エイジングサインが気になる目元・口元に!産学連携から生まれたナールスネオ

年齢を重ねるごとに気になる目元のゴルゴ線やほうれい線。

鏡を見るたびに、「あぁ、年を取ったな」とため息をついてしまうこともありますよね。

このような変化の原因は、加齢によって皮膚の中のコラーゲンやエラスチンが減少することです。

変化の速度を遅くするには、コラーゲンやエラスチンを産出する線維芽細胞の働きを守ることが大切。

そのためにはスキンケアはもちろんのこと、バランスの良い適切な食事、毎日の運動や十分な睡眠という生活習慣の改善によって心身を健康に保つことが重要です。

だからといってスキンケアが重要でないわけではありません。

適切なケアがなければ、肌へのダメージによってたるみが進行しやすい環境になります。

保湿などによって肌を守るだけでなく、コラーゲンやエラスチンの働きにフォーカスを当てたコスメを選ぶことで、エイジングサインへのケアも進めることができるのです。

「ナールスネオ」は、京都大学と大阪市立大学の共同研究により開発された「ナールスゲン」とスイス発の成分で細胞のエネルギー源となる「ネオダーミル」のほか、プロテオグリカンなどのエイジングケア成分を配合した目元、口元用の美容液です。

ミセスコンテストのファイナリストも、たるみ毛穴やほうれい線の変化が実感できたという口コミを寄せているほど。

なぜナールスネオが美魔女も認めるエイジングケアとなるのか、その秘密を探りました。

スポンサーリンク

コラーゲンとエラスチンをサポートする5つの成分

エイジングケアのカギは、年を取るごとに減少するコラーゲンとエラスチンの働きをいかにカバーするかにあります。

ナールスネオには、ナールスシリーズに共通に配合されているナールスゲンのほか、多角的に肌をサポートする4種のエイジングケア成分が配合されています。

コラーゲンより角層に浸透しやすいナールスゲン

京都大学化学研究所と大阪市立大学大学院生活科学研究科の共同研究により開発されたナールスゲンは、それ自体がコラーゲンやエラスチンの働きをサポートする働きがあります。

コラーゲンは肌に塗った時に保湿成分として働くものの、分子量が約10万以上と大きいために角層に浸透しづらく、肌表面で守る役割にとどまりがちです。

しかしナールスゲンはコラーゲンよりはるかに小さい331.26という分子量の水溶性成分です。

このため化粧水や美容液に配合することで、より角質層に浸透し肌に潤いをもたらすことができます。

コラーゲンとエラスチンの産生をサポートするネオダーミル

私たちの肌の弾力は、皮膚にある線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを産生することで保たれています。

しかし、加齢や蓄積されたダメージによってコラーゲンが壊れてしまうほか、線維芽細胞それ自体の数や力も減っていき、しわやたるみを招くのです。

スイスのインデュケム社(Induchem AG)が開発したネオダーミルは、線維芽細胞のエネルギー源となる成分です。

この成分を加齢で弱った線維芽細胞に与えることにより、コラーゲンやエラスチンの生成をサポート。

肌の回復力に働きかけ、しわ、たるみをケアします。

新しい細胞の生成にかかわる保湿成分プロテオグリカン

プロテオグリカンはもともとヒトの体内にもある成分で、保湿や細胞の生成に深くかかわっています。

以前は非常に高価な成分でしたが、サケの鼻軟骨から生成する技術が開発されたことでコストを抑えて高品質の成分が生成できるようになりました。

ビタミンE以上の抗酸化作用を持つダエダリンA

ダエダリンAはホウロクタケの菌糸体を培養した液から得られる成分で、優れた抗酸化作用を持ちます。

ダメージから守り、健やかな肌になるようサポートします。

天然保湿因子(NMF)に含まれるアミノ酸

NMFはもともと肌にある成分ですが、乾燥しがちな肌では減少しています。

エイジングサインが出た肌は乾燥に傾きやすくなりますが、NMFに含まれる成分を補うことによってより潤いのあるお肌に整えます。

エビデンス重視のアプローチで気になるたるみへの集中ケアが可能に

ナールスゲン、ネオダーミル、プロテオグリカン、ダエダリンAはいずれも産学連携による共同研究から開発、発見された成分であり、これらの成分自体には一定の効果があることがすでに示唆されています。

この4つを同時に配合した化粧品は、ナールスネオが初めて。

保湿、細胞への働きかけ、抗酸化作用と様々な角度からアプローチすることで、気になるたるみに集中的なケアをすることが可能なコスメなのです。

まとめ

細胞に働きかけてコラーゲンやエラスチンの産生をサポートする成分を配合したナールスネオは、ケアが難しい加齢によるたるみにアプローチする美容液です。

たるみが起こる原因は、肌に含まれるコラーゲンが壊れるだけでなく、それを産生する線維芽細胞の数が減り、力が落ちてしまうこと。

コラーゲンよりも角質層に浸透しやすくそれ自体コラーゲンの働きをサポートするナールスゲンだけでなく、線維芽細胞のエネルギー源となって産生力をサポートするネオダーミルを配合することで、たるみが起こってしまう肌をサポートします。

気になる目元や口元にもハリやつやが戻ってきたという実感があるから使い続けていきたいという、モニターさんの声もあります。

ナールスネオに含まれる成分は学術研究による根拠、つまりエビデンスのある成分です。

今後も研究が進めば、さらなるエビデンスが蓄積されることが予測できます。

科学の力を借りて、年齢不詳の若々しい肌をキープするケアを始めましょう。

なおナールスネオは、初回のお届けが約90%オフの980円、2回目以降が約10%オフの8,748円となる初回定期モニターコースを設けています。

3回継続して毎月購入しなければなりませんが、もし肌に合わないなどの理由があれば商品の発送後30日以内かつ使い切っていないことを条件に返金保証を受けることができます。

気軽に試せるお値段ではありませんが、成分自体が高額なものをしっかり配合しているあかし。

どんどん目立っていくエイジングサインに困っているなら、試す価値はあります。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション