全身脱毛が出来ないケースは?セルフチェックポイント!日焼けもダメって本当?

self-checkpoint

光脱毛は、毛のメラニン色素に反応する光を当てて、毛根にある発毛細胞にダメージを与え、その結果徐々に毛の生えてくる毛穴を少なくしていく、というしくみです。

施術中はただ寝ているだけで何もすることはないので、とても簡単で、誰でも脱毛サロンと契約できそうに感じます。

しかし、光脱毛の施術を受けることが出来ないケースもあるのです。

代表的なセルフチェックポイントをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

全身脱毛出来ないケース

妊娠中・授乳中

妊娠中や授乳中は、ホルモンバランスが乱れています。

そのために、毛周期がバラバラになっている場合や、肌が敏感になっている場合が多いので、脱毛サロンに通うことができません。

効果が期待できなかったり、通常の状態より痛みを感じやすかったり、肌トラブルの原因になったりしてしまうからです。

それ以外にも、光脱毛は部位にもよりますが照射ごとにわずかに痛みを感じるため、妊娠中には母子ともにストレスがかかる行為なのです。

ですから、母子の健康のためにも妊娠中の施術は厳禁です。

サロンと契約した後、何回か通っているうちに妊娠していることがわかった場合は、すぐにサロンに相談してください。

もちろん、保証期間内なら出産後に落ち着いたときに通い直せますし、出産予定日が保障期間外になってしまう場合でも相談にのってくれるサロンがありますよ。

ちなみに、生理中に施術を受けることができないのも、ホルモンバランスの乱れが一番大きな理由です。

スケジュールの都合で、生理がきてしまった日でも施術を希望する場合は、VIOライン以外の箇所なら対応してくれるサロンもあるので、最初のカウンセリングのときに確認してください。

薬を服用しているとき

抗生物質、抗鬱剤、精神安定剤、ステロイド剤、ピルなどを継続して服用している人は、光脱毛サロンと契約できない可能性があります。

施術できないと判断される理由は薬によってさまざまです。

薬の副作用で光線過敏症(光アレルギー)を発症する可能性がある場合は、照射箇所に発疹や丘疹、紅斑、水疱などの過度の肌トラブルが起こる原因となるために、契約を断られます。

また、ホルモンバランスを乱したりコントロールしたりする薬の場合は、施術効果が期待できないという理由で契約を断られるケースがあります。

免疫力を低下させる薬を服用している場合は、照射による刺激によって肌が荒れたり、脱毛した毛穴から雑菌が入って感染症を引き起こす危険があるために断られることがあります。

光脱毛の施術ができないと判断される薬と理由はケース・バイ・ケースなので、最初のカウンセリングのときに絶対に丁寧に正直に確認してください。

常備薬や長年服用している薬がある人はもちろん、施術中に風邪をひいて服用することになった薬についても、その都度しっかり確認してください。

大惨事が起こってからでは遅いので、心配な人は、担当医さんや薬剤師さんに確認してからサロンのカウンセリングに行く段取りの方が安全です。

ブライダルエステに通っているとき

ブライダルエステサロンによっては、肌への刺激の強いローションを使用してマッサージをしている場合もあります。

もともと刺激を受けて敏感になっている肌に、光脱毛の照射でさらに刺激を加えると、肌トラブルの原因になる可能性もあります。

特に、脱毛の施術を受けるサロンとは別のブライダルエステに通っている場合は、最初のカウンセリングのときに正直に相談しましょう。

実は一番重要なポイント!日焼けや日焼けする予定は?

そして、一番重要なのが、脱毛したい部位の肌が日焼けしているかどうか、というポイントです。

光脱毛の施術に使用する照射機器は、毛のメラニン色素に反応する機械なのですが、正確にいうと、黒い箇所に反応するようにできている機械です。

もちろん、ホクロやアザ、色素沈着を起こしているような肌の黒い部分にも反応しますので、施術の際はホクロをシールで隠したり、アザや色素沈着のある部分への照射を避けたりしているのです。

つまり、肌が日焼けしていて黒くなっていると、肌全体に反応して照射されてしまうため、最悪の場合は火傷になってしまいます。

同じ理由で、ダトゥーや刺青の入っている肌には、光脱毛の施術をすることはできません。

また、日焼けについては、最もセルフケアが大変なポイントとされています。

なぜなら、最初のカウンセリングの時点で肌が日焼けしている状態もNGですが、光脱毛サロンに通っている期間は、肌の日焼けがずっとNGになるからです。

通常、脱毛サロンに通う期間は1年前後が平均的なので、必ず1回は夏を迎えます。

このときに日焼けをしてしまうと、数ヶ月施術を受けられなくなってしまう可能性が出てきてしまうのです。

夏は薄着になるので、腕や脚をはじめとして、肌の露出が多くなります。

腕や脚なら日焼け止めも自分で塗りやすいですが、背中やうなじはついついセルフケアを忘れがちな上に、最も日光に当たりやすい部位なのです。

また、夏は紫外線も強く、汗もかきやすいので、1年で最もセルフスキンケアが大変な時期です。

この時期にいかに日焼け対策を徹底できるかが、快適でスムーズな光脱毛サロン通いを左右してくるので、1シーズンだけ頑張ってくださいね。

稀に、日焼けが薄い場合や、施術日まで1~2週間ある場合は、カウンセリングでもOK が出るケースがあります。

しかし、そのOKラインはサロンやスタッフさんによって違うケースが多いので、しっかりと相談して決めてくださいね。

皮膚科に通っている人は担当医さんにしっかり相談して

また、光脱毛は敏感肌の人でも大丈夫だと言われていますが、皮膚科に通っているような過度な敏感肌や重度のアトピー性皮膚炎などの皮膚病の人は、しっかりと担当医さんと相談をしてください。

例えば、ステロイド剤は光を集める特性があるので、塗るタイプのステロイド剤などを施術前に使用していた場合などは大火傷をする事故の原因になってしまいます。

まとめ

肌のムダ毛は嫌なものです。

早く脱毛してスベスベ美肌になりたいという気持ちは、女性なら誰しもが抱いているはずです。

ましてや、一生懸命に貯金をして、せっかく勇気を出して脱毛サロンにカウンセリングに行ったにも関わらず、契約を断られた場合は、ものすごく落胆すると思います。

しかし、そこで自分の肌コンディションや体質について隠し事をしたりウソをついたりすると、後から取り返しのつかない肌トラブルを引き起こすことになりかねません。

最初のカウンセリングでは、何でも正直にしっかりと相談して不安をなくしましょう。

そして、万が一その時点では契約できなかったとしても、安全に光脱毛サロンに通えるように準備し直すところから始めてくださいね。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション