ファンデーションが肌の負担になる原因!ミネラルファンデーションは付けたまま寝ても大丈夫?

mineral-foundation

肌をきれいに見せるために必要なファンデーション。

しかし、ファンデーションを落とし忘れると肌が荒れたり、肌の乾燥の原因にもなります。

ファンデーションが肌への負担になる原因と肌に優しいミネラルファンデーションについて調査してみました。

スポンサーリンク

ファンデーションが肌の負担になる原因

ファンデーションの成分

ファンデーションの成分には、ファンデーションが落ちないようにシリコンが入っています。

また、シミやシワを隠すために、多くの色素が使われているのです。

シリコンや色素が肌に長時間触れていると、肌への負担に繋がります。

ファンデーションを落とす際のクレンジング

ファンデーションを落とす為には、洗浄力の高いクレンジングを使わなければなりません。

洗浄力の高いクレンジングは、その分肌に与える影響も大きくなっています。

肌にとって必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥肌やニキビになりやすくなるのです。

また、ファンデーションがなかなか落ちず、指で肌を強くこすってしまうことも問題です。

指で肌を刺激してしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

肌は刺激に弱いので、メラノサイトが活性化して、シミが出来やすくなったり、コラーゲンが壊れ、シワやたるみの原因になることがあるのです。

ですから、どんなにファンデーションが落ちなくても、優しく洗い流すようにしましょう。

ファンデーションの落とし忘れ

クレンジングでファンデーションを上手く落とせないと、肌にファンデーションが残ってしまいます。

ファンデーションが肌に残ったままだと、ファンデーションが酸化してしまい、肌に大きなダメージを与えてしまうのです。

ファンデーションの落とし忘れは、シミやシワ、たるみに繋がります。

ファンデーションの落とし忘れがないように、クレンジングをしっかり行いましょう。

ファンデーションの種類

ファンデーションは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの2種類に大きく分類することが出来ます。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、液体成分で出来ているファンデーション。

液体なので、肌に浸透しやすく、油分を多く含んでいます。

リキッドファンデーションは、油分が多いため、艶のある肌に仕上げることが出来るのです。

また、塗りムラが出来にくいのもリキッドファンデーションの特徴となっています。

ただし、リキッドファンデーションは、顔がテカりやすい人には不向きのファンデーションです。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、粉で出来ているファンデーション。

粉なのでリキッドファンデーション程肌への浸透力は高くありません。

その分、ナチュラルにメイクすることが出来ます。

粉が小じわに入り込むと、老けた印象になってしまうので注意が必要です。

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションはどちらが肌に負担が大きいの?

肌への負担が大きいのは、パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションです。

なぜなら、リキッドファンデーションは、肌への浸透力が高いので、その分肌の奥まで影響を与えてしまいます。

また、リキッドファンデーションの場合、肌への浸透力が高い分、洗浄力の強いクレンジングを使わなければきちんと落とすことが出来ません。

洗浄力の強いクレンジングの使用は、肌への負担が大きいのです。

リキッドファンデーションを完璧に落とすことが出来ず、ファンデーションが肌に残ってまうと、酸化し、シミやシワの原因になってしまいます。

クレンジングでファンデーションをきちんと落とすことが大切です。

クレンジングを適当にしたり、放置したりすると肌へのダメージは避けられません。

ですから、リキッドファンデーションもパウダーファンデーションも、落とす際は、クレンジングを用いて肌に残らないようにしましょう。

肌に優しいミネラルファンデーションって?

肌に優しいファンデーションとして、ミネラルファンデーションがあります。

ミネラルファンデーションは、普通のファンデーションでは刺激が強すぎて、肌に合わない方のために開発された、天然のミネラルを含んだファンデーションです。

ですから、他のファンデーションと比べて、肌への刺激が少なくなっています。

ミネラルファンデーションの中には、クレンジングを使用せず、水やせっけんで落とすことが出来るものもあります。

しかし、最近は、ミネラル以外の成分が含まれるミネラルファンデーションが増えてきたので、クレンジングを必要とする場合が増えてきました。

また、ミネラルファンデーションは、天然のミネラルを使用している為、肌への浸透力は低く、簡単にファンデーションが落ちてしまうというデメリットがあります。

ミネラルファンデーションは本当につけたまま寝ても大丈夫?

基本的に、ファンデーションは肌にとって異物。

異物を一晩中くっつけたまま寝るのは、肌にとっていい影響はありません。

また、ファンデーションを落とさないで寝るということは、洗顔をしないで寝るということ。

肌のターンオーバーが遅くなってしまい、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

ファンデーションが色素沈着し、シミやくすみの原因にもなるのです。

肌のことを考えるならば、肌に優しいミネラルファンデーションであっても、きちんと落としてから寝ましょう。

ファンデーションは、肌をきれいに見せるための必需品。

しかし、その分肌に与える影響は大きいのです。

ですから、しっかりとクレンジングして、肌にダメージを与えないようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション