正しい保湿方法!ターンオーバーの低下に要注意

moisture-retention

化粧水や乳液で肌を保湿することは大切。

しかし、過剰な保湿は、乾燥肌や肌の機能低下を招くのです。

なぜ、保湿のやりすぎは肌に良くないのでしょうか?

保湿の重要性や適切な保湿をレポートします。

スポンサーリンク

保湿の必要性って?

本来、肌には、すでに保湿機能が備わっています。

肌の表皮にある、セラミドやNMF(天然保湿因子)と呼ばれる部分が、水分を保有しているのです。

ですから、本来ならば、わざわざ保湿をする必要はありません。

しかし、私達は、ほぼ毎日化粧をします。

化粧は、肌の水分を奪い取り、乾燥させて、肌の保湿機能を損なってしまうのです。

また、化粧を落とす際のクレンジングも、肌の水分を奪い取ってしまう原因の一つ。

クレンジングには、界面活性剤が含まれているため、肌の保湿成分も一緒に壊してしまうのです。

化粧やクレンジングによって、肌が元々持っている保湿機能は少しずつ低下していきます。

ですから、低下してしまった保湿機能を補うために、化粧水や乳液で保湿を行う必要があるのです。

保湿は肌にとってどんなメリットがあるの?

保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことが出来ます。

肌が乾燥してしまうと、シワの原因になったり、かゆみが生じます。

ですから、外部から水分を補充して、乾燥を防ぐ必要があるのです。

また、肌の水分量が不足すると、セラミドに水分を渡すことが出来ず、潤いのない肌になってしまいます。

肌に、潤いがないと、老けた印象に。

肌に十分な水分を保湿して、潤いのある肌を保つことが大切です。

また、セラミドは、肌の水分を保持する役割以外に、肌のバリア機能も担っています。

バリア機能とは、肌の外から侵入してくる異物を、ブロックする機能のこと。

肌の水分が足りず、セラミドの体積が小さくなってしまうと、肌の間に隙間が出来てしまいます。

すると、その隙間から異物が侵入してしまい、肌トラブルの原因となってしまうのです。

肌を保湿することで、セラミドの機能を高め、肌を異物から守りましょう。

保湿のしすぎは、肌に良くないの?

ターンオーバーの低下を招く

実は、保湿のしすぎは、あまり肌に良くありません。

なぜかと言うと、保湿のしすぎによって、肌のターンオーバーが低下するからです。

肌のターンオーバーとは、古くなった細胞が剥がれ落ち、新たな細胞が作られる肌サイクルのこと。

肌にターンオーバーがあることによって、肌内部に古い細胞が溜まりすぎることなく、定期的に新しい細胞へと変わっていくのです。

保湿をし過ぎてしまうと、細胞が死ぬのが遅くなってしまいます。

死んでいない細胞は、皮膚から剥がれ落ちにくくなり、肌のターンオーバーが遅れてしまうのです。

肌に備わっている保湿機能の低下

人間の肌には、セラミドやNMFといった保湿するための機能が備わっています。

しかし、化粧水や乳液による、外部からの過剰な保湿がが続くと、元々、肌に備わっている保湿機能が低下してしまうのです。

肌に備わっている保湿機能が低下すると、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

肌の水分を奪うコットンパック

肌へ水分を補うために、コットンパックを行うことがあります。

しかし、コットンパックはやりすぎてしまうと、乾燥肌の原因になってしまうのです。

コットンパックは、肌からの水分蒸発が著しく高くなります。

肌に水分を供給しているつもりでも、すぐに蒸発していってしまうのです。

正しい保湿のやり方とは?

目指すのは適度な保湿。

保湿をしないのも、保湿しすぎるのも肌にとって良くありません。

肌に負担を与えない保湿を心がけましょう。

保湿は、化粧水だけでは不十分です。

化粧水は、肌からすぐに蒸発してしまうので、必ず乳液で水分が逃げないように、蓋をする必要があります。

乳液は油分を多く含んでいるので、皮膚表面からの水分蒸発を防いでくれます。

また、保湿を行う回数は、1日1~2回で十分。

それ以上行うと、保湿のし過ぎになってしまいます。

保湿を行うタイミングは、お風呂上りが最適。

お風呂上りは、一番肌の水分量が多く、肌が温まっているので浸透しやすい状態です。

そのため、保湿の効果が最も高くなっています。

保湿は、肌への潤いをもたらす上で大切なスキンケア。

しかし、保湿のやり過ぎは、肌に悪影響を与えてしまいます。

適切な保湿を心がけ、潤いのある肌を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション