シミが出来る原因と、一度出来たシミを薄くする方法は?美白化粧品の選び方!

stain-of-skin

多くの女性が悩んでいる肌のシミ。

なぜ、肌にシミが出来てしまうのでしょうか?

シミが出来る原因や一度出来てしまったシミを消す方法についてレポートします。

スポンサーリンク

シミが出来てしまう原因

シミは、肌にメラニンが蓄積することによって出来てしまいます。

肌には、メラノサイトというメラニンを放出する物質が存在しており、メラノサイトが外部からの刺激によって活性化し、メラニンが生成されてしまうのです。

メラニンが生成される大きな原因は紫外線。

メラニンは、黒い色素で、紫外線を吸収する働きがあります。

有害な紫外線から肌を守る為に、紫外線を吸収するメラニンが生成されてしまい、結果、シミが出来てしまうのです。

また、ターンオーバーの低下も、シミが出来る原因の一つとして考えられています。

肌には、細胞の再生機能であるターンオーバーが備わっています。

肌は、細胞が何層も重なって構成されており、古くなった細胞は上の層に押されていき、最後には剥がれ落ち、層の一番下で新しい細胞が作られる、というサイクルを繰り返しています。

しかし、睡眠の質が低下したり、洗顔を怠ると、肌のターンオーバーの速度が低下してしまい、メラニンが肌に沈着しやすくなるのです。

肌に、メラニンが蓄積してしまうと、シミとして現れてしまいます。

レーザーによるシミ治療

シミの原因はメラニン。

レーザーによって黒色のメラニン色素を破壊することで、シミを薄くすることが出来ます。

レーザーによるシミ治療は、効果が出るまでの期間が短く、目に見えてシミが薄くなることが特徴的です。

レーザー治療は、皮膚科や美容皮膚科といった専門の医療機関による施術が必須となります。

ただし、レーザーは痛みを伴ったり、逆にシミが濃くなったりすることも。

レーザー治療によるデメリットを知ってから、治療を受けるようにしましょう。

シミに有効な美白化粧品の成分は?

肌にレーザーを当てる以外でも、美白化粧品を使用することで、シミを薄くすることが出来ます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、肌への吸収率が高く、抗酸化作用があるので、メラニンが色素沈着することを防いでくれます。

トランサミン

トランサミンは、メラニンを生成するメラノサイトの活性化因子を阻害する働きを持っています。

その為、メラニンの生成がストップし、シミが出来にくくなるのです。

Lシステイン

メラニンを還元することによって、メラニンの性質を変化させてしまう働きがあります。

Lシステインは、ビタミンCと同時に使うことによって、効果を高めることが出来ますよ。

ハイドロキノン

肌を漂白して、シミを薄くする効果があります。

ただし、ハイドロキノンは、効果が強い分、肌がヒリヒリすることも。

肌が弱い方は、注意が必要です。

トレチノイン

肌のターンオーバーを活性化させることによって、メラニンの排出を促す効果があります。

ハイドロキノンと同じく、肌への刺激がとても強いので、決められた使用方法を守ることが大切です。

美白化粧品を使うことによって、メラニンの量を減らすことが出来ます。

メラニンの生成を抑えることで、シミが薄くなることを実感することが出来ますよ。

美白化粧品の成分には、肌への刺激が強いものも。

使い方を誤れば、肌にダメージを与えてしまうことがあります。

美白化粧品選びは、慎重に行いましょう。

シミは一度出来てしまうと、完全に消すのは難しいです。

ですから、日頃からシミが出来ないように予防することが大切。

しかし、シミが出来てしまってもレーザーや美白化粧品によって薄くすることは出来ます。

シミが出来てしまっても悲観せずに、皮膚科や美容皮膚科に相談してみましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション