全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリット!自己ケアの注意点は?

systemic-and-partial-hair-loss

すっかり身近になった美容脱毛サロン。

1~2ヶ月間隔という来店ペースも、平均的な1回当たりのお支払い額も、ヘアサロンに通う場合とほとんど同じだという気軽さですね。

もちろん、美容脱毛サロン通いとヘアサロン通いには、違うところがたくさんあります。

そのひとつに、美容サロン通いをする場合は、コースに申し込みをするという点があります。

最初のカウンセリングの時点でコースを決めて契約を結ぶので、契約期間の最初から最後まで、ずっと同様の施術内容になるのです。

美容脱毛サロンのコースには、全身脱毛コースと部分脱毛コースがあります。

どうせ通うなら全身脱毛?それとも、とりあえず気になる箇所だけ部分脱毛?

全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリットをみてみましょう。

スポンサーリンク

全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリット

全身脱毛のメリット・デメリット

美容脱毛サロンの全身脱毛は、光脱毛で脱毛可能な範囲全てが施術の対象箇所になっています。

ただ、中には顔脱毛が全身脱毛コースに入っていないサロンや、顔脱毛自体をしていないサロンもあるので、事前に公式ホームページなどでチェックしてください。

また、たくさんの大切な神経が密集している上に皮膚が薄い首周りは、ほとんどのサロンで脱毛対象箇所になっていません。

全身脱毛の最大のメリットは、ムダ毛に関する悩みから解放されることです。

肌トラブルを招く自己処理の危険性や煩わしさからは一切解放されます。

お出掛けのための服選びや、突然のデートや海へのお誘いにも心配無用で対応できます。

遺伝による濃いムダ毛がコンプレックスだった人は、その悩みから解放されてリラックスして過ごすことが出来るようになります。

全身ツルツルスベスベの美肌で女性としての自信も増すという、人生にも影響する素敵なメリットがあるのです。

逆に、施術中やサロン通いの期間中に注意点が多く手間がかかるのが全身脱毛のデメリットです。

ほとんどのサロンで施術する際に塗る冷感ジェルは、数回に分けて時間差で塗ったとしても、短時間で全身に塗ると凍えるほど身体が冷えます。

施術後は、ほぼ同時期に全身のほとんどのムダ毛が抜け落ちるため、全身の肌の保湿ケアを念入りにしないといけません。

そして、施術期間中は一切日焼けをしてはいけないので、特に夏には、腕・脚や背中・うなじなどの肌を隠しにくい箇所への配慮が面倒です。

部分脱毛のメリット・デメリット

部分脱毛のメリットは、まず何と言っても気軽さです。

光脱毛の施術に自分の肌が耐えられるかどうか不安だという人や、とりあえず通ってみて美容脱毛サロンの雰囲気を感じてみたいという人は特に向いています。

美容脱毛サロン通いをスタートするきっかけとしてワキの部分脱毛を選ぶケースは、実はとても多いのです。

ワキはムダ毛が目立ちやすい部位でほとんどの人がほぼ毎日自己処理をしているため、脱毛サロンで最初に施術する部位にも多く選ばれています。

そして体毛の生え方には個人差があるので、気になる箇所だけを脱毛できれば十分だという人にも部分脱毛が向いています。

デメリットは、契約した施術回数による仕上がりの程度次第では、脱毛箇所とそうではない箇所の境目に違和感が出てしまう点です。

例えば、腕だけをほぼ完全に脱毛した場合は、肩や背中に残っているムダ毛のせいで、肌の色自体がくっきりと違うように見えてしまうケースがあります。

同様に脚だけを脱毛した場合は、ヒップとの境目が目立ってしまいます。

そして、脱毛箇所とそうではない箇所の境目が気になり始めると、部分脱毛でコース追加する人が出てきます。

すると、最悪の場合、最初から全身脱毛に申し込んだ方が安くてお得だった、という結末に陥る可能性もゼロではないのです。

サロン通い中の自己ケアの注意点その1:保湿ケアは数日後から

全身脱毛でも部分脱毛でも、美容脱毛サロンに通う際には自己ケアが必須です。

サロン通い中の自己ケアにはいくつかの注意点があります。

まず一番の注意点は、肌の保湿ケアは施術の数日後から始めるということです。

光脱毛では、照射によって毛根の細胞にダメージを与えているので、施術直後は肌がとても敏感になっています。

施術当日は、汗や雑菌によって腫れや赤みが出てしまう心配があるため、湯船での入浴、運動、飲酒は厳禁ですし、化粧水やクリームなどの使用も控えてください。

そして逆に、施術から数日経過すると、今度は毎日の保湿ケアがとても大切になります。

施術によって毛が抜け落ちた毛穴はそのまま空洞状態になるので、汚れや雑菌が入り込みやすくなるからです。

光脱毛では、施術の2週間後くらいから毛が抜け落ち始めます。

毛が抜け落ちるときに毛穴が自然に閉じやすいように、そのタイミングで潤いのある柔らかい肌コンディションに近づけておくことがポイントなのです。

サロン通い中の自己ケアの注意点その2:自己処理は電気シェーバーで

次に、次回の施術までに生えてきたムダ毛は、必ず電気シェーバーで剃毛処理してください。

カミソリや毛抜きでの自己処理は絶対にNGです。

カミソリでの自己処理は、肌の表面を保湿している細胞が削り取られるので、肌質自体の悪化につながります。

カミソリで肌を切ってしまった場合は、傷跡が残ってしまう危険もあります。

毛抜きでの自己処理も、自然に抜け落ちる前の毛を無理矢理引っこ抜いているために、毛穴の中の細胞を傷つけているのです。

開きっぱなしになった毛穴に雑菌が入り込むと、ニキビや毛嚢炎などの肌トラブルの原因になります。

また、毛が変な方向に再生して埋没毛になると、やがては肌の奥で色素沈着を起こして、黒ずみの原因になります。

電気シェーバーは、ムダ毛を剃る際に刃が肌に触れない安全な構造になっているので、一番おすすめの自己処理方法です。

肌や毛根に与えるダメージが小さいので、身体の保護機能のはたらきでムダ毛が濃くなってしまう心配もありません。

それどころか、光脱毛の施術前日の自己処理は必ず電気シェーバーでしてください、とサロン側から指定されている自己処理方法です。

まとめ

せっかくスベスベの美肌を目指して脱毛サロン通いをしているのですから、肌を痛めてしまう間違った自己ケアには要注意です。

適切な自己ケアを覚えて徹底し、効果的で効率的なサロン通いを満喫してくださいね。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション