日焼けして肌が痛いときの処置方法 – 意外と知らない日焼けの痛みの原因!

sunburn

うっかり日焼けしてしまうことは、誰にでもあります。

しかし、日焼けしすぎると、肌が炎症を起こしてしまうことも。

日焼けによってなぜ肌が黒くなったり炎症を起こすのでしょうか?

また、日焼け後に、肌が炎症を起こした場合の処置方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けすると肌が黒くなったり痛くなるのはなぜ?

日差しには、紫外線という目に見えない光が含まれており、UV-AとUV-Bの2種類に分類されます。

UV-Aは、肌の奥に浸透しやすい紫外線であり、メラノサイトを刺激してメラニンの生成を増加させる働きがあるのです。

つまり、紫外線に含まれるUV-Aによって肌の色が黒くなります。

UV-Bは、肌の奥にまで入り込む力はなく、メラノサイトを活性化させることもありませんが、その分肌に与える影響は強いのです。

UV-Bの場合は、皮膚に存在している細胞を傷つけてしまうことで、肌が火傷のような状態を作り出してしまいます。

ですから、日焼けすると痛くなってしまうのは、紫外線のUV-Bが原因なのです。

紫外線によって、細胞が破壊されてしまうと、細胞からサイトカインという成分が放出されます。

サイトカインは、肌がアレルギー反応を起こした際にも放出されますが、紫外線によって細胞が破壊されてしまった場合にも、出るのです。

サイトカインは血管に作用し、血管の拡張や、血管透過性(血管の膜機能)を下げてしまいます。

血管の周りには、神経が張り巡らされており、急に血管が拡張してしまうことによって神経が反応してしまい、痛みを感じてしまうのです。

また、日焼けをした際に皮膚が赤くなるのは、血管が広がることや、血管の外に液が出てきてしまい、皮膚の血流が良くなる為、血液の色である赤色に見えてしまいます。

日焼けしない為の方法

日焼けによる皮膚の炎症は、避けたいもの。

ですから、日焼けしないように、対策する必要があります。

日焼けをしない為には、日焼け止めを塗るのが一番です。

日焼け止めは、肌への紫外線の侵入をブロックする働きがあり、肌のダメージを防ぐことが出来ます。

日焼け止めには、PAとSPFという2つの指標があり、PAは+で表示されUV-Aに対する効果の値で、SPFはUV-Bを防ぐ数値なのです。

肌が痛くなるような日焼けは、UV-Bによるもの。

SPFの数値が高いものを選ぶと、日焼けによる痛みを防ぐことが出来るのです。

また、日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

紫外線散乱剤は、紫外線を肌の外に反射させることによって、紫外線の影響を防ぐのです。

紫外線吸収剤は、肌に塗った日焼け止めが、紫外線を吸収することによって、肌の中まで、紫外線を通さないようにする働きがあります。

紫外線散乱剤は、白浮きやすいという欠点が、紫外線吸収剤は、熱などがこもりやすくなってしまい、肌にダメージを与えてしまうというデメリットがあるのです。

日焼け止めは、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤のどちらを使用するべきか、よく検討しましょう。

日焼け後の処置方法

日焼け止めで日焼け対策を行っても、日焼けしてしまうことはよくあります。

日焼け時には、どのような処置を行うべきなのでしょうか。

日焼け時の処置について、ご紹介します。

1.冷却

日焼けしてしまったら、まずは、日焼け部分の冷却を行いましょう。

日焼け後の肌は、火傷と同じような状態。

火傷した時の処置と同じように、日焼けした部分を、まず水や氷で冷やしてあげることが大切です。

2.化粧水と乳液で保湿

日焼け部分の冷却が終わったら、低刺激の化粧水をつけることをオススメします。

なぜなら、日焼け部分は、水分が失われ、乾燥した状態。

外部から水分を補充してあげる必要があるのです。

ただし、化粧水をだけでは、肌からの水分蒸発が促進してしまうので、化粧水をつけた後は、肌の水分蒸発を防ぐ為に、乳液でしっかりと蓋をしなければなりません。

日焼け後の皮膚は、外部からの刺激にとても敏感。

日焼け後に、刺激の強い化粧品を塗ることは避けましょう。

肌に強い刺激を与えてしまうと、炎症が長引くだけでなく、更なる肌トラブルを引き起こす可能性があります。

3.痛みが引かない時は、皮膚科を受診しよう

日焼け後のケアを行っても、痛みがなかなか引かない場合には、皮膚科を受診しましょう。

ケアそのものが間違っているか、それ以外に、痛みが続く原因が存在するのかは、素人では判断がつきにくいです。

専門の医師に見てもらった方が、早期に完治することが出来ます。

日焼けは、日焼け止めを塗ることによってほぼ防ぐことが出来ます。

また、日焼けをしても日焼け後の処置を迅速に行うことで、肌の痛みを短時間で取り除くことが可能です。

ですから、もし、うっかり日焼けをしてしまっても、あきらめずに素早く肌のケアを行うようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション