カミソリやシェーバーでのムダ毛の自己処理とリスクは?剃毛のメリット・デメリット!

razor-and-shaver

気になるムダ毛をサッと処理したい。

そんな単純な気持ちだけで、抜いたり剃ったりというムダ毛の自己処理を繰り返していませんか?

ムダ毛の処理で影響やダメージを受けるのは、毛と毛穴だけではありません。

むしろ、ムダ毛の自己処理で一番負担がかかっているのは肌なのです。

スポンサーリンク

ムダ毛の自己処理にはリスクが付きもの

自己流のムダ毛処理は、肌トラブルを引き起こすリスクを必ず伴っています。

しかも、ムダ毛の自己処理は、絶対に永続的な効果をもたらしません。

ムダ毛を自分で処理するということは、その場しのぎのために一生ものの肌トラブルのリスクを背負っているという状況と同じことなのです。

簡単で確実な方法に思える剃毛には、注意点がいっぱい

最も代表的なムダ毛の自己処理方法といえば、カミソリによる剃毛です。

ところが、言うまでもなく、カミソリによる自己処理にもまた、たくさんのリスクがあるのです。

例えば、カミソリでムダ毛の自己処理をする場所としてバスルームを選ぶ人が大多数ですが、実はそれはとても危険なことなのです。

身体が温まり、肌が柔らかくなって毛穴も広がっている状態になるので、バスルームはムダ毛を剃るのに最適だと思われがちです。

しかも、バスルームは高温多湿になるため、たくさんの雑菌が繁殖しています。

そのような環境下で柔らかくなって毛穴も広がった肌にカミソリを当てると、簡単に肌が傷つき、即座に傷口に雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまうのです。

では、そうしたリスクを減らすにはどうしたらいいでしょうか。

入浴後に、シェービングフォームを肌に塗ってから、乾いた清潔なカミソリで剃り、ぬるま湯できれいに流すのが、カミソリでのムダ毛の自己処理の正しい方法。

当然、カミソリの保管場所としても、雑菌が繁殖しやすいバスルームは、不適切です。

ちなみに、カミソリは消耗品です。カミソリの刃は毛よりもはるかに硬いですが、ムダ毛を剃った分は、カミソリの刃も必ず消耗しています。

平均的なカミソリの取替え時期は、2週間くらいです。

それ以上同じカミソリを使い続けると、刃が丸くなっている分だけ切れ味が悪くなっているので、無意識に手に力が入って、不必要に深く肌を傷つけてしまいます。

このように、手軽で簡単な反面、カミソリでのムダ毛の自己処理には、リスク回避のための注意点がたくさんあるのです。

剃毛のメリット・デメリット

剃毛のメリット

カミソリによる剃毛の最大のメリットは、なんといっても、最も簡単なムダ毛の自己処理方法というところです。

目で見ることができて、手が届く範囲なら、誰でもできる自己処理方法です。

そして、安価で済ませることができます。

最近では、ドラッグストアでも、たくさんの女性用剃毛アイテムが販売されています。

刃の枚数やデザインにこだわった無数のカミソリが並び、シェービングフォームの種類も豊富に揃っていて、一つのコーナーが出来上がっているほどです。

さらなるメリットとして、処理したその場でムダ毛がなくなるので、ムダ毛の処理が完了したという実感と満足感があります。

しかも、短時間でできるので、誰でも気軽に繰り返し処理をすることができます。

毛が抜け落ちて施術効果を実感するまでに2週間ほどかかり、予約をとって1カ月おきにしか来店できない脱毛サロンと比べると、この点をメリットと感じる人も多いでしょう。

剃毛のデメリット

しかし、誰でも気軽にできる自己処理ということは、それなりのデメリットも伴っています。

まず、剃毛によるムダ毛の自己処理では、非常に短期間しか効果が持続しません。

剃毛は、脱毛とは違い、肌の表面に出てきている毛を切っているだけだからです。

ムダ毛が伸びるスピードが速い人では、2~3日後には毛が伸び始め、肌がチクチクしてきてしまいます。

そして、剃毛した後に伸びてきた毛は、自然に抜け落ちた後に生えてきた毛と比べて、切り口が太いため、濃く目立ちます。

スベスベの肌にするために剃毛したのですから、チクチクした濃いムダ毛は、当然気になりますよね。

また、カミソリでの刺激から肌を守ろうとして、ムダ毛が増えたりより広範囲が濃くなったりする可能性もゼロではありません。

そうなると、頻繁にカミソリで自己処理をしなければならないというスパイラルにはまってしまい、肌を常に傷つけてしまう状態に陥ってしまいます。

常に肌を傷つけるということは、肌トラブルの原因となります。

皮膚の表面の角質層は、ラップ1枚ほどのとても薄い層で、肌の保湿機能と保護機能が備わっています。

カミソリでの自己処理は、ほぼ確実に角質層を皮膚から削ぎ落としてしまいます。

肌の細胞は約2週間ほどで生まれ変わりますが、ムダ毛の自己処理で頻繁に肌にカミソリを当て続けると、肌の再生が追いつかなくなってしまうのです。

その結果乾燥肌になってしまったり、カミソリ負けで赤くなったり、雑菌が毛穴に入り込んで炎症を引き起こしたりします。

また、頻繁にカミソリで肌の表面を傷つけて刺激を与え続けると、肌が黒ずんできます。

人間の身体は曲線や凹凸が多いため、頻繁に肌にカミソリを当てていると、切り傷をつくってしまいかねません。

そのときに毛穴を傷つけてしまって毛穴が塞がってしまった場合、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

そして、万が一肌を深く切ってしまった場合、一生残る傷跡になってしまう可能性さえもあります。

ムダ毛が生えてこなくなる処理は、やっぱり脱毛サロンにおまかせ

いくら安価で気軽にできる自己処理があるといっても、その場しのぎの効果のために一生ものの肌トラブルを背負うリスクはおかしたくないものです。

ムダ毛の自己処理が肌に大きな負担をかけてしまうということを、しっかりと理解しましょう。

また、自己処理をしている限り、肌への負担やリスク、そして自己処理の煩わしさは、一生つきまといます。

と毛穴だけに刺激を与え、肌への負担を最小限におさえて脱毛でき、永続的な効果を得られるので、やはりプロが施術してくれるサロン脱毛がおすすめです。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション