朝の肌も汚れてるって本当?汚れの原因は?肌に優しい朝の洗顔方法は?

morning-cleansing

夜は、メイク落としや洗顔料を使用してしっかりと洗顔します。

しかし、朝の洗顔は、おろそかになっていませんか?

実は、朝の肌にも以外と汚れが付着しているのです。

朝の肌に汚れが付着する原因と肌に優しい朝の洗顔方法について調査しました。

スポンサーリンク

朝、洗顔前の顔も実は汚れているって本当?

メイクしている肌と比べると、確かに、朝の肌の汚れは少なくなっています。

しかし、それはメイクしている時と比べてということで、決して肌が汚れていないというわけではありません。

実は、朝の肌もしっかりと汚れているのです。

夜の肌の汚れは主にメイクによるものですが、朝の汚れは寝ているときについたゴミや皮脂です。

人間は、夜寝ている間に、多くの皮脂を分泌しています。

皮脂の分泌によって余分な水分の蒸発が防げますが、分泌が多すぎると顔のテカリやニキビの原因になるのです。

ゴミや皮脂をそのままにしておくと、肌トラブルを起こしたり、朝の化粧ノリが悪くなってしまいます。

朝も洗顔料を使った方がいいの?

朝起きた時に顔のテカリが気になる人

朝、顔のテカリが気になる人は、洗顔料を使用するようにしましょう。

朝起きた時に、テカりを感じるということは、夜、皮脂の分泌が多いということです。

余分な皮脂を洗顔料を使って落とした方が、ニキビになりにくくなります。

朝、テカリを感じているのに、洗顔料を使わないと、日中、さらに皮脂が分泌され、よりテカってしまうのです。

そうならないためにも、朝のうちにしっかりと皮脂を落としておきましょう。

朝起きた時に顔のテカリが気にならない人

洗顔料の皮脂を落とす力は強力です。

顔のテカリが気にならない人が、朝、洗顔料を使うと、皮脂を落としすぎて、肌が乾燥してしまいます。

すると、脳が皮脂の分泌量を増やすように、皮膚に働きかけしまうのです。

結果、皮脂の分泌量が増え、テカリの原因になってしまいます。

朝、顔のテカリが気にならない方は、無理に洗顔料を使う必要はありません。

ただし、朝の肌には、ゴミや皮脂がたくさん付着しているので、洗顔は必ず行いましょう。

肌に優しい朝の洗顔方法!

水またはぬるま湯だけの洗顔

水やぬるま湯だけの洗顔は、洗顔料を用いた場合よりも、皮脂の洗浄作用は落ちますが、皮脂を落としすぎることがありません。

ですから、肌に優しい洗顔方法といえます。

水とぬるま湯では、ぬるま湯の方が、皮脂の洗浄作用が強いのです。

しかし、40度を超えるお湯だと、皮脂を落としすぎてしまうので、皮脂を落としたくない人は、40度以下のお湯を使って下さい。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、洗顔料ほど皮脂の洗浄作用が強くないので、オススメの方法です。

汚れが多い夜の洗顔に使うのはオススメしませんが、朝に使う分にはうってつけといえます。

ふき取り化粧水

ふき取り化粧水を使う方法もオススメです。

ふき取り化粧水は、洗顔料ほど皮脂を落とさない優しい洗顔方法。

ただし、化粧水は放っておくと蒸発してしまうので、乾燥しないようにきちんと乳液で保湿しましょう。

朝、洗顔を全くしないのは、肌に良くありません。

肌についている、ゴミや皮脂を落とさないと、肌トラブルの原因になります。

また、化粧ノリも良くありません。

どんなに時間がなくても、水やぬるま湯で洗顔してから家を出るようにしましょう。

洗顔料で顔がつっぱるときのスキンケア

洗顔をした後に、顔が突っ張る感じを経験したことありませんか?

顔が突っ張る原因は、肌から急激に水分が失われるからです。

洗顔をしたことで、肌に水分を与えているような気がしますが実は逆。

洗顔をすることで、肌に水分が増えますが、それらの水分は肌に蓄えておくことが出来ず、すぐに蒸発していきます。

そうすると、肌から水分が失われ、肌が縮んで、引っ張られた感じがするのです。

また、洗顔料は、皮脂の洗浄作用が強いので、より肌が乾燥しやすくなってしまうことも。

洗顔料の多くは、洗顔後、スッキリした感じを出すために、肌を刺激する成分が多く含まれています。

顔が突っ張る感じ時に、スキンケアで大切なのは、顔からの水分蒸発を防ぐことです。

洗顔後に、化粧水と乳液で保湿することによって、余分な蒸発を防ぎ、顔が突っ張る感じを緩和してくれます。

一日の始まりの洗顔によって、その日の肌の調子を決めることになります。

自分の肌に合った方法で洗顔し、キレイな肌で一日を過ごしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション