失敗しない結婚式の招待状と席次表作りのコツ5点教えます!

paperitems

結婚式場によっては、品物によって持ち込み禁止だったり、持ち込み料がかかってきますよね。しかし、どこの式場も招待状、席次表等のペーパーアイテムの手作りは寛容な所が多いです。

ペーパーアイテムを手作りすることによって印刷物の費用を抑えることができますよ。

スポンサーリンク

ネットでかわいいペーパーアイテムを探そう!

「結婚式 席次表」で検索すると、いろいろなサイトが出てきます。中でもおススメはPIARY(ピアリー)というサイトです。

PIALITY

ピアリーはプチギフト、招待状、席次表、ウェルカムボードや引き出物までウエディング関係で必要な商品が多数取り揃えることができます。

おしゃれなテーブルコーディネート写真とともにペーパーアイテムが紹介されているので、自分の好きなテイストのペーパーアイテム探しに役立ちます。

ペーパーアイテムの無料サンプルも取り寄せできるので、安心です。

楽天サイトもあるので、ポイントも付きます。

ペーパーアイテムは、まず無料サンプルを取り寄せすることをおススメします。

ネット画面上の印象と手に取った印象って以外と異なります。

他にも、リボンや付属品を自分たちで結んだりする組み立て方式のペーパーアイテムの場合、手間がかかってしまいます。結婚式準備で忙しい時期の負担になってしまわない為にも、一度サンプルで確認してから購入したほうがよいですよ。

結婚式ペーパーアイテム選びと印刷のコツ

自分たちの式のイメージに合わせたペーパーアイテムを選ぼう

いくら気に入ったペーパーアイテムでも式場や装花と合わないものを選んでしまっては、統一感がありません。

ペーパーアイテムのテンプレートをダウンロードする

ネット上に様々なウエディング用の無料テンプレートがあります。テンプレートをダウンロードしたら、あとは自分たち用に編集するだけです。

招待状の文言に困ったら、さまざまな文例集を見て組み合わせるとよいです。

招待状の文言が決まったら一度式場のプランナーさんに文章の確認を必ずしてもらって下さい。例えば慶事の文章は句読点をつけないなど、慶事ごと独特の決まりがあります。

他にも出席者が時間を間違えないように午前○時、午後○時と記載したほうが丁寧ですとアドバイスを貰えます。

ペーパーアイテムのサイズを確認しよう

手作りのペーパーアイテムは家庭用印刷機で印刷できるように席次表はA4サイズの物が多いです。

しかし、招待客が80名以上の場合A4サイズの席次表では文字が小さくて読みづらくなってしまいます。招待客が80名を超える場合はB4もしくはA3サイズの席次表のほうが文字も大きく読みやすく仕上がりになりますよ。

A4サイズ以外のサイズを印刷する場合はkinko’s(キンコーズ)に頼むと綺麗に仕上がります。

失敗しても大丈夫なように、予備の紙を準備しておくとよいです。

キンコーズ https://www.kinkos.co.jp/

招待状と席次表を購入するタイミング

招待状と席次表は別々に購入したほうがよいです。というのも、1年、半年前に出席を打診した時は出席の意志を示していた友達や親戚も、いざ招待状を出すと家庭の事情や仕事で欠席で返信してくる人もいます。逆に出席者が多くなってしまう場合もあります。

出席者が増えた場合、追加で購入すると高くなってしまいます。出欠の返信ハガキが返ってきて招待客の人数が決まってから席次表を購入したほうが効率的です。

招待状の切手の価格は間違えないように発送しよう

また招待状はサイズや重さによって切手の値段が変わってきます。定形サイズ 25gまで82円、50gまで92円です。

郵便局で重さを確認してから慶事用の切手を購入しましょう。

また、招待状のサイズが定形外の時は料金が変わってきます。慶事用切手は、52円、82円、92円の3種類です。どうしても慶事用切手で出したいというこだわりがあれば、定形サイズの招待状を選びましょう。

まとめ

すべて式場任せより1つくらい手作りアイテムがあったほうがアットホーム感が出ます。

しかも式場の1/3くらいの価格で出来るので節約にもなります。

席次表に2人のプロフィール欄を作れば、待ち時間に読んでもらい、2人のことを良く知らない人への紹介にもなります。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション