化粧を落とさずに寝るとニキビやシミの原因になる?翌朝のリカバリー方法は?

not-drop-the-makeup

仕事が忙しかったり、ついつい遊びすぎたりして、うっかりメイクを落とさず寝てしまったこと、ありますよね。

肌が荒れやすい人の場合、夜にメイクを落とさずに寝ると、翌朝ひどく肌荒れして後悔…ということになりがちです。

メイクを落とさずに寝てしまうと、肌にどんな悪影響が及ぶのでしょうか。

スポンサーリンク

化粧を落とさず寝てしまうのはよくないの?

化粧を落とさず寝てしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

一説には、一回化粧を落とさずに寝てしまうと、数歳年取るくらい肌がダメージを受けるといわれています。

ですから、どんなに疲れていても、化粧を落として寝なければ、日々のスキンケアが台無しになってしまうのです。

化粧を落とさずに寝てしまった時に肌に起こっていること

肌に良くない原因として、化粧に含まれている油分があります。

ファンデーションには、油分が多く含まれているので、化粧を落とさないでいると、ファンデーションの油分が酸化してしまうのです。

油分の酸化は、肌に深刻なダメージを与え、シミの原因になってしまいやすいので注意が必要です。

顔には、顔ダニと呼ばれるダニが生息しています。

この顔ダニは、油分を餌として繁殖します。

ですから、化粧を落とさずに寝てしまうと、油分だらけになった肌で、顔ダニが大量繁殖しやすくなるのです。

顔ダニは、数が少なければ害を及ぼすことは無いのですが、顔ダニの数が増えすぎてしまうと、炎症などの肌トラブルが起きやすくなるので注意しましょう。

肌のターンオーバー機能の低下も深刻な問題です。

肌には、古くなった細胞を捨てるターンオーバー機能が備わっています。

しかし、化粧を落とさずに寝てしまうことで、肌のターンオーバー機能が正常に機能しません。

ターンオーバーが正常に行われないと、角質が溜まりニキビが出来やすくなるのです。

また、メラニンが排出されにくくなり、シミの原因にもなります。

どんなに疲れていても化粧は落としたほうがいいの?

化粧を落とすために、睡眠時間を削ってしまうと、肌のターンオーバーが上手く出来なくなり、良くないように思えます。

しかし、睡眠不足による肌へのダメージと、化粧を落とさないで寝ることによる肌へのダメージは圧倒的に後者の方が大きいのです。

また、化粧を落とさないで寝てしまうと、翌朝の化粧ノリも落ちてしまいます。

睡眠不足で出来たクマは、化粧によって隠すことが出来まが、化粧ノリはカバー出来ません。

翌朝の化粧ノリや肌へのダメージを考えると、前日にきちんと化粧を落とした方が良いといえます。

どんなに眠たくても、化粧だけは落として寝るようにしましょう。

化粧を落とさず寝てしまった翌朝のリカバリー方法

うっかり、化粧を落とさずに寝てしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?

まずは、しっかりと化粧を落とす

まずは、前日の化粧をしっかりと落とすことです。

ファンデーションの油分が酸化し、毛穴にたくさん溜まって、常に肌にダメージを与え続けています。

ファンデーションが、少しでも肌に残っているとよくありません。

そのため、少しでも早く肌をキレイにして、これ以上ダメージを与えないことが大切です。

念入りにクレンジングを行って、ファンデーションの油分が肌に残らないようにしましょう。

半身浴で毛穴の汚れをキレイに取り除く

毛穴の中をキレイにすることも大切です。

化粧を長時間していると、毛穴の中に汚れが詰まりやすくなってしまいます。

化粧をしたまま寝てしまった翌朝には、その汚れを排出してあげることが必要です。

毛穴の中を掃除するには、まず毛穴を広げなくてはいけません。

半身浴は、通常の入浴よりも、毛穴が開きやすくなる効果があるため最適です。

毛穴が開いたら、クレンジングや洗顔を行い、毛穴の詰まりを丁寧に取り除きましょう。

もちろん、毛穴を開いた後には、毛穴を閉てあげることが大切です。

冷水で顔を洗って、毛穴をしっかりと引き締めましょう。

保湿を十分行う

化粧を長時間していると、肌に潤いがなくなってしまいます。

ですから、化粧を落とさずに寝てしまった翌朝は、潤いを取り戻すために、化粧水や美容液をたっぷりと肌につけてあげる必要があります。

パックも、肌に潤いを戻すためには効果的です。

また、翌朝の肌は、油分が足りなくなってしまった状態。

せっかく化粧水や美容液によって、取り戻したはずの潤いがすぐに失われてしまいます。

そうならないためにも、乳液をたっぷりと塗り、肌から必要な水分が失われないようにしましょう。

ターンオーバー機能を正常に戻す

化粧を落とさずに寝てしまうと、ターンオーバーが遅れてしまいます。

ですから、ターンオーバーの促進のために、ピーリングが効果的です。

ただし、ピーリングは肌に刺激を与えやすいスキンケア。

肌の弱い人は無理に行う必要はありません。

また、ターンオーバーを促進する、22時から翌日の2時の間にはきちんと就寝していることが大切です。

寝るだけでも、肌へのケアを行うことができるので、しっかりとした睡眠をとりましょう。

化粧は毎日しっかり落とそう!

化粧を、毎日落とさなければいけないのはとても大変です。

しかし、さぼってしまうと、肌に取り返しのつかないダメージを与えてしまうことに。

化粧を落とさずに寝てしまうと、良くないことばかりです。

しっかりと化粧を落として寝るようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション