化粧水は洗顔後すぐにつけるのがポイント!

toner

毎日行うスキンケアで代表的ものが、洗顔や化粧水です。

特に化粧水は洗顔の後につけたほうがいいという噂もあります。

洗顔後が化粧水をつけるのに適しているのはなぜでしょうか?また、この方法はすべての人に当てはまるのでしょうか?

スポンサーリンク

化粧水の役割

洗顔は毎日の日課で行うと思いますが、洗顔の後には化粧水をつけた方がいいという話はよく聞きます。

化粧水をつけるのはいつでもいいように感じますが、なぜ洗顔後に化粧水をつけた方がいいのでしょうか?

まず、化粧水をつける意味についてです。

化粧水には様々な商品が販売されていますが、ほとんどの化粧水は肌に潤いを与えることを目的としています。

肌には潤いが欠かせません。

肌に潤いが無くなると、肌がシワシワになってしまい、ハリのない肌になってしまいます。

肌の中には水を保持する機能があります。

もちろん定期的に水分を補充しないと水が蒸発してしまいます。

水を飲むことでもある程度肌への水分を補充できますが、肌に直接水分を与えた方が効率がいいです。

また化粧水は肌へ水分を与える以外にも役割があります。それは肌にビタミンなどを与えることです。

例えばシワの原因になる「活性酸素」という物質はビタミンA,C,Eにより働きが弱められると言われています。

またシミの原因になるメラニンにはビタミンC誘導体が有効と言われています。

肌トラブルを抑えるためには、そのトラブルに効果を及ぼしやすい成分が存在しているので、化粧水によって肌トラブルを抑えやすい成分を補充することができます。

洗顔の後に化粧水は必要?

化粧水の意義は上でご説明した通りですが、洗顔後に化粧水をつけるのはなぜでしょうか?

洗顔をする際に気をつけるべきことに、皮脂を落としすぎることがあります。

洗顔をする際には洗顔剤を用いることが多いと思いますが、洗顔剤は皮脂を落とす力が強すぎてしまい肌に必要な皮脂までも落としてしまいます。

肌にとって皮脂はとても大切です。

皮脂が顔を覆うことによって肌からの水分の蒸発を防ぐことができます。

つまり洗顔剤を使うことで肌の皮脂が減少し、乾燥肌になる恐れがあります。

また、乾燥肌が長く続くと体が皮脂を作るように働いてしまい、皮脂が出すぎてしまう「オイリー肌」になる可能性もあります。

ここまでの話を要約すると、洗顔によって肌の水分が減ってしまうことがあります。

ですから、肌の水分が失われないように化粧水による補充のケアを行う必要があるのです。

洗顔をした後に化粧水をつけるべきということにはもう一つ理由があります。

基本的に洗顔をするタイミングは入浴中や入浴後が多いです。

もしも化粧水をつける時に化粧をしていたら、化粧水の肌への浸透が良くないことは想像できると思います。

入浴と洗顔の後であれば、化粧をしていることはほぼないはずですので、化粧水をつけるのにぴったりと言えます。

また、入浴後には肌が温まった状態になっているはずです。

化粧水の肌への浸透力は、肌が温かいときのほうが高いとされています。

もちろんお湯で洗顔した後でも化粧水の浸透力は高くなりやすいですが、入浴後のほうがより浸透力が高くなると言われています。

化粧水をつけるときの注意点

洗顔後につけたほうがより化粧水の効果が高くなりやすいですが、幾つか気をつけるべき点があります。

気をつけるべきことの1つ目は、敏感肌の人には化粧水を使うことを十分考慮しなければならないという点です。

人によって肌質は様々ですが、敏感肌の人は化粧品などの成分で肌が痒くなったり、ヒリヒリすることがあります。

特に洗顔後は肌がとても刺激された状態ですから、化粧水で肌を刺激するとヒリヒリしやすくなっています。

敏感肌の人は化粧水を使ってはいけないというわけではありませんが、化粧水が肌に合わないと感じた際にはすぐに使用を中止してください。

もう一つの気をつける点は、化粧水をつけた後には乳液などでしっかりと保湿のスキンケアを行うことです。

化粧水は肌に水分を補充することができますが、肌の水分を止めておく作用はほとんどありません。

つまり、化粧水によって補充されたはずの水分は、簡単に肌から蒸発してしまうのです。

化粧水の水分だけが蒸発すれば良いのですが、多くの場合にはもともと肌に合った水分も一緒に蒸発していきます。

水分を補充するために化粧水をつけた結果、肌の水分がより減ってしまうということにつながります。

水分の減ってしまった肌はこれ以上水分が蒸発しないように皮脂を分泌することが多いです。

ですから、化粧水のみをつけた場合には、ニキビができやすくなることがあります。

このような事態を防ぐためには化粧水の後に乳液をつけることが大切です。

乳液を塗ることで肌から水分が蒸発しにくくなるので、乾燥肌になることを防ぎ、化粧水が肌の中に浸透しやすくなります。

洗顔も化粧水などのスキンケアも毎日行うものですから、効率的に行うべきです。

肌質もあるので一概に洗顔後に化粧水をつけるべきとは言えませんが、洗顔後に化粧水をつけることで化粧水の成分が浸透しやすいので、できる限り洗顔後に化粧水をつけたほうがいいでしょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション