首やデコルテが汚いと老けた印象に!首のシワや黒ずみは改善出来る?

neck-care

顔のシワは念入りにケアしても、首のシワには気づかず放置…ということはありませんか。

首のケアを怠れば、顔はつやつやなのに、首はシワだらけと、アンバランスになってしまうのです。

また、首が黒ずんでいると、顔にも影が落ちてしまい、どんよりとした印象を与えてしまいます。

肌はケアすればするだけ、応えてくれるもの。

意外と人に見られることの多い、首のシワと黒ずみを落とすには、どんなケアが一番効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

首のシワや黒ずみ、そのままにしていませんか?

顔のシワやシミは、きちんとケアしている人が多いはず。

しかし、顔はケア出来ても、首にまで気を使っている人は少ないのです。

首のケアを行わないと、顔だけキレイで首だけ老けて見えます。

実は、首の肌は他の部分と比べて、とても薄く、シワや黒ずみが出来やすいのです。

首のシワや黒ずみが出来る原因には以下のようなことが関係しています。

コラーゲンの減少

顔と同じように皮膚のコラーゲンが減ってしまうことで、肌を支えることが出来なくなってしまい、たるんでしまいます。

首の使い過ぎ

顔を曲げたり、表情筋を使う際に、首の皮膚は伸びます。

皮膚には、ある程度伸縮性があるので、伸びてもすぐに元に戻ります。

しかし、同じような伸び方をしているうちに、跡がついてしまい、戻らなくなってしまうのです。

長い年月をかけて、少しずつ首の皮膚が伸び、最後にはたるみになってしまいます。

枕の高さも首のシワを作る原因です。

枕の高さが合わず、首の皮膚が張っている状態だと、皮膚が伸てしまいます。

筋力低下

顔の肌が表情筋で支えられているように、首の肌は首の筋肉で支えられています。

そのため、老化により筋肉が細くなると、首の筋肉が肌を支えることが出来なくなり、たるんでしまうのです。

リンパの流れが滞る

人間の体は、動脈によって、酸素や栄養を全身に運び、老廃物を静脈で回収します。

しかし、静脈で回収されなかった老廃物が、リンパに流れていくのです。

リンパは、首に多く存在し、リンパの流れが滞ってしまうと、老廃物が上手く流れなくなってしまいます。

その結果、首のリンパに溜まった老廃物が排出されず、首の黒ずみを作る原因になるのです。

首にも保湿と美白は必要!

首は様々な原因でたるんだり、黒ずみが出来てしまいがち。

首は皮膚が薄いため、顔のように水分を保つ力は強くありません。

首のシワや黒ずみ対策として、顔と同じように首もきちんとケアをしてあげることが大切です。

ケアをすることによって、首のたるみや黒ずみを抑えることが出来、キレイな首を保つことが出来ます。

特に、夏は薄着になることから、首が紫外線にさらされがち。

首までしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

保湿と美白、紫外線対策は首のケアにとって大切なのです。

首のシワと黒ずみを予防する簡単ケア

首のシワや黒ずみを予防するには、どのようなケアがあるのでしょうか?

いくつかご紹介します。

コラーゲンを増やす

顔と同じようにコラーゲンを増やしてあげると、肌のたるみを予防出来ます。

ただし、コラーゲンをそのまま首に塗っても効果はありません。

レチノールやビタミンCなどのコラーゲン誘導体を用いると、効率的に首のコラーゲンを増やすことが出来ます。

首に負荷をかけない

長時間首に負荷をかけたままにしておくと、首と一緒に肌も伸びてしまい、元に戻らなくなります。

枕が高いと、首に負担がかかってしまうため、自分に合った枕を使うことが大切です。

首を前に曲げた姿勢のままで、スマホやパソコンを使用すると、首に負担がかかってしまいます。

スマホやパソコンを長時間扱う方は、姿勢に注意しましょう。

首をまっすぐにした状態が、首の理想的なポジション。

首に負荷をかけない体勢を維持しましょう。

リンパマッサージ

リンパの流れを良くするマッサージは、首の黒ずみに効果的です。

リンパマッサージをするとリンパの流れが改善し、首の黒ずみが出来にくくなります。

リンパマッサージは、化粧水を塗った後に行うと、肌を刺激しにくいので最適です。

リンパの出口は鎖骨部分にあります。

リンパマッサージは、耳の後ろからはじめ、徐々に鎖骨に向かってリンパを流して行きましょう。

ただし、強く揉みすぎてしまうと、首の筋肉を傷つけてしまう可能性があるので、必ず優しくマッサージするようにして下さい。

首とデコルテをケアして若々しい印象を保ちましょう

首と同様にデコルテ(首から胸までの部分)もケアを行わないとたるみを起こし老けた印象になります。

デコルテの場合は首と異なり、服で隠れるので紫外線を浴びる量は少ないのですが、服で擦れることによって、肌が荒れたり、乾燥しやすいのです。

特に、冬場は、デコルテが乾燥しやすい時期。

きちんとデコルテまでケアをする必要があります。

デコルテのケアは、基本的には首のケアと変わりません。

ただし、首よりもデコルテの方が乾燥しやすいので、保湿をしっかりと行いましょう。

首やデコルテは顔に比べて年齢が出やすい部分です。

老けた印象にならないためにも、キレイな首やデコルテを目指して、日々のケアを頑張りましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション