冬の手荒れの種類とその対策について

rough-hand

手荒れは年齢を問わず誰にでも起こりやすいので、気をつけなければいけない皮膚疾患の一つです。

特に乾燥する冬には手荒れが生じやすいとされています。

手荒れを生じないために、冬の手荒れ対策をすることはできないのでしょうか?

スポンサーリンク

冬に手が荒れやすくなる理由

多くの女性が悩む手荒れですが、特に冬の季節に手荒れが起こりやすいと言われています。

冬の手はカサカサしてしまい、ハンドクリームが手放せない人が多いのではないでしょうか?

冬に手が荒れやすくなる理由は、乾燥が関係しています。肌には水分を守るための「バリア機能」というものが備わっています。

角質層に含まれている細胞とセラミドやNMF(天然保湿因子)などの細胞間物質がバリア機能を構成しており、その中でも細胞間物質は水分を吸収、保湿する力がとても優れており、自身の体積の何倍もの水分を取り込みます。

つまり、肌の潤いの大部分は細胞間物質が担っているのです。

しかし、細胞間物質にも弱点があります。その弱点とは乾燥です。

当然肌の水分が減ってしまうと細胞間物質の働きを十分に生かすことができませんので、肌が乾燥し続けてしまいます。

特に冬の間は肌からの水分蒸発が起こりやすいので、肌の乾燥が起こりやすいのです。

イメージ的に冬の方が肌からの水分蒸発が少なそうですが、実は冬には肌からの水分蒸発が起こりやすいです。

肌から水分が奪われる時には温度と湿度が関係しています。

冬は温度こそ低いですが、湿度が低く空気中の水分がほとんどないため、水分が奪われがちです。

また、冬は温度が低いので水分補給を怠りがちになりやすいので、それも肌の乾燥が起きやすくなる原因です。

手荒れが起きるとどうなる?

手荒れと言っても、赤くなったり、痛くなったりなど症状は様々ですが、手荒れにはどのような症状があるのでしょうか?

しもやけ

冬に起こりやすい手荒れの代表的なものです。

指が赤く腫れたようになります。手を温めると手の血管が拡張してかゆみを感じることがあります。

あかぎれ

しもやけの状態は膨れ上がった風船のようなものですから、そこに外的な刺激が加わると手が切れることがあります。

これをあかぎれと呼びます。

ひび割れ

あかぎれの傷がさらに深くなったものをひび割れと呼びます。

上記の3つが冬に起こりやすい手荒れの症状と言われています。

手荒れにはそれ以外にも「乾皮症」や「皮脂欠乏性湿疹」などがありますが、これらは冬に限らずに手荒れが起こりやすいです。

冬の手荒れ対策

冬は空気が乾燥しやすいので、手も乾燥しやすく手荒れが起こりやすいです。

では冬の手荒れを防ぐにはどうすればいいでしょうか?

手荒れに対する一番の方法は保湿です。

手の水分がなくなることで手荒れが起こってしまうので、手の水分がなくならないように対策をしなければいけません。

手の保湿を行うためにはハンドクリームが効果的です。

顔だったら乳液などを使用しますが、手は顔に比べて皮脂の分泌量が少ないので、より保湿性に優れたハンドクリームを使った方が手にぴったりです。クリームは乳液に比べて保湿力が高いだけでなく、落ちにくいことも特徴的です。

手を使う作業が多い人はクリームによる保湿を行うといいでしょう。

それ以外にも、手の皮脂を落としすぎるのも手荒れを生じる原因になります。

皮脂は肌からの水分蒸発を防ぐ役割があるので、皮脂を落としすぎてはいけません。

手の皮脂が落ちる原因としては「手洗いのしすぎ」が考えられます。

特に石鹸などに含まれている「界面活性剤」という成分は皮脂を多く落としすぎてしまうので注意が必要です。

冬は風邪をひきやすいので手洗いを行う回数が増えがちですが、できれば石鹸を使っての手洗いは1日1回程度にとどめることをオススメします。

手荒れがひどくなった時にはステロイド外用剤を使うことがあります。

ステロイドには体の免疫反応を抑える効果があります。

免疫反応は炎症反応を引き起こしますから、かゆみや発赤といった手荒れの炎症反応が起きなくなります。

ステロイドのメリットは効果がとても強く、ほとんどの人が効果を実感できる点です。

ステロイドは他の自己免疫疾患などにも使われるくらい強力なものですから、手荒れ程度は簡単に抑えられるのです。

しかし、すべての人にステロイドを用いるわけではありません。

その理由はステロイドの副作用にあります。

ステロイドは免疫を抑制するわけですから、体の中にバイ菌が入ってきてもバイ菌を殺す力がありません。

つまり、簡単にバイ菌に負けてしまう体になってしまうのです。

肌に塗る程度では重篤な感染症にかかることは少ないですが、肌の免疫力は落ちてしまうので感染性皮膚炎になりやすくなります。

また、ステロイドを一度使うと、体がステロイドがある状態で安定してしまうので、いきなりステロイドを中断すると体内のホルモンバランスが崩れてしまうので、医師と相談しながら少しずつ減量していかなければいけません。

ステロイドは手荒れを治す最終手段と思って、保湿に気をつかった方が肌にとって優しいと言えるでしょう。

手荒れは痛みを生じやすいので、QOLが下がりやすいです。

特に冬は乾燥によって手荒れが起きやすいので気をつけなければいけません。

手荒れが起きないように手の保湿を行い、それでも手荒れが起きた場合には近くの皮膚科に行って相談することをオススメします。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション