ノンシリコンシャンプーが本当に髪にいいとは限らない

non-silicon-shampoo

髪にいいシャンプーとして名前が出るのが、ノンシリコンシャンプーです。

このシャンプーには名前の通りシリコンが含まれていません。

しかし、シリコンが入っていないからといって、本当に髪にいいのでしょうか?

そもそも、シリコンは髪にとって良くないのでしょうか?

スポンサーリンク

シリコンシャンプーのシリコンとはどのようなもの?

現在、たくさんの種類のシャンプーが販売されています。

シャンプーの種類によって、髪に与える影響は違いますが、シャンプーの種類の中には「ノンシリコンシャンプー」というものがあります。

このシャンプーは名前の通りシリコーンが含まれていないシャンプーのことですが、そもそもシャンプーに含まれているシリコンとは髪にとって良くないのでしょうか?

シリコンには幾つかの種類があります。

「シクロメチコン」や「ジメチコン」という名前がシャンプーの後ろの成分表示に書かれていたら、それがシリコンです。

上で書いたようにシリコンにはたくさんの種類があります。

シリコンと聞いて思い浮かぶのが、豊胸手術で胸に入れるシリコンです。

胸に入れるシリコンは体が異物反応を起こしやすいことであまりよく思われていませんが、シャンプーに含まれているシリコンはそれとは別物なので安心してください。

髪に使われるシリコンの主な作用は、髪に付着することで髪の指通りをよくします。

髪をコーティングすることで、髪をさらさらさせて髪を指で触った時に、引っかからないようにします。

ここで一つの疑問が生じます。

シリコン入りシャンプーが髪をさらさらさせることはわかりました。しかし、ヘアケアにおいて髪をサラサラにするのはリンスやコンディショナーの役割です。

それなのになぜ、シャンプーの中に髪をサラサラさせるシリコンが入っているのでしょうか?

シャンプーに含まれる界面活性剤

シャンプーの中にシリコンが入っている理由は、同じくシャンプーの中に含まれている界面活性剤が原因です。

界面活性剤は水と油を混ぜる性質があります。

頭皮には皮脂などの油分が存在しており、汚れとしてそれらの油分を落としやすくするために、シャンプーの中に界面活性剤が洗浄成分として含まれていることがあります。

シャンプーに界面活性剤が含まれていること自体は、そこまで髪にとって良くないことではありません。

しかし、界面活性剤にも幾つか種類があります。

その中でも「ラウリル酸ナトリウム」「ラウリル酸カリウム」などの界面活性剤は、石油系合成界面活性剤と呼ばれるものです。

これらの界面活性剤は洗浄力が強すぎてしまうので、髪を傷めてしまいギシギシになる原因になります。

そして、これらの界面活性剤はとても安価ですから、低価格のシャンプーに配合されていることがあります。

ですから、これらの界面活性剤による髪のギスギス感を抑えるために、シャンプーにシリコンを入れてサラサラ感が出るようにしているのです。

シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーのどちらがいいの?

上の理由から、石油系合成界面活性剤の配合されている量が少なければ、シャンプーの中にシリコンを入れる理由もありません。

そのような理由から、ノンシリコンシャンプーが販売され始めました。

ここで疑問に上がるのが、シリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプーではどちらの方がいいのかと言う問題です。

確かにノンシリコンシャンプーには石油系の界面活性剤の量は少ないですが、普通の界面活性剤は含まれています。

それらの界面活性剤も全く髪を傷つけないわけではありませんので、シリコンによるコーティングが望めないという点で、必ずしもノンシリコンシャンプーが優れているわけでもありません。

ただし、シャンプーにシリコンが必要かと言われれば、そうでもありません。

シリコンは髪をコーティングしてサラサラにする作用がありますが、その分髪のボリュームが減ってしまうので、髪を多く見せたい人にとってはシリコンは配合されていない方が便利です。

ですから、シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーのどちらがいいということは難しいです。

あえて言うならば、

  • シャンプーだけで髪をサラサラにしたい人はシリコン入りのシャンプー
  • 髪に石油系合成界面活性剤を使いたくない人や、髪のボリュームを出したい人はノンシリコンシャンプー

を用いるといいでしょう。

ただし、ノンシリコンシャンプーはシリコン入りのシャンプーに比べて値段が高いことが多いですから、その点だけは気をつけておきましょう。

ノンシリコン商品で気をつけること

ノンシリコンシャンプーとセットでトリートメントなどが販売されていることがありますが、ここで一つ注意しなければいけないことがあります。

セットで販売されているトリートメントなどの商品には、シリコンが大量に含まれていることがあります。

ですから、シリコンを使いたくないと理由でノンシリコンシャンプーを使っても、セットのトリートメントを用いることで結局髪にシリコンを与えてしまうことがあります。

ですから、髪にシリコンを与えたくない人は、シリコンの含まれていないトリートメントを使うようにしましょう。

現代ではたくさんのシャンプーが販売されていますが、それらのシャンプーの良い点、悪い点まできちんとわかっている人は少ないです。

しかし、毎日髪につけるものですから、自分の髪につけるシャンプーくらいは、中に入っている成分のことまで考えたほうが良いです。

自分の髪に足りないものを、シャンプーで補うようにしてください。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション