地黒でも美白ケアで色白になれる?色黒と色白の違いは何?

whitening-care

肌色は、人によって異なります。

元々色黒や地黒だから、色白にはなれない…と諦めていませんか?

実は、美白ケアで色白の肌に近づくことは可能なのです。

色黒と色白の違いがなぜ起こるのか、また、色白になる為の方法をお教えします。

スポンサーリンク

色黒と色白の違いは何?

肌の色の違いは、メラニンの量によって異なります。

肌の色の違いを決めるメラニンは、肌の中に存在しており、メラノサイトという細胞が刺激されることによって放出されます。

メラニンには、紫外線を吸収する作用があり、メラニンの働きによって、有害な紫外線が体の奥深くまで到達することを防いでくれるのです。

色黒や地黒の方は、生まれつきメラニンの量が多い体質、逆に色白の方は、生まれつきメラニンの量が少ない体質と言えます。

また、紫外線を大量に浴びることで起こる皮膚がんは、メラニン量が少ない白人に比べてメラニン量が多い黒人の方が、皮膚がんになりにくいというデータがあるのです。

肌が黒くなってしまう原因

紫外線

メラニンを生成してしまう原因の大部分は紫外線。

紫外線が肌の中に浸透すると、メラノサイトがメラニンを生成し活性化してしまいます。

メラニンは、黒い色素。

紫外線は、黒い色に吸収される性質を持つ為、黒い色素のメラニンが紫外線の侵入を阻止してくれます。

紫外線によって、肌が黒くなってしまうのは、肌の防御反応なのです。

ターンオーバーの低下

肌には、いらなくなった細胞を押し出すターンオーバー機能が備わっています。

メラニンが分泌されても、ターンオーバーによって、メラニンを体外に排出することが出来れば肌への沈着は起こらず、肌は黒くなりません。

しかし、加齢やストレス、睡眠不足によってターンオーバーの機能は低下してしまうことがあります。

すると、肌の外にメラニンを排出することが出来なくなり、肌にメラニンが沈着するのです。

つまり、ターンオーバー機能の低下によって、色黒になってしまう可能性があります。

色黒を美白ケアでどこまで色白に出来る?

個人差はありますが、美白ケアによってある程度色白になることは可能です。

顔や腕は、肌の露出によって、体の他の部分よりも肌の色が黒くなりがち。

しかし、逆にお腹や胸、太ももの部分は、肌を露出する機会がほとんどないので、顔や腕と比べて色が白いはずです。

つまり、美白ケアによって、太陽の光をほとんど浴びていない部分の肌の色まで色白にすることが可能です。

色白になる為の方法

日焼け止め

色白になる為には、紫外線から肌を守ることです。

日焼け止めによって、紫外線が皮膚に吸収されにくくなり、メラニンの生成が低下します。

メラニンは、一度分泌されてしまうと、体外まで完璧に出すことは難しいのです。

ですから、日焼け止めを塗って、メラニンを生成しない対策を行うのが色黒にならない為の最善の方法。

また、日焼け止め以外にも、日傘や帽子を日焼け止めと併用し、直接的な紫外線をブロックすることが大切です。

洗顔

洗顔によって、肌のターンオーバーを活性化することで、メラニンの排泄を促すことが出来ます。

洗顔は、肌のホコリと一緒に肌表面のいらなくなった細胞を洗い流してくれるのです。

メラニンが肌の外に排出されることで、肌へのメラニンの沈着を防ぎ、結果、肌の色が白く見えます。

ビタミンC誘導体配合の化粧品

ビタミンCには、シミを作りにくくする効果や出来てしまったシミを薄くする働きがあります。

しかし、ビタミンCは、不安定な物質で、肌に塗っても浸透することはありません。

そこで、安定性があり肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が開発されました。

ビタミンC誘導体には、メラニンの沈着を防ぎ、コラーゲンの生成を助けてくれる働きがあります。

色白を目指すのであれば、ビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使用しましょう。

モノベンゾンを使った肌の漂白

地肌よりももっと白くなりたい場合、もうこれは美白ではなく肌の漂白になってしまいます。

ですが、医学的に地肌をさらに白くすることは不可能ではありません。

マイケル・ジャクソンが使ったモノベンゾンという肌漂白用の薬剤を使えば、地肌以上に肌を白くし、彼のように白磁の肌にすることもできるでしょう。

でもモノベンゾンは特殊な医薬品で、普通の人では手に入れることができません。

発がん性物質でもあるため、尋常性白斑症を患う方がお医者さんの管理のもと利用できるクリームとなります。

美容目的の人には処方されません。

まとめ

人によって肌の色は様々。

色白になりたいのであれば、日頃からの紫外線対策や美白に有効な成分を取り入れることが大切。

美白ケアによって、今よりも白い肌を手に入れることが出来るはずです。

色黒だからと諦めず、美白ケアをがんばりましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション