一眼レフいらず!キレイなブログ用写真の撮影と小物の選び方大公開!

shooting2

このブログのコスメ写真どうやって撮ってるの?撮影小物の選び方は?

やっぱりカメラは一眼レフ?と質問を受けます。

そこで、ブログ用の撮影方法や撮影のコツ、小物の選び方を大公開しちゃいます。

スポンサーリンク

カメラはどんなの使ってるの?

まずは、相棒を紹介します。一眼レフではありません。

一般的なデジタルカメラです。

使用しているのは、ニコンクールピクスS7000です。発売当初に2万5千円くらいで購入した普通のデジタルカメラです。

ズーム撮影に強く、コンパクトなので旅行に行く時に便利なカメラです。

わざわざ一眼レフを買う必要はありませんよ。

撮影の際は、デジカメのマクロをONにして撮影しています。

マクロといってもピンとこない人のために、「チューリップマーク」がマクロです。

これを、ONにすることにより、接近してもピンぼけせずに撮影できます。

撮影小物はどんな物を使っているの?

まずは撮影に欠かせない造花類

白、青、ピンク、黄色の造花を使っています。

100均でも造花は購入できますが、作りが甘いものが多いので私は使用していません。

ちょっと高いですが、フランフランやブライダルショップの造花がおススメです。

特にブライダルショップの造花は、パステル系の淡い色の物が多く、化粧品の撮影に合いますよ。

花の種類もガーベラやピオ二ー、バラなど種類があると写真のバリエーションも増えます。

和風の造花より洋風の造花のほうが合います。

大きな造花は1個でも十分ですが、小さな造花は同じ物を2個購入するとバランスがとりやすいですよ。

グリーン系の葉っぱ類は、写真を爽やかに見せてくれるので、欠かせません。

その他の小物類

粒が小さいパールのネックレスも使用しています。

ブライダルショップで購入した、フラワーシャワー用の花びらは可愛いコスメ撮影用に使えますよ。

ちょっと変わった小物は、貝殻です。ブルーの布と合わせると、マリンぽくなります。

ガラスの器類も使用します。

リボン類もたまに使います。幅が広いものより、細いリボンのほうが使いやすいです。リボンをクルクルとカールして使うと写真に動きが出てきます。

普段から、可愛い小物類を集めておくと便利ですよ。

布類

布類は、青、ピンク、白、黄色を使用しています。

白はサテン生地です。高級感を出す時に使用します。

他にも、花柄の布地も使っています。

布類は、手芸用品店で購入しました。

どれも1枚200円程度です。サテン生地は500円位でしたよ。

化粧品自体あまり大きくないので、布自体も端布で十分です。

シャンプーやボディーソープ類の撮影には、白いバスタオルを使用しています。

撮影の手順

晴れた日の午前中、窓際で撮影しています。

撮影キットは使用していません。

撮影キットは、小さな箱の中で撮影しなければならないので、小物を動かしたりする時に不便だからです。

もちろん、撮影キットを使ったほうが、より綺麗に撮れるという方は使って下さい。

まずはアイロンがけから

まず使用する布にアイロンをかけます。布にシワがよっていると、せっかく撮影した写真が台無しになってしまうからです。

また、画像編集ソフトを使用して消したりもできますが、余計手間がかかってしまいます。

布にアイロンをかけたら、そのままアイロン台の上で撮影しています。

アイロン台でなくても、小さなテーブル等で十分ですよ。

また、アイロンがない場合は、布の四隅をピンと張って、ガムテープ等で留めると、布のシワが目立ちません。

逆に白のサテン生地はシワを作ることで高級感を演出したりもします。

小物選び

撮影したいコスメに合わせた小物や布を選びます。

化粧品のイメージに合わせた小物選びが重要です。

せっかく撮影するのだから、化粧品をより良く見せたい、綺麗に撮影してあげたいという気持ちで選んでいます。

撮影小物やカメラも、手持ちの物や店舗で簡単に購入できる物ばかりです。

造花、小物、布を購入しても6,000円程度でしたよ。

shooting

リップの撮影は青色の布+貝殻でマリン風です。

ピーリングのボトルの撮影は黄色の布+黄色のガーベラ2本+パールのネックレスです。

撮影する前に

撮影の前に、コスメのホコリや手あか、指紋を拭き取ります。

使用中のコスメの傷などは仕方ありませんが、できる限り綺麗にします。

いよいよ撮影

撮影は、カメラのマクロをONにして撮影して下さい。

脚立は使用していません。なので、なるべくぶれないように気をつけています。

脚立をお持ちの方は使用して下さい。

撮影は、なるべく多めに撮るようにしています。

カメラの画面で確認した時は、手ぶれしていないように見えても、いざパソコンで見るとブレていたり、ピントが合っていなかったりするからです。

他にも、少し上から、横からなどアングルを変えて撮影しています。

コスメの場合、うつり込みする物が多いので、なるべくうつり込みしないように気をつけています。

プロのカメラマンではないので、光の加減や専門的なことは分かりません。

しかし、ブログ用の写真を綺麗に撮影したいという気持ちで撮影すれば、良い写真が撮れますよ。

撮影後の処理

撮影した画像をパソコンに取り込みチェックしていきます。

撮影した中で良く撮れている画像を選びます。

ここからは、ちょっとしたテクニックが必要となってきます。

画像修正ソフトフォトショップを使用して、写真の修正をします。

フォトショップをお持ちでない場合は、ネット上で画像修正ソフトを簡単にダウンロードできます。

フォトショップはプロ向けの修正ソフトですが、ネット上でダウンロードできる画像修正ソフトで十分ですよ。

明るさとコントラストの調整

まず、明るさとコントラストを調整します。

イメージ→色調補正→明るさ・コントラストで、明るさとコントラストの数値を上げます。

明るさとコントラストを調整するだけでも、かなり違ってきます。

傷やゴミ、うつり込みの修正

使用中のコスメは、傷がついていたりします。

また、コスメはうつり込みするパッケージの物が多いです。

ブラシツール、スタンプツールを利用して、傷やゴミ、うつり込みを消すことで、さらに写真の仕上がりが増します。

過度な修正は、元の写真を壊してしまうので、ほどほどにしましょう。

画像のトリミング

切り抜きツールを使って画像をトリミングします。

撮影した画像そのままを使用してもよいのですが、トリミングすることでより、一番見せたい部分に焦点を当てることが出来ます。

画像サイズを変更する

イメージ→画像解像度で画像のサイズをブログ用に変更します。

幅を640ピクセル、解像度を72にします。

画像の中にロゴとURLを入れる

画像を盗用されないために、ロゴとURLを入れます。

画像の左端か右端で商品になるべくかからない場所に入れています。

まとめ

画像修正ソフトを利用しての修正は、ちょっと難しいですが、この手間かけるかどうかで、商品の見え方がずいぶん変わってきます。

撮影道具や小物は無理して購入せずとも、家にあるもので代用できます。

コスメの撮影をこなしていると、自然に、こんな小物と合わせたいなというイメージが湧いてきます。

また、ファッション誌のコスメ特集やコスメ系の雑誌は、撮影の参考にしやすいです。

可愛い小物や、撮影のアングルはプロが考えた物なので、自分の撮影に取り入れれる物はどんどん取り入れていきましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション