子宮筋腫と妊娠の悩み!手術したほうがいい?どんな治療方法がある?

sikyukinsyu

子宮筋腫は女性の病気の中で最も多い病気です。

独身のうちはそれほど気にしていなかったけど、いざ妊活をはじめてみるとなかなか授からず、もしかして子宮筋腫が原因かも…。と疑いたくなりますよね。

子宮筋腫と不妊には果たして相互関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

子宮筋腫とは?

子宮の壁は、平滑筋という筋肉でできています。

この筋肉は、妊娠や出産で伸縮します。

子宮筋腫とは、この筋肉層にできた良性の腫瘍のことです。

筋腫は腫瘍ですからだんだんと大きくなります。

その成長は、卵巣から分泌される女性ホルモンによる影響が大きいです。

原因は生まれつきの体質も関係しているようです。

婦人科検診によって発見されることが多く、小さな筋腫を含めると、ほとんどの女性がもっています。

婦人科検診で指摘されなければ、ほとんどの女性が気がつかない病気なんです。

子宮筋腫の治療は、はっきりとした基準がありません。

腫瘍が大きくなったり、体に不調があれば、手術や投薬治療といった選択肢も出てきます。

しかし、多くの場合、半年〜1年ごとの婦人科検診で子宮筋腫の大きさを経過観察していくのが一般的のようです。

私自身、婦人科検診で子宮筋腫が見つかった時は、ショックでしたが、誰でも経験する病気のようですし、命に関わる病気ではないようなので、安心しました。

もちろん、定期的な婦人科検診は必要です。

面倒だからといって、婦人科検診を受けないでいると、大きな病気の発見を見落としてしまったり、手遅れになってしまうかもしれません。

子宮筋腫が不妊の原因?

子宮筋腫が不妊の原因になるかどうかは、筋腫の大きさや出来ている場所にもよります。

卵管や卵管口を圧迫する位置の腫瘍は不妊の原因になってしまう恐れがあります。

子宮筋腫があることで、子宮の形がいびつになってしまい、受精卵が着床しにくくもなります。

子宮筋腫の不妊治療は産婦人科医によっても意見は違う

子宮筋腫を手術したほうが、妊娠しやすくなるかどうかについては、産婦人科医によっても意見は変わってきます。

私自身が、3カ所の産婦人科で医師の子宮筋腫と不妊の関係性を聞いた時も、それぞれの医師で考え方は違っていました。

産婦人科医 50代 男性医師

妊娠が上手くいかない場合は、子宮筋腫をとったほうが、妊娠しやすくなるかもしれません。

ただ、妊娠を希望している場合、手術から妊娠まで少し間をあけなければなりません。

また、リスク回避のために、手術した場合、出産は帝王切開になります。

産婦人科医 40代 男性医師

心配するほど大きくはないので、経過観察しましょう。

年齢的に考えて、1年妊娠しなかった場合は、不妊治療を考えて下さい。

産婦人科医 60代 男性医師

子宮筋腫の手術は、子宮自体に大きなダメージを与えます。

ですから、手術はあまりおススメしません。

手術したからといって必ず妊娠できるといった保証もありません。

子宮筋腫があっても妊娠できる可能性は多いにありますよ。

産婦人科の先生によっても、手術推進派と手術否定派に分かれるようです。

できれば、手術しないで、自然妊娠できるのが理想ですよね。

不妊っていうと女性だけの問題に捉えられがちです。しかし不妊の原因の50%は男性にあるとも言われています。

子宮筋腫があるからといって、すべての不妊の原因が女性側にある訳ではありません。

もしかしたら、男性側にも問題がある可能性だってあります。

不妊治療は、男性、女性両方とも検査を受けた後判断したほうがよいです。

安易に子宮筋腫の手術を選んでしまって、後から後悔しないようにして下さい。

信頼できる医師の意見を聞いたり、セカンドオピニオンを求めることも大切です。

また、多くの女性が子宮筋腫があっても自然妊娠出来ています。

希望を捨てずに、1年間はタイミングをはかって、それでも妊娠出来なかった場合は、不妊治療などの選択も視野に入れてみて下さいね。

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療法は、薬物療法と手術療法があります。

また、症状や筋腫の大きさや位置等によって治療法が変わってきます。

医師と相談して最適な治療法を選択して下さい。

摘出手術

子宮全摘術(開腹、腹腔鏡下、膣式)と筋腫核手術(開腹、腹腔鏡下、膣式)があります。

膣式と子宮鏡では、お腹を切る必要はありません。

妊娠、出産を希望している場合は、筋腫核手術が行われます。

その他にも、近年様々な治療法が出て来ています。

薬物治療

鎮痛剤、止血剤、人工的閉経状態にするGnPHアゴニスト(スプレキュア、リュープリン)、漢方薬などがあります。

子宮筋腫を持った女性たちの口コミ

30代 女性 妊娠中

不妊専門のクリニックで子宮筋腫が分かりました。

子宮筋腫の大きさ等はわかりません。

経過観察しながら、不妊治療を進めていました。

私が通っていた病院は、子宮筋腫は経過観察しようということでした。

その後、無事妊娠することができました。

子宮筋腫があることで、流産しやすくなる可能性も指摘されていましたが、無事5ヶ月を迎えることができました。

安易に手術を選ばなくてよかったなと思っています。

30代 女性 妊娠中

私の場合、子宮の右側に4センチ程の子宮筋腫がありました。

はじめて婦人科検診を受けてから7年ほど子宮筋腫の経過観察をしていました。

最初に受診した病院で、子供が出来にくかったら、手術も考えたほうがいいよと言われて、ショックでした。

だれでも、好んで手術はしたくないですよね。

しかし、7ヶ月ほどタイミングをはかっていたところ、無事妊娠できましたよ。

産婦人科に行ったところ、やはり左側から排卵していたようでした。

右の部分が筋腫で塞がっていたので、やっぱりなと思いました。

大きな腫瘍がある場合、妊娠に時間はかかってしまう場合がありますが、可能性は0ではありません。

子宮筋腫があっても希望を持って妊活に前向きに取り組むことが大切だなぁと実感しました。

30代 女性 子供1人

3年程子供が出来ずにいました。

不妊治療専門の病院に通って医師に相談しました。

やはり、子宮筋腫の治療をしたほうが妊娠しやすいとのことでした。

子宮筋腫摘出の手術をした後、すぐに妊娠できました。

不妊治療専門の医師とじっくり相談することをおススメします。

まとめ

子宮筋腫があるからといって、妊娠できないわけではありません。

医師の意見もさまざまです。

最後は、自分が後悔しない決断をしなければなりません。

また、パートナーとよく話し合うことも大切です。

自分一人で抱え込まず、周囲の人たちに悩みを聞いてもらうことにより、気持ちが楽になりますよ。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション