ボディの粉吹きが起きる5つの原因と対策

powdering

肌トラブルの1つに肌の粉吹きがあります。

白い粉が出ているように見えるので、見た目が大変気になってしまいます。

粉吹きをスキンケアで防ぐにはどうすればいいのでしょうか?また、粉吹きが起こるのはなぜでしょうか?

スポンサーリンク

粉吹きが起きる時に肌はどうなっていますか?

冬などの乾燥している時期や、乾燥肌やアトピーなど皮膚疾患を持っていると粉吹きが起こりやすいです。

なぜ粉吹きが起きてしまうのでしょうか?

粉吹きが起きる原因は肌のバリア機能が低下することです。

バリア機能とは肌の水分保持や異物の侵入を防ぐ機能のことです。

肌の角質層は細胞と細胞間物質の2つの物質で構成されています。

角質層は細胞が何層にも積み重なってできていますが、重なっている細胞の間には隙間が存在しています。その隙間を埋めるために、セラミドなどの細胞間物質が存在しています。

細胞間物質の特徴は水分を保持する力が強いことです。

水分を吸収すると体積が何倍にも膨れ上がり、たくさんの水分を保持することができます。

また膨れ上がることで細胞同士の隙間が埋まるので、肌の中に異物が侵入できなくなります。この2つが肌のバリア機能と呼ばれるものです。

粉吹きが起きる時には細胞間物質が減少していることが多く、細胞がめくれ上がるように存在しています。

そのめくれ上がっている細胞が、粉吹きとして見えてしまうのです。

粉吹きが起きる5つの原因

粉吹きが起きる原因には、以下の5つが関係しています。

栄養不足

肌に栄養が行かなければ肌の細胞や細胞間物質が成長できないので、バリア機能が崩れやすくなっています。

肌にはビタミンなどの様々な成分が必要なので、バランスの良い食生活を送っていない場合に肌に影響が出てくることがあります。

血行不良

肌の細胞に栄養を供給するためには、血行も重要な要素です。

肌に行く血液の流れが悪くなってしまうと、細胞に必要な成分や酸素が供給できなくなりバリア機能が低下してしまいます。

寝不足やストレスにより血行不良が起こると、肌への血液流入量が低下します。

それ以外にも寒い場所に長時間いると肌の血管が収縮するので、同じことが起きます。

栄養不足や血行不良が起きると肌のターンオーバーも低下する可能性があります。

ターンオーバーは肌の細胞の入れ替わりです。

肌の細胞は表面の古いものが剥がれることによって、肌の奥で新しい細胞が作られます。

栄養が足りなくなると新しい細胞が作られにくくなるので、古い細胞が肌に残りやすくなります。

古い細胞は粉吹きの白い部分の原因になることがあります。

肌の洗いすぎ

肌のバリア機能を低下させる要因の1つに、肌の洗いすぎが挙げられます。

体に使う石鹸、顔など使う洗顔料やクレンジング剤にはバリア機能を低下させる「界面活性剤」という成分が含まれているので、肌を洗いすぎることによってバリア機能が低下してしまい、粉吹きの原因になってしまう事があるのです。

老化

年をとると肌がカサカサしやすくなるのは、老化による細胞間物質の減少によるものです。

細胞間物質が減少するとバリア機能が低下し、粉吹きを起こす可能性が高くなってしまいます。

乾燥

空気が乾燥していると肌の水分量が減少してしまうので、粉吹きが起こりやすくなってしまいます。

気候で考えると冬に空気が乾燥しやすいので、冬には加湿対策を行う必要があります。

それ以外にも、冷暖房の使いすぎにも注意が必要です。

冷暖房は空気を乾燥させてしまうので、粉吹きが起こりやすくなります。特に冬は気候の影響と暖房で粉吹きが起こりやすくなっています。

粉吹きを防ぐには

では粉吹きを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

粉吹きの起きる原因にはターンオーバーの減少があります。

ですから、ターンオーバーを促進する洗顔を行うと粉吹きを防ぎやすくなります。

洗顔は古くなった肌の細胞を剥がれ落とすので、新しい細胞が作られやすくなります。

洗顔以外にも、「ピーリング」というケアは肌の古くなった細胞を落とす効果があります。

ただし、ピーリングは肌の細胞を剥がれ落とす効果が強いので毎日行うと肌を痛める可能性があります。

その他に大事なことは肌の保湿をしっかりと行うことです。

角質層の細胞間物質がダメになる原因の1つに、肌の保湿ができていないことが関係しています。

肌の保湿はバリア機能を上げる作用があるので、常に肌に潤いがある状態にしなければいけません。

保湿を行うには化粧水や乳液、クリームなどの化粧品が有用です。

特に乳液やクリームは肌からの水分蒸発を防ぐ効果があるので、乳液等によるケアはできる限り毎日行ったほうがいいでしょう。

また空気が乾燥している場合には加湿を行う必要があります。

加湿器でもいいですし、ない場合には部屋に濡れタオルをおいたり、洗濯物の室内干しなどで部屋の湿度を上げることができます。

粉吹きは肌のバリア機能が低下することが原因で起こります。

ですから、粉吹きを防ぐためにはバリア機能を保つことが必要になります。

バリア機能はスキンケアで保つことが十分できますので、日々のケアを頑張りましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション