あぶらとり紙で皮脂を取りすぎるとテカリやニキビの原因になるって本当?

oil-blotting-paper

あぶらとり紙は、Tゾーンのテカリが気になるときや化粧直しに必須のアイテム。

しかし、あぶらとり紙を何枚も使ったり、肌をこすったりするように使うのは問題です。

あぶらとり紙の正しい使い方を知らず、肌へ負担のある使い方をしている方も多いはず。

あぶらとり紙の正しい使い方と、肌に優しいあぶらとり紙の選び方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

肌に皮脂が必要な理由

顔のテカリの原因になる皮脂。

しかし、皮脂は、肌にとってなくてはならないものです。

肌には、水分が含まれており、その水分が肌に蓄えられることによって、肌の潤いが保たれています。

肌には小さな隙間が空いていて、分子量の小さな水分は、その小さな隙間を通り抜けていき、体の外へと蒸発していくのです。

そうなると、肌の水分が少しずつなくなっていき、潤いのなくなったカサカサ肌になってしまいます。

皮脂には、水分蒸発を防ぐ働きがあるのです。

肌の表面に、皮脂が広がることによって、肌からの水分が蒸発しにくくなり、肌の潤いが保たれています。

あぶらとり紙は肌に良くないの?

実は、あぶらとり紙は、肌にあまり良くありません。

理由は、肌の皮脂を取りすぎてしまからです。

皮脂を取ることによって、肌から水分が蒸発し、乾燥の原因に。

いくら化粧水や乳液で保湿をしても、肌が潤わないのです。

さらに、肌に皮脂がない状態が長く続くと、体が「皮脂が足りてないんだ、もっと出そう」と認識してしまい、逆に皮脂の分泌量が多くなります。

皮脂の分泌が過剰な状態になると、今度は顔のテカリやニキビの原因になってしまうのです。

つまり、皮脂を落とすために、あぶらとり紙を使うことによって、顔がテカったり、ニキビになる可能性を高めてしまいます。

あぶらとり紙の正しい使い方

あぶらとり紙の正しい使い方についてご紹介します。

あぶら取り紙の使用は、1日に1〜2回程度に

あぶらとり紙の使用回数が多いのが、最もよくない使い方です。

使う回数が多いということは、肌に皮脂が存在しない時間が長いということ。

肌に皮脂が少ないと、肌が皮脂の分泌量を多くしてしまうのです。

あぶらとり紙を使用しすぎると、逆に、肌からの皮脂分泌量が増える恐れがあります。

あぶらとり紙で皮脂を落としても、すぐに皮脂が出てきてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

もし、あぶらとり紙を使用したいのであれば、1日1〜2回程度にとどめましょう。

あぶらとり紙は、昼間の化粧直しと夕方にテカリが気になった時だけ軽く使用するのがオススメです。

皮脂を必要以上に取りすぎないようにしましょう。

あぶらとり紙で肌をこすらない

あぶらとり紙で肌をこすってしまうと、皮脂が必要以上に取れてしまいます。

さらに、肌をこすることで、肌に刺激を与えてしまうのです。

肌は刺激に弱く、強い力でこすったりすると、メラニンが増加する原因に。

将来シミができてしまう恐れがあります。

あぶらとり紙を使用する際は、こするのではなく、肌を優しく押さえるようにして、強い力をかけないようにしましょう。

肌に優しいあぶらとり紙の選び方

あぶらとり紙には、大きく分けてフィルム型と和紙型の2種類があります。

フィルム型は、ポリプロピレンを原料に作られており、皮脂の吸収率がとても高くなっているのです。

一方、和紙型は、和紙を原料に作られており、サラサラした質感が特徴的。

フィルム型と和紙型では、和紙型のほうが肌にとって優しいあぶらとり紙です。

理由は、皮脂の吸収率にあります。

フィルム型は、皮脂を吸収しすぎてしまうので、一度使っただけでも肌から皮脂がなくなってしまいます。

皮脂を取りすぎてしまうと、乾燥肌や皮脂分泌増加の原因になってしまうのです。

和紙型は、皮脂を程よく吸収してくれるので、顔から皮脂がなくなることありません。

フィルム型は、少し滑りにくくなっているので、肌へつい力が入りやすくなっています。

しかし、和紙型は、肌を滑るので、肌に刺激が伝わりにくくなっているのです。

あぶらとり紙を選ぶ際は、フィルム型よりも和紙型を強くオススメします。

もちろん、使い方を間違えれば、和紙型のあぶらとり紙でも、肌トラブルの原因になるため、正しい方法で使用して下さい。

あぶらとり紙は、顔のテカリを抑えてくれる便利な道具。

しかし、あぶらとり紙は使えば使うほど、逆に皮脂を増やしてしまいます。

そうならないためにも、あぶらとり紙の正しい使用方法を知って、テカリのない肌を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション