忙しい兼業主婦に!食材宅配を賢く使って毎日1時間時短を!

毎日の食事作りは、家族の日常生活と切っても切り離せない関係にあります。

食事を作ると一口に言っても、献立を考えて買い物に行き、帰って料理するのは時間も手間もかかりますよね。

ましてや共働きだったり、小さい子どもがいて買い物に連れて行くのもやっとだと、時間や労力をねん出すること自体が難しいです。

そんな家庭の強い味方が食材の宅配サービス。

中でも夕食の材料を毎日家まで届けてくれる夕食食材の宅配は、栄養とバランスを考えた献立を立ててくれるだけでなく、食材の無駄も少なくて済むのです。

味付け肉とカット野菜を使った簡単なコースから、適切な量の食材だけを届けて味付けを自分でできるコースまで選べるのもうれしいポイント。

食材の産地も献立表に記載されるので、注文前にチェックできて安心です。

毎日のお料理がマンネリにならず、献立を考え買い物をする手間から解放される食材宅配を利用すれば、時間と手間を節約できて栄養バランスのよい食事がとれますよ。

スポンサーリンク

夕食食材の宅配って実際どうよ?

私が夕食食材の宅配を使い始めた理由は、妊娠中に自宅安静になって買い物ができなくなったからです。

その後出産し子どもが大きくなってからも続けているのは、時間の節約と献立の多彩さにあります。

食材宅配のメリット

献立を立てる必要なし!

私が利用しているショクブンでは、週の最後の宅配日に翌々週分のメニューブックが届きます。

分量の食材だけが届く「バランス」「特選」「和食便り」と、カット済み野菜と味付け用のたれなどが届き簡単な調理ですむ「カルショク」「菜取180g」、そして1週間セットで頼む「エコクック」コースがあります。

あとは自分の予定と献立を見ながら、家族の好みに合わせてレシピを選ぶだけ。

私の場合は魚嫌いの子どもがいるので極力魚料理を避け、子どもの習い事の日は送り迎えがあるので簡単調理ですむレシピを選ぶことに決めています。

買い物に行く必要なし!

小さい子どもがいたり、フルタイムで働いていたりすると、時間も労力も必要な食材の買い物はとても負担になりますよね。

宅配サービスならば毎日、雨の日も雪の日も必要な食材が家まで届きます。

たとえ帰りが遅くて配達員さんから直接受け取ることができなくても、鍵付きの専用留守番ボックスでやり取りすることができます。

注文書やお金のやり取りがあるときは、前日の空き箱に入れて留守番ボックスに入れ、鍵をかけておけば安心。

食材は毎日夕方に、発泡スチロールの箱に保冷剤を入れた状態で届きますから、よほど帰りが遅くならない限りある程度冷たいままで保存されています。

栄養バランスもばっちり!

ショクブンの場合、1週間同じコースで頼むと割引が利きます。

でももしバラバラのレシピで頼んだとしても、1週間トータルでの栄養バランスが取れるように設計されているので栄養面でも安心。

しかも多くの食材を使った料理が紹介されるので、1回の献立で食卓に上る食材の種類も多いのです。

育ち盛りの子どもには、栄養バランスのとれた食事をさせてあげたいですよね。

また、下ごしらえからするコースの場合未調理の野菜やお肉が届くので、少しだけ取り分けて離乳食や幼児食に活用することもできるんですよ。

食材の無駄が減る!

簡単調理のコースでは、カット済み野菜や煮物用の合わせ調味料が届き、塩や砂糖など最低限の調味料があれば作れるようになっています。

それだけでなく下ごしらえからしなければならないコースでも、食べる人数に応じた分量の食材が届くのです。

スーパーで野菜を買う場合、たとえ量が多すぎても1袋ずつ買わなければなりませんよね。

いろいろな食材を入れた1人分の食事を作りたい場合、葉野菜1把は通常多すぎるでしょう。

となると、食材をいかに使い切るかを考えながら次の日以降の献立を立てるか、どうにか工夫して保存する手間をかけるかする必要があります。

しかし食材宅配なら、1回で必要な量だけが届くのです。

同じニンジンでも、野菜炒めの彩りに入れる場合は4人分で3分の1本程度、煮物にしっかり入れる場合は丸1本などと変化します。

料理するときは届いた量を丸々使うので、食材が余ることがありません。

私はやりくりが下手で余った食材を腐らせてしまうことも多いので、こういった無駄が出なくなるだけでもとても助かりますし冷蔵庫はいつもすっきりです。

料理の幅が広がる!

毎週届くメニューブックには、詳細な料理の仕方が書いてあります。

この本を取っておけば、ショクブンを辞めた後でもレシピ本として十分使えるんですよ。

それに、下ごしらえからするコースでは土付きごぼうや里芋など、下処理が必要な食材も入ってきます。

料理に不慣れでも、届いた食材を実際に調理する中で知識も広がり、自分で献立を立てるにも役立つでしょう。

オプションでほかの食材も注文できる

夕食食材の宅配といっても、それだけしか注文できないわけではありません。

ショクブンの場合、日替わりで頼める冷凍食品や卵、ヨーグルトなどがあり、毎日の食材と一緒に届けてくれます。

子どものお弁当の日が近いとき、冷凍食品を買ってストックしておくと買い出しに行く必要がないので楽ですよ。

食材宅配のデメリット

予定が縛られる

ショクブンの場合、毎週火曜日が翌週分の注文の締め切りです。

キャンセルは2日前までならできますが、突然の予定が入ると食材が届いてしまうことも。

そして分量を間違って注文した場合でも、当日の変更はできません。

ただショクブンの場合、日曜日の献立は「バランス」コースだけに設定されており、頼まなくても週間のお通し割引は適用されます。

それに注文は日単位なので、1週間の中で頼まない日があっても、たとえ1日だけの注文でも大丈夫です。

食材の消費期限は届いた2日後なので、使えなかった日の食材を翌日の昼食に使ったり、1日ずつ後ろ倒ししたりなど工夫すれば十分使いきれますよ。

献立が縛られる

多彩な食材で栄養バランスの考えられた食事を毎日作れるのが宅配サービスの利点ではありますが、「今日はこれが食べたい」と思い立った時に変更が利かないというデメリットにもなります。

味付け肉や餃子などが届くときには献立の大きな変更は難しいですが、自分で味付けできる献立の日には、届いた食材をもとに別の料理を作ることもできます。

私は野菜の煮物は好きですが、生野菜はあまり好きではありません。

ですからある日の献立に煮物とサラダがある場合、使える野菜は煮物に入れてしまいます。

味の調整が必要にはなりますが、せっかく作った料理を残さないためにはより家族が食べてくれるように工夫することも大切ですよね。

好みに合わない食材が届くことも

夕食セットの中には、小鉢として漬物などが入っているときがあります。

家族の中で漬物を食べるのは私だけですが、4人分を食べるのは塩分過多になるので遠慮したいところ。

野菜や肉、魚ならば味付けや調理方法を変えてこちらの好みに合わせられるのですが、完全に調理済みの食材では活用するのが難しく、食べきれないことも。

家族に不評だった調理済み食材は覚えておいて次回の注文以降回避するか、あるいは簡単調理のコースを選択肢に入れないことでリスクを減らせます。

まとめ

夕食食材の宅配サービスを利用すると、栄養バランスを考えた食材が毎日家の玄関先まで届きます。

献立を立てたり買い物に行く手間から解放されるだけでなく、人数に応じた適量が届くので食材の無駄もカットできて楽ちんです。

あらかじめ注文しなければならないので急な予定変更には弱いですし、必ずしも好みの食事ばかりが食べられるわけではありません。

それでも1日程度なら食材を使う日をずらせますし、自分で味付けをする料理なら味付けを変えることもできるので、活用の幅は十分あります。

献立を立てるのが苦手で同じような料理しかできなかったり、忙しくて食材を買いに行く時間がなかったりするけれども、家族には栄養バランスの取れた食事を出してあげたいというパパやママの強い味方です。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション