正しい保湿で肌のバリア機能を守ろう

skin-trouble-2

スポンサーリンク

肌に保湿が必要な理由

女性の方の多くはお風呂上りなどに保湿のスキンケアを行っていると思います。

特に化粧をした日には肌の潤いがなくなっているので、外から肌に潤いを与えなければいけません。

もちろん保湿をすることは肌にとって良いことですが、保湿の仕方を間違ってしまうと肌の保湿が出来ないどころか、逆に肌を痛めてしまい、皮膚科に行かなければならない事態になることもあります。

そうならないように、正しい保湿のやり方を知らなければいけません。

そもそもなぜ肌に保湿が必要なのでしょうか?

皆様もご存知だと思いますが、保湿とは化粧品によって肌に潤いを与えることです。

化粧水や乳液などが保湿の美容液に分類されます。

肌は潤いがなければ肌トラブルが起きやすくなります。

潤いと肌トラブルに一番関係があるのが、肌の中にあるセラミドやNMFなどの細胞間物質です。

肌はたくさんの細胞が集まり、重なり合うようにして存在しています。しかし細胞どうしの間にはどうしても隙間が出来てしまいます。

それを埋めるのが細胞間物質です。

細胞間物質は水の吸収率がとても高いため、肌の水を豊富に含んでいます。

また細胞間物質があることによって肌に隙間がなくなります。

すると外部から異物が侵入しようとしても、細胞間物質によって阻まれてしまうので、ホコリや菌などが肌を通して入ってくることを防げます。

これを肌の「バリア機能」と呼びます。

もしも肌が乾燥してしまった場合、細胞間物質の容積が減少してしまいます。

すると、細胞間物質によって隙間がなかった肌に、少しだけ隙間が出来てしまいます。

その隙間から菌などが侵入して、ニキビや炎症などの肌トラブルにつながってしまうことがあります。

ですから、肌に潤いが必要な理由としてはバリア機能の低下による、肌トラブルの回避というのが大きな理由です。

しかし機能の低下以外にも保湿が必要な理由があります。

保湿をしないと乾燥肌になる

保湿をした後、肌がモチモチしているのを感じたことがある人は少なくないと思います。

あのモチモチ感は肌に水分が豊富に含まれている状態です。

逆に言えば、普段の肌は水分が少ないともいえます。

乾燥肌も肌に保湿が足りていないと起こりやすいといわれています。

乾燥肌になってしまう理由としては、セラミドなどの細胞間物質の減少も原因と言われていますが、その中に含まれる水分量が減ってしまうことも原因の1つといわれています。

乾燥肌になってしまうと、肌がカサカサになってしまうだけでなく、肌が敏感になってしまうので肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

そうならないように正しい保湿をして乾燥肌にならないように気をつけて下さい。

間違った保湿ケアで肌トラブルが起きやすくなる!

では間違った保湿とはどのようなものがあるのでしょうか?

もっとも多い間違った保湿法として、化粧水だけをつけて、クリームや乳液などを塗らない場合が挙げられます。

確かに化粧水は肌に水分を与えてくれるので、保湿を行ううえでとても大切なスキンケア化粧品になります。

しかし肌に溜めておく水分量は限られているので、化粧水はすぐに蒸発してしまいます。

その蒸発の際に肌に必要な水分までも蒸発してしまうので、肌に潤いを与えたはずが、逆に乾燥肌の原因になってしまうことがあります。

そうならないためには、化粧水をつけた後に乳液などでしっかりと蓋をしてあげることが必要です。

乳液の蓋によって、皮膚からの蒸発を少なくすることが出来るので、化粧水の成分を肌に浸透させやすくなります。

ほかの間違った保湿法として、化粧水や乳液をつける回数が多すぎることが挙げられます。

確かに肌に化粧水をつける回数を増やすことによって、肌に潤いを保たせることが可能です。

しかし、あまりに水分量が多いと、肌のバリア機能が低下するといわれています。

肌のバリア機能が低下してしまうと、肌トラブルが起こりやすくなりますから、せっかくの潤いたっぷりの肌が傷ついてしまいます。

保湿を行う回数は1日1,2回で十分と言われているので、それ以上行わないように気をつけてください。

もうひとつ、やってはいけない保湿法があります。

それは、化粧水や美容液を肌になじませようと、手で顔を叩いてしまうことです。

顔を叩いても、化粧品成分の肌への浸透効果は特に変わらないと言われています。

それどころか、肌を叩くことによって皮膚の中のコラーゲンを壊してしまい、シワやたるみの原因になってしまいます。

ですから、必要以上に顔を叩くことは肌にとって全く意味がありませんのでやめておきましょう。

肌への浸透性を高めたいのであれば、お風呂上りなどで、肌や手が十分に温まっている時が良いとされています。

温まっていると皮膚の中の血管が拡張するので、化粧品が肌に通りやすくなります。

以上のように、間違った保湿法は肌にいい効果を与えないばかりでなく、肌に悪影響を与えてしまう可能性があります。

それではせっかく肌のために行ったスキンケアの時間とお金の無駄になってしまいます。

そうならないためにも、肌に良い正しい保湿法を勉強して、いつまでもハリのある綺麗な肌を保つようにがんばりましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション