敏感肌の子どもは日焼け止を塗っても大丈夫?子供のための日焼け止めの選び方!

sunscreen

紫外線を気にして、日焼け止めを塗りますが、敏感肌の子どもは日焼け止めを塗っても大丈夫なのでしょうか。

日焼け止めのパッケージに表記されているSPFやPAの違いも気になります。

敏感肌の子供のための日焼け止めの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めにはどんな効果があるの?PAとSPFの違いは?

地球に降り注ぐ紫外線には、大きく分けてUV-AとUV-Bの2種類があります。

UV-Aは、シミの原因になってしまう紫外線。

UV-Aは肌の奥まで浸透するため、深部に存在しているメラノサイトを活性化し、メラニンを生成するのです。

メラニンが肌の奥に沈着し、蓄積すると、肌にシミが出来てしまいます。

UV-Bは、日焼けの原因になる紫外線。

ただし、UV-Bは、肌の浅いところまでしか浸透しません。

UV-Bによって、一時的に肌が日焼けしてしまいますが、時間が経つにつれて日焼けした肌は元に戻ります。

日焼け止めには、紫外線のUV-AやUV-Bを肌に通さない効果があるのです。

UV-Aを通さない指標はPA、UV-Bを通さない指標は、SPFで日焼け止めのパッケージに表示されています。

PAやSPFの指標が大きいほど、紫外線を通さない効果が強いのです。

子どもに日焼け止めは必要?

紫外線による影響は蓄積していくもの。

子どもの頃から少しずつメラニンを蓄積してしまうと、若いうちからシミが出てきます。

子どもの頃から、きちんと日焼け止めを塗っておいたほうが、将来のシミやシワなどの肌トラブルを避けることが出来るのです。

また、子どもの頃から強い紫外線を浴びると、皮膚がんになりやすくなるという事例があります。

子どもの頃から、皮膚がんを予防するためには、日焼け止めが必要なのです。

ただし、子どもの頃に、日光をまったく浴びない生活をしていると、くる病にかかってしまいます。

くる病とは、ビタミンDが不足してしまうことで起こる乳幼児の骨格異常のこと。

くる病を予防するために必要な日光を浴びる時間は、1日10分程度。

それ以上日光を浴びてしまうと、紫外線による影響が強くなってしまうので、外出する際には、必ず日焼け止め塗りましょう。

日焼け止めを塗ることで起こるデメリットは?

肌への刺激

肌が弱い子どもの場合、日焼け止めを塗ることで、刺激になってしまうことがあるので注意が必要です。

日焼け止めの効果よりも、刺激のほうが悪影響を与えてしまうことがあります。

肌が弱い子どもの場合は、化学物質の少ない低刺激の日焼け止めを使用することです。

低刺激の日焼け止めでも刺激が強ければ使用を止め、帽子や長袖を着用して直射日光を防ぎましょう。

ママと一緒に日傘を使うことでも、紫外線対策に繋がります。

肌の乾燥

日焼け止めには、界面活性剤が含まれているものがあります。

界面活性剤は、肌の皮脂を奪ってしまうので、肌が乾燥しやすくなるのです。

特に、界面活性剤は、アトピー持ちの子どもへの影響が強くなっています。

アトピーがある子どもの場合は、界面活性剤が入っていない日焼け止めを選びましょう。

肌の火傷

日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれています。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収することで、紫外線を防ぐのです。

紫外線吸収剤によって吸収された紫外線は、熱となって皮膚にこもりやすく、肌が火傷のような状態になることも。

特に、肌の弱い子どもは、紫外線吸収剤の影響を強く受けてしまうので、紫外線吸収剤の入った日焼け止めは避けましょう。

日焼け止めを塗る頻度は?

日焼け止めを塗る回数は、外出時に1日1回程度で十分。

日焼け止めは、肌に負担をかけてしまうので、必要以上に日焼け止めを塗ることはお勧め出来ません。

ただし、子どもの場合、走り回ったりして、汗によって日焼け止めが落ちてしまうことがあります。

日焼け止めが落ちてしまった際には、量を少なくして日焼け止めを塗り直すと、紫外線を防ぐことが出来ますよ。

日焼け止めは、お風呂やシャワーできちんと落としましょう。

日焼け止めを、塗ったまま寝てしまうと、肌に大きな負担を与えてしまいます。

紫外線は、肌に影響を与えてしまう力が強いので、子どもの頃から日焼け止めを塗ってしっかりと対策する必要があります。

ただし、肌が弱いと、日焼け止めが、逆に肌へ負担を与えてしまうのです。

お子さんの肌に合った日焼け止めを選んで、肌への負担を抑えるようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション