品と皮膚科のどちらが効果的?

シミを予防したいなら

以前は、皮膚科でしか処方出来ない成分が多くありましたが、現在は、ドラッグストアでも購入可能です。

例えば、シミを予防する成分ハイドロキノン。

ハイドロキノンは、肌への刺激が強いので、皮膚科でしか処方出来ませんでした。

しかし、現在は、成分量を下げることによって、ドラッグストアでも販売されています。

化粧品の配合成分量を見直すことによって、手軽にシミを予防のための化粧品を購入出来るようになりました。

ですから、シミを予防したいのであれば、美白化粧品と皮膚科では、大きな違いはありません。

ただし、皮膚科の場合、保険が効くことが多いので、市販の美白化粧品よりも安価で済みます。

シミを消したいなら

シミを消したいのであれば、皮膚科をオススメします。

美白化粧品の美白成分は、シミを予防することは出来ても、シミを消す成分は含まれていません。

ですから、美白化粧品によって、シミを消すことは難しいのです。

皮膚科の場合、レーザー治療でメラニンを照射し、皮膚の中から除去することが可能。

シミの種類や大きさによって効果は異なりますが、元のシミよりも薄くなることが期待出来ます。

美白を保つために日ごろから気をつけることは?

美白で一番効果的な方法は、紫外線を浴びないこと。

紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトが活性化し、メラニンが生成されてしまいます。

ですから、まずは紫外線を浴びないように、日焼け止めを塗りましょう。

ただし、日焼け止めの中には、肌に刺激が強いものもありますので、敏感肌の人は注意が必要です。

日焼け止めが肌に合わない場合は、帽子や日傘、長袖を着用して、紫外線を防ぐ対策を行うようにしましょう。

また、肌のターンオーバーを促進すると、メラニンの排出を促すことが出来るので美白に繋がります。

ターンオーバーを促進するためには、洗顔を毎日行わなければなりません。

洗顔は、古くなった細胞を洗い落としてくれます。

また、美白を保つためには、睡眠も不可欠。

夜、きちんと寝ることによって、ターンオーバーが正しく行われます。

夜更かしせずに、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

シミを防ぐために美白は重要。

しかし、美白化粧品の美白とは、シミを消すのではなく、シミを予防するという意味です。

美白の意味を知らなければ、化粧品の効果を十分に発揮出来ません。

美白を保つために、化粧品の成分や効能を理解し、自分の肌にあった美白成分や美白化粧品を選ぶことが大切です。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション