生理前ニキビは黄体ホルモンが原因!ニキビの対処法やスキンケアは?

nikibi

生理前のニキビって憂鬱ですよね。

多くの女性が悩んでいることではないでしょうか?

ただでさえ、生理前ってイライラしたり、感情が不安定になりがちです。

生理前ニキビの出来る原因がわかれば、対処法やお肌のケアの仕方も変わってくるはずです。

いつものことだから、仕方ないと諦めずに、大人ニキビと向き合いましょう。

スポンサーリンク

生理前ニキビの原因は?

月経周期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンバランスによりなりたっています。

ニキビの原因は、このプロゲステロンの分泌が増えることによって起きます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)って?

エストロゲンとは、別名卵胞ホルモンとも呼ばれます。

女性らしい丸みをおびた体を作ってくれたり、美容にとても重要なホルモンです。

エストロゲンの分泌を増やすことで、老化を遅らせ、女性らしい美しい体の維持に効果を発揮します。

また、エストロゲンは受精卵の着床を助けたり、子宮内膜をぶ厚くする働きもあります。

精子が子宮の中に入りやすいように頸管粘液の分泌を促してくれます。

妊活中または、妊娠中の方にとっては、エストロゲンの分泌はなくてはならないものなんです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)って?

プロゲステロンは、妊娠維持のために必要不可欠なホルモンです。

しかし、生理前のニキビや肌荒れ、便秘などを引き起こすホルモンでもあります。

ポロゲステロンとうまく付き合うことによって、生理前の不快な症状を改善することもできます。

月経周期は、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量の入れ替わりで成り立っています。

この分泌量のバランスがうまく行かなかった場合、肌荒れが便秘になりやすくなります。

なぜ、生理前のニキビはアゴにできやすいの?

普通、皮脂の分泌の多いTゾーンや額にニキビって出来やすいイメージがあります。

しかし、いつも生理前に出来るニキビはアゴが多いですよね。

アゴは、顔の中でも皮膚が薄く、影響を受けやすい箇所なんですよ。

よく手で触ったりして、雑菌が繁殖しやすいのも原因の1つです。

汗はあまりかかない部分であるにも関わらず、皮脂の分泌量が多く、皮脂が詰まりやすい部分なんです。

ですから、生理前になると、アゴにニキビが出来やすいんです。

生理前ニキビの改善法

生理前は、食事やスキンケアに気をつけることで、ニキビを出来にくくすることができますよ。

生理前の食事で気をつけることは?

生理前は、皮脂の分泌が活発になっているので、油っぽいものはなるべく避けましょう。

また、生理前は、暴飲暴食になったり、味が濃いものが欲しくなったりします。

3食栄養のある食事に気をつけ、腹8分目を心がけましょう。

ビタミンB郡は、皮脂の分泌を押さえてくれる働きがあります。

玄米、大豆、ごま、魚などの食材に多く含まれていますよ。

生理前の食事はビタミンB郡をいつもより多く食事に取り入れるとよいですね。

生理前は、便秘にもなりやすいです。食物繊維をなるべく摂取するようにして下さい。

カフェインや甘い物の取り過ぎは、生理前で弱った胃腸をさらに刺激してしまいます。

カフェインや甘い物はなるべく控えて下さいね。

どうしても甘い物が欲しくなったら、蜂蜜入りの紅茶で体を温めて下さい。

体を温めよう!

体が冷えると、ホルモンバランスが崩れ、ニキビの原因になってしまいます。

なるべく湯船に浸かって、ストレスを溜めないようにして下さい。

また、腹巻きやモコモコ靴下で体を冷やさないよう工夫しましょう。

胃腸の不具合でもニキビが出来てしまったりします。

胃腸を冷やさない為にも、温かい食事や飲み物の摂取を心がけて下さい。

洗顔やスキンケアは?

特に生理前は、プロゲステロンの影響で皮脂量が普段より多くなります。

手には、多くの雑菌が付いています。洗顔前は、良く手を洗って下さい。

生理前は、肌が敏感になっているので、きめ細かい泡で、丁寧な洗顔を心がけて下さい。

界面活性剤入りの洗顔料は、ニキビを悪化させる場合があります。

界面活性剤は多くの洗顔料に使われる成分です。

現在、界面活性剤不使用の洗顔料を見つけるほうが難しくなっています。

人工的な界面活性剤は、〜硫酸、〜グルタミン酸、〜グリシンと記載されているものがそうです。

生理前は、無添加の洗顔石けんに切り替えたほうが良いでしょう。

シャンプーにもよく配合されています。

頭を洗う時は、顔にシャンプーの泡が付かないようにして洗髪して下さい。

肌は乾燥すると、皮脂をどんどん出してバリアを張ってしまいます。

乾燥を防ぐ為に、しっかり保湿しましょう。

大人ニキビ用のスキンケア商品で丁寧にケアして下さい。

お化粧は?

ニキビが出来ているときってお化粧をどうしたら良いか悩みますよね。

まったくしないと社会生活に支障をきたしてしまいますし、お化粧をしたことで悪化するのも怖いです。

ニキビはお化粧をすることによって悪化するというよりも、化粧中に雑菌が付いた手で何度もこすったり触れたりすることが原因と言われています。

清潔なブラシで、なるべくニキビを刺激しないようにファンデーションを付けてあげれば問題ありません。

また、コンシーラーは、油分が多いため、避けた方がよいでしょう。

マスクをして、ニキビを隠すという方法を取り入れる方が多いですが、マスクは逆効果です。

マスクと肌の摩擦によってニキビを刺激してしまいます。

通気性が悪く、ムレて雑菌が繁殖しやすい環境になります。

どうしても、改善しない場合はどうすればいい?

改善の見込みがなかったり、逆にどんどんニキビが酷くなる場合は、皮膚科の受診をおススメします。

ただのニキビだけで病院まで行く必要があるの?と思われがちですが、ニキビも立派な病気です。

ニキビが酷くなってニキビ痕が沢山できてしまってからでは、治療も高額になります。

ニキビの治療は、皮膚科で保険診療が可能ですが、ニキビ痕の治療となると、美容クリニックで自費診療となってしまいます。

早い段階で治療することにより、ニキビの発生を押さえることができますし、安価で受診が可能です。

皮膚科ではめんぽう圧出と言われる荒技治療も可能です。

ニキビを潰す為の専用の器具で中の膿や皮脂を取り出す施術です。

皮膚科の先生曰く、ニキビはきちんとした施術で潰したほうが、早く完治するそうです。

とはいえ、皮膚科の先生だから出来ることです。無理矢理ツメや手で潰すと必ずニキビ痕になるので、自己判断は止めましょう。

まとめ

エストロゲンもプロゲステロンも女性にはとっても大切なホルモンです。

生理前のニキビは、この2つのホルモンのバランスを整えるのが鍵です。

ついつい生理前は、甘い物や脂っこい物が食べたくなりますよね。

ニキビが出来にくい食生活と、ニキビ用のスキンケアが重要です。

ニキビの原因が分かれば、どう対処すれば良いか自ずと分かってきますよね。

大人ニキビが解消されれば、生理前〜生理期間の憂鬱な時期も、ハッピーに過ごせます。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション