イライラするとムダ毛が増える?ストレスとムダ毛の関係!

lady

カミソリや毛抜きによる自己処理の後に、ムダ毛が余計濃くなってしまったという話はよくあります。

カミソリによって皮膚まで削られてしまった場合や、毛抜きによって皮膚まで強く引っ張られて毛穴が広がってしまった場合です。

体毛にはダメージから身体を守るという役割があるため、刺激から肌を保護しようとしてムダ毛が濃くなるのです。

しかし、自己処理や怪我で肌を傷つけていない場合でも、急にムダ毛が濃くなったり、新たにムダ毛が生えてきたという体験を耳にすることがあります。

実は、ストレスとムダ毛は密接に関係しているのです。

ムダ毛の異変は、ストレスを溜め込んでいないかどうか、生活習慣や栄養バランスは健全かどうかをセルフチェックするサインでもあるのです。

スポンサーリンク

関係その1:副腎皮質から分泌される男性ホルモン

精神や身体にストレスを受けていると脳が感じると、ストレスからの防衛機能として副腎から副腎皮質ホルモン(ステロイド)が分泌されます。

副腎は、男女に関わらず、男性ホルモンを生成して分泌する器官でもあります。

そのため、副腎皮質ホルモンが活発に分泌され続けると、刺激を受けた副腎からテストステロンという男性ホルモンまでもが過剰に分泌されるようになってしまうのです。

テストステロンは、内臓脂肪の増加を防いだり、筋肉や骨や血管の健康を保ったり、アンチエイジングに役立つなど、身体の健康に大貢献しています。

また、競争心、闘争心、向上心をかき立てるなどのポジティブな精神的作用もあります。

適量に分泌されている場合のテストステロンは、女性にとっても大切な役割を果たしているホルモンなのです。

しかし、テストステロンが過剰に分泌され続けてしまうと、女性でもムダ毛が濃くなってしまうという悪影響があります。

テストステロンは、前頭部、後頭部、耳毛、ヒゲ、胸毛、背中の毛、手足の硬い毛、陰部上部の発毛促進に影響を及ぼしています。

過剰分泌によって女性でもヒゲが生えてきてしまったという事例があるほどに、テストステロンは体毛に対して強い作用のある男性ホルモンなのです。

関係 その2:視床下部からの指令で分泌される女性ホルモン

ストレスは女性ホルモンの分泌に対しても作用します。

そして、女性ホルモンの分泌の乱れもまたムダ毛へ影響を及ぼすのです。

女性ホルモンは、脳内の視床下部からの指令によって卵巣から分泌されています。

視床下部から指令が出ると、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌され、血流にのって卵巣に指令を伝え、卵巣で女性ホルモンが生成されて分泌されるしくみになっているのです。

精神や身体にストレスを受けていると、まず、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、このふたつが交互に入れ替わってはたらくことで身体機能や生活リズムが整えられています。

活動しているとき、緊張しているとき、そしてストレスを感じているときにはたらいているのが交感神経です。

副交感神経はその逆で、休息しているとき、回復しているとき、リラックスしているときにはたらいています。

ここで重要なことは、自律神経も脳下垂体も、視床下部によってコントロールされているということです。

自律神経の乱れが視床下部に影響を及ぼすと、脳下垂体の性腺刺激ホルモン分泌にまで影響が及び、卵巣に指令がうまく送れなくなってしまいます。

このような作用で、ストレスによって女性ホルモンの分泌バランスに影響が出てきてしまうのです。

女性ホルモンの分泌が乱れると、相対的に男性ホルモンが優位になります。男性ホルモンであるテストステロンが優位になると、ムダ毛の発毛が促されてしまうのです。

男性ホルモン優位がムダ毛の原因

ストレスによって女性ホルモンの分泌が弱まり、男性ホルモンの分泌が過剰になると、体毛の発毛促進に影響が出てきます。

しかし、個人差はあるものの、そもそも女性でも男性ホルモンが体内に一定量分泌されていますし、男性も体内に一定量の女性ホルモンが分泌されています。

なぜなら、人間の生命維持活動にはそれぞれのホルモンのはたらきが必要だからです。

重要なのはそれぞれのホルモンの分泌量のバランスです。女性ホルモンの分泌を整えて優位性を保てば、男性ホルモンの過剰な発毛促進作用を抑えることができます。

また、視床下部は情動も司っているため、ホルモンの分泌がストレスなどの精神面の状態から影響を受けやすいことを逆手にとることもできます。

特に女性は、快感や幸福感で満たされることで女性ホルモン分泌を促進させられるしくみになっています。

ドーパミンやセロトニンからの幸福を感じるはたらきや気持ちを明るくする作用を受けて、視床下部が女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進するのです。

もちろん、規則正しい生活習慣、良質な睡眠、心身のリラックスで自律神経のはたらきを正常に整えることが、女性ホルモンの分泌促進に何よりも大切なことです。

ホルモンバランスの乱れは要注意サイン

ホルモンバランスの乱れは精神面の状態も大きな原因となりますが、不規則な生活習慣や睡眠不足、偏った食生活、運動不足も原因となり得ます。

そして、その影響はムダ毛の発毛促進だけには留まりません。イライラが続いたり、鬱になってしまうなどの精神面の状態の悪化はもちろん、生理不順や更年期障害を引き起こしたり、不妊の心配にまで発展してしまう場合もあります。

最近ムダ毛が濃くなってきたかもしれないと思ったら、美容のためにも、健康な人生のためにも、生活習慣や栄養バランスが健全かどうかを一度セルフチェックしてみてください。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション