産後の悩み!正中線を消すことはできる?

midline

妊娠中にお腹に生じてしまう正中線。

お腹の真ん中に大きくできる正中線は見た目がすごく気になってしまいます。

この正中線は産後もずっと残ってしまうのでしょうか?正中線を薄くする方法は存在しないのでしょうか?

スポンサーリンク

正中線はなぜ生じるの?

妊娠中にお腹の真ん中に一本の茶色~黒色の線が生じることがあります。

この線を正中線と呼びます。お腹の真ん中にできてしまう正中線はとても目立つので、少しでも早く消したいところです。

そもそも、なぜ妊娠中に正中線が生じるのでしょうか?

実は、もともと正中線男女関係なく持っています。

胎児期の頃の細胞分裂の遺残物と考えられています。ですから、正中線が目立つことは体に悪いことではありません。

しかし男女関係なく皆が正中線を持っているのなら、なぜ妊娠中に正中線が目立ってくるのでしょうか?

それは妊娠中のホルモンバランスと関係しています。妊娠中は体の中のホルモンバランスが妊娠していない状態とは異なっています。

特にバランスが変化するのは女性ホルモンと呼ばれるものです。

女性ホルモンにも幾つか種類がありますが、「プロゲステロン」というホルモンは妊娠中に大きく増加します。

このホルモンはメラニン色素の合成を高めることが知られています。

メラニンは肌の中に蓄積することで、茶色や黒色のシミとして肌に現れてきます。

ですから、正中線は顔のシミと同じように、肌の中にメラニンが蓄積することで生じるのです。

妊娠中に生じる線には正中線の他に妊娠線というものがあります。これは正中線とは原因が異なります。

妊娠線はお腹の真ん中だけでなく、お腹の周りにたくさん生じることがあります。妊娠線ができる原因はお腹の皮膚が裂けることです。

お腹の中にいる赤ちゃんが大きくなってくると、お母さんのお腹の皮膚が引っ張られていきます。

皮膚がこれ以上伸びないところまでくると、皮膚が破れてしまい妊娠線が生じるのです。

妊娠線と正中線の大きな違いは、産後元に戻るかどうかです。

上で述べたように正中線は肌のシミと同じようなものです。

ですから、顔のシミを消すように正中線に対してもケアを行うことによって、正中線を薄くしたり消したりすることができます。

しかし、妊娠線は違います。妊娠線は皮膚が裂けてしまって生じます。

しかも皮膚全体が破れるのではなく、皮膚の下で破れることがほとんどですから治療することが難しいです。

産後には破れた皮膚はくっつきますが、跡が残ってしまう場合が多く跡が残らないように対策を打つことも難しいといえるでしょう。

正中線を消す方法

では正中線を消すためにはどのようなスキンケアを行えばいいでしょうか?

顔のシミを消す時にどのような方法を用いたか思い出してみてください。

正中線や肌のシミを薄くするためには肌内部のメラニンを減らすことが必要です。

肌内部のメラニンを減らすためには「ターンオーバー」を促進することを考えましょう。

ターンオーバーとは細胞の入れ替わりです。

肌の中の細胞はたくさんの細胞が積み重なるようにして存在しています。

下の層で新しい細胞が作られ、古い細胞が上層に登ってきます。

最終的に古くなった細胞は肌から剥がれ落ちていき、それによってまた細胞の下の層で新しい細胞が作られていきます。

妊娠中に多く生じるプロゲステロンには、ターンオーバーの機能を低下する作用があることが知られています。

この作用も肌にメラニンが蓄積してしまうことの原因になっています。

妊娠中に肌に溜まったメラニンを消すためには、ターンオーバーの機能を再び元に戻す必要があります。

妊娠が終了するとターンオーバーの機能はある程度元に戻りますが、早く元に戻したい場合にはターンオーバーの機能を上げるように働きかける必要があります。

ターンオーバーの機能を高めるには規則正しい生活が第一です。

特に睡眠は肌のターンオーバーと密接に関わっています。

産後、赤ちゃんのお世話などでなかなか大変ですが、夜しっかり寝る事が、肌のターンオーバーを早めて、正中線を早く消してくれる可能性があります。

またターンオーバーを早めるには肌をきちんと洗うことも大切です。

古い細胞が肌に残ってしまうと、肌のターンオーバーを抑制してしまう原因になります。

体を洗うことによって古い細胞は剥がれ落ちていくので、毎日お風呂に入って綺麗な肌を保つようにしましょう。

ターンオーバー以外にお腹の正中線を消す方法として、正中線専用のクリームがあります。

このクリームにはビタミンCなどのメラニンを薄くすると考えられている成分が含まれているので、正中線を効率よく薄くすることができると考えられています。

顔のシミ対策クリームも原理は同じですが、正中線に用いるのはお勧めできません。

お腹と顔では肌質が異なるので、含まれている成分も若干違います。

正中線専用クリームの方がお腹に適しているので、正中線を消したい場合には専用のクリームを使うようにしましょう。

妊娠をした場合、正中線は誰にでも起こりえます。

大事なのは正中線を防ぐことではなく、正中線をどうやって薄くするかです。

確かに時間が経てば薄くなってきますが、見た目にも関わってくるので、できるだけ早く消したいです。

スキンケアによって薄くするスピードを上げることができるので、積極的にケアをしていきましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション