ボディのシミのケアは顔と同じ!日焼け防止が一番の対策

stains-of-body

体は顔に比べてうっかり日焼けをしやすいにもかかわらず、顔よりケアが大変です。

予防は日傘や日焼け止めなどでできるのですが、ボディの美白ケアは範囲も広く、お手入れが行き届かない結果シミにつながりやすいです。

そうしてできてしまった体のシミに対し、顔とは違いどのようにアプローチすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

肌にシミができる理由

顔にシミができないように気を配っている人も多いと思います。

しかし、体の美白ケアまでは意外と手が届いていない人が多いです。

顔だけでなく体にもケアをしなければ、年齢を重ねた時に腕や首などにシミが生じることがあります。

シミができた際に、どのようにすればシミを薄くできるのでしょうか?

まず、なぜ肌にシミができるのでしょうか?

シミの原因は肌の中に「メラニン」という成分が蓄積することによって生じます。

肌の中にはメラノサイトという細胞が存在しており、細胞が刺激を受けるとメラニンを放出します。

放出されたメラニンが肌の外に出て行けば問題ないのですが、肌の中にメラニンが溜まると黒い物質であるメラニンが目立つようになり、シミとなります。

メラニンが生じる原因

メラニンが放出される理由としては以下のものが挙げられます。

紫外線

シミと大きな関係があるのが紫外線です。

紫外線は肌の中まで入り肌の中のメラノサイトを刺激します。

そのため、紫外線を浴びるとメラニンが分泌されやすくなるので、シミを生じやすくなります。

紫外線の厄介な点は一年中降り注いでいることです。

紫外線は夏や日差しの強い日しか警戒しなくていいと思う人がいますが、実は冬や曇りの日でも紫外線は地上に降っています。

ですから、紫外線には年間を通した対策が必要となります。

腕や首などは顔と同じように紫外線を浴びることが多いので、シミが出来やすいと言われています。

夏場に露出が多い人は特に注意が必要です。

摩擦

肌をこすったりすることで必要以上の刺激が加わると、肌の中のメラニンの産生が促進します。

腕は机などと触れていることが多いので、刺激の影響を受けやすいと言われています。

ターンオーバーの低下

肌には「ターンオーバー」という肌の細胞を入れ替える機能が備わっているので、この機能がダメになってメラニンが溜まりやすくなります。

人間の体は無数の細胞で構成されており、日々古い細胞は体外に出て行き、新しい細胞が作られています。

肌も例外ではなく、肌の表面から古い細胞が剥がれ落ちることによって、肌の奥で新しい細胞が作られます。

古い細胞が剥がれるときにメラニンなどの成分も一緒に排出されることがあるので、古い細胞が剥がれ落ちにくくなれば、その分メラニンが肌にたまる可能性も高くなります。

ターンオーバーが低下する原因としては、ストレスや寝不足などの生活習慣の乱れが考えられます。

特に睡眠は夜の22時から2時までのゴールデンタイムに寝ることが肌のターンオーバーを左右しやすいと言われています。

また、加齢によってもターンオーバーは低下するので、ターンオーバーを低下させないような対策を取る必要があります。

体のシミを消すにはどうすればいい?

体のシミができる原因がわかったところで、体のシミを消すにはどのような方法があるのでしょうか?

体のシミを確実に消したい場合にはレーザー治療が効果的です。

レーザーを当てることで体内のメラニンを焼ききってしまい、メラニンを排出しやすくしてシミが薄くなります。

レーザー治療は自宅で行うことができないので、治療の度に病院に行かなければならず、費用も高額になりやすいのが欠点ですが、その分確実性と即効性に優れているので余裕のある人は試してみましょう。

その他にはピーリングも効果的です。

ピーリングとは肌の表面の細胞を薄くはぎ取るようなスキンケアです。

表面の細胞が剥がれると肌のターンオーバーが活性化します。

ターンオーバーが早くなると、肌に溜まったメラニンが排出されやすくなるので、体のシミが薄くなりやすいです。

ただし、薄くとはいえ肌を剥ぐわけですから毎日行うには向いておりません。週に1回程度、ピーリングを行うと良いでしょう。

肌に塗る成分としては、「トレチノイン」や「ハイドロキノン」などの美白化粧品が効果的です。

トレチノインはメラニンの排出を促すので体のシミを薄くするのに適しています。

ハイドロキノンはレーザーのようにメラニンを薄くする作用があると言われていますので、シミができた場所に塗ることによってシミを薄くすることが期待されています。

ただし、どちらの化粧品も肌に強い刺激を与えるので、使用頻度には注意してください。

体のシミは顔のシミと比べて軽視されがちですが、見た目が気になってしまうという点では顔のシミも体のシミも同じです。

ですから、体のシミもしっかりと対策を立てる必要があります。

シミを消すことも大切ですが、シミは予防することが大切です。

シミができないように予防をすることで、年齢を重ねた際に生じるシミを減らすことができると言われています。

体に日焼け止めを塗るだけでもシミ予防になりますから、外出時には必ず体や顔に日焼け止めを塗るようにしましょう。

体のシミ対策といっても基本的には顔のシミ対策とほとんど同じです。

ただ、顔よりも体の方がカバーしなければいけない場所が広いのでお手入れが大変です。

体にシミひとつない綺麗なボディを保てるように、シミができた後には上記の方法を試してみましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション