つらいつわりの症状を和らげる方法は?つわりのピークはいつ?

tuwari

妊娠して最初に感じるのがつわりの症状ですよね。

つわりを少しでも和らげる方法を知っておくと楽ですよ。

つわりには、いろんなタイプがあるので、自分がどれに当てはまるのかで、対処の仕方を変えてみて下さい。

スポンサーリンク

つわりはいつからはじまる?

だいたい妊娠5週目くらいからつわりの症状が始まります。

早い人では4週目あたりから、つわりが始まる方もいます。

妊娠検査薬に反応が出たあたりがだいたい妊娠5週目あたりです。

つわりは8割程度の方が経験する症状です。

しかし、体質によってはつわりの症状が全く出ない人もいるんです。

つわりの症状は?

吐きつわり

食べ物を食べていてもいなくても、嘔吐や吐き気が続く症状のことです。

一日中吐き気がある方や、朝起きてすぐや夕方の時間帯だけなど、特定の時間帯に吐き気がする方もいます。

吐いてばかりいると、体が衰弱してしまいます。

悪化すれば、妊娠悪阻という病気になってしまいます。

体調が悪く、食べ物も飲み物も受け付けない場合は、医師に相談しましょう。

症状が酷い時は、病院で点滴も可能です。

点滴には、脱水症状の改善と栄養補給の効果があります。

赤ちゃんへの影響は気にする必要はありません。

食べつわり

空腹時に吐き気をもよおしてしまう症状です。

食べ物を食べることで、吐き気が落ち着く場合が多いです。

食べていると、気持ち悪くならないことから、常に食べ物を食べてしまいがちですが、体重増加に注意が必要です。

一度に沢山の量を食べるのではなく、ちょっとずつ小分けにして食事の回数を増やすことをおススメします。

においつわり

今まで大丈夫だったにおいが苦手になったという経験をする人も多いはず。

ご飯が炊けるにおいやゴミのにおいがダメになることが多いです。

また、スーパーなど食べ物のにおいが沢山するところも苦手になります。

においつわりの場合、苦手なにおいがする場所になるべく近づかないようにすることです。

外出時は、マスクを着用すると、若干軽減されますよ。

スーパーが苦手になってしまった場合は、宅配サービスを使ったり、食料品の調達を家族にまかせたりしましょう。

眠りつわり

妊娠してからというもの、寝ても寝ても眠くなってしまうという妊婦さんも多いはず。

眠気が一日中続く症状です。

眠気に襲われた場合は、無理せず休息するようにしましょう。

家事は体調の良い時にまとめてするようにして下さい。

日中沢山眠ってしまうと、逆に夜眠れなくなってしまいます。

1回のお昼寝は、15分〜30分以内にしたほうが良いですよ。

また、寝てばかりいると、逆に体がだるくなってしまいます。

ストレッチなどを取り入れて、眠気と上手く付き合って下さい。

つわりのピークは?

つわりのピークは、だいたい妊娠8週目から11週目です。

つわりの原因ははっきりとは分かりませんが、ホルモンバランスの変化が原因ではないかと考えられています。

子宮の中の絨毛から出てくるhCGホルモンや黄体ホルモンが妊娠すると急激に増えます。

そのホルモンが急激に増加する過程でつわりが起こるようです。

胎盤が完成してくる12週目から14週目あたりには、徐々につわりの症状が軽減してきます。

つわりの症状がキツいと、身も心も疲れ果ててしまいますよね。

しかし、いつか終わりが来るものです。

それに、つわりの症状があるということは、胎児が成長しているという証拠でもあります。

つわりと上手に付き合っていくことが大切です。

つわりの症状を和らげるには?

外出して気分転換する

つわりの症状が軽い時に、散歩したり、外出することで気分転換をはかりましょう。

つわりの症状があるからと言って、家に閉じこもりぎみでは、気分が余計めいってしまいます。

外出できないほどつらい場合は無理する必要はありませんが、なるべく他のことに意識を向けることで、つわりの症状が軽くなりますよ。

映画やドラマを見る

外出するのもままならない場合、家でだらだら過ごすのもキツいですよね。

そこで、好きな映画やドラマを見ることをおススメします。

意識をつわりから映画やドラマに向けるだけでつわり軽減に役立ちますよ。

ガムを食べる

ガムを食べることによって口の中がすっきりします。

食欲が無くても、ガムなら大丈夫な方も多いのではないでしょうか?

通常のガムは人工甘味料が入っていますが、キシリトールガムは天然甘味料なんです。

ですから、砂糖や甘味料を気にする妊婦さんにおススメです。

また、妊娠中は、虫歯になりやすいんです。

キシリトールガムは、虫歯の原因とされるミュータンス菌を殺菌させる効果があります。

虫歯予防にもってこいですね。

炭酸水

つわり中はお茶や紅茶など色つきの飲み物が急にだめになったという妊婦さんも多いはず。

飲み物の好みが変わってしまった妊婦さんにおススメなのが炭酸水です。

吐き気で胃がムカムカするときに炭酸水を飲むことで、口の中がさっぱりします。

つわりの気持ち悪さを軽減してくれる飲み物として注目されています。

市販の炭酸飲料には、砂糖が沢山含まれているので、無糖の炭酸水がおススメです。

一般的な炭酸水は、水に二酸化炭素を圧入して作ったものです。

しかし、ペリエは、天然ガスとミネラルウォーターの偶然の出会いによって生まれた炭酸水です。

天然の炭酸水が飲みたい方は、ペリエがおススメですよ。

柑橘系のジュースや果物

つわりの症状がある時は、さっぱりした食べ物や酸味のある飲み物が欲しくなります。

柑橘系のジュースや果物は、ビタミンも同時に摂取できるのでおススメです。

つわりの症状は人によって様々です。

自分の症状にあったリラックス法や食べ物、飲み物を探してみて下さいね。

まとめ

つわりの症状が重い時は、無理をせずゆっくり過ごすように心がけて下さい。

また、1日の中でもつわりの症状に波があるはずです。

夕方に具合が悪くなる人は、体調のいい午前中にまとめて家事をして夕方はゆっくりしたりといった感じにメリハリをつけて生活すると上手く行きますよ。

また、つらい時は、旦那さんや家族に手伝いを頼みましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション