ホクロが出来るメカニズムは?皮膚ガンになるホクロの特徴とは?

mole

昨日までなかったはずのホクロに、突然気がついたことはありませんか?

ホクロは、ごくまれですが、皮膚がんの原因にもなります。

突然、ホクロが出来てしまうと不安ですね。

なぜ、ホクロは突然出来るのでしょうか。

ホクロが出来る原因とホクロが出来のを予防したり、出来てしまったホクロを消すことは可能かどうか調査してみました。

スポンサーリンク

ホクロが出来るメカニズム

一般的に、ホクロは、メラニンの増加によって起こります。

皮膚の中には、メラノサイト細胞が存在しており、メラノサイト細胞が活性化すると黒い物質メラニンを生成するのです。

メラノサイト細胞の活動が刺激される原因は紫外線。

紫外線の中のUV-Aは、肌の奥まで侵入し、表皮の一番下にあるメラノサイト細胞まで届いてしまいます。

UV-Aを受けるとメラノサイト細胞は、メラニンを生成するのです。

肌の中にメラニンが溜まり、ターンオーバーによって、外に排出されないと、肌に沈着し、ホクロになってしまいます。

紫外線以外にも、皮膚に刺激が加わると、メラニンの生成が増え、ホクロが出来やすくなります。

肌を叩いたり擦ったりしてしまうと、肌が刺激を受け、メラニンを増産してしまうのです。

特に、足の裏は、地面や靴によって、外部からの刺激を受けやすいため、ホクロが出来やすくなっています。

ホクロが肌に突然出来てしまうのはなぜ?

今までホクロがなかった場所に、突然ホクロが出来てびっくりした経験はありませんか?

突然出来たように見えるホクロも、実は、気がつかなかっただけなのです。

ホクロは、メラニンが皮膚に沈着することによって起こります。

しかし、メラニンの沈着はゆっくりとしか進みません。

肌の表面から少しずつ茶色に代わっていくため、変化に気づきにくいのです。

ただし、メラニンの沈着が進むにつれて、だんだんと皮膚は黒くなっていきます。

肌が黒く変化したことで、ホクロが出来ていることに気がつくため、肌に突然ホクロが出来たように感じてしまうのです。

大人になって出来たホクロは大丈夫?

人になって出来るホクロは、皮膚ガンになってしまう可能性があります。

皮膚がンの一種で、メラノーマと呼ばれる、ホクロが原因で起こるガンに気をつけなければなりません。

メラノーマになるホクロにはある程度特徴があります。

ホクロの形がおかしい

メラノーマになるホクロは、左右が非対称になっていることが多いので、変な形をしています。

ホクロと肌の境界が不明瞭

メラノーマは普通の皮膚との境界が不鮮明です。

色調が多彩

ホクロが黒色や茶色など様々な色をしています。

ホクロが大きくなる

ホクロの直径が6mm以上だとメラノーマの可能性が高くなります。

ホクロが隆起している

メラノーマは表面に向かって増殖することがあるので、段々とホクロが膨らんできます。

以上の5つがメラノーマの主な特徴。

これらの特徴を満たさなければ、メラノーマの可能性は低いです。

ホクロが出来るのを予防するには?

ホクロが出来るのを防ぐためには、紫外線を予防することが大切です。

紫外線を予防するためには、日焼け止めが必須。

日焼け止めの中でも、肌の奥まで浸透するUV-Aという紫外線を防ぐような日焼け止めを塗る必要があります。

また、UV-Aは、ガラスを透過して、部屋の中にも入ってくるので、直射日光が当たらないように注意しましょう。

出来てしまったホクロを消すことは可能?

一度出来てしまったホクロは、基本的には手術などで取り除くしかありません。

ホクロを、くり抜く手術をすることによって取り除くことが出来ます。

また、美容外科では、ホクロをレーザーで取り除くことも可能です。

レーザーを使ってホクロを取り除く方法は、肌をくり抜いてホクロを除去するよりも肌を傷つけません。

しかし、レーザーを使用した除去方法は、ホクロがなくなるというよりも、薄くするという手術です。

自分がホクロをどうしたいのかによって、手術の方法を選択しましょう。

ホクロはシミと同じように、見た目に関係してきます。

また、ホクロの中にはガンになるものも存在しているので、注意しなければなりません。

ですから、ホクロが出来るメカニズムやどんなホクロが危険なのかは、最低限知っておきましょう。

日焼け止めを塗って、なるべくホクロを増やさないように注意することが大切です。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション