敏感肌化にも要注意!40代の肌に毎日洗顔料を使うのは負担?

middle-aged

40代になると、様々な肌の変化が起こってきます。

乾燥や皮脂量の低下などを生じ、肌が敏感になることもあります。

もしもそうなってしまった場合、刺激の強い洗顔料を用いることは肌に負担にならないのでしょうか?

もしも負担になっていたら、どのような洗顔を行えばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

40代に起きる肌の変化

年齢を重ねるごとに肌の性質は変化していきますが、特に40代の肌は様々な変化が起きるので、ケアに気をつけなければいけません。

しかし、肌に刺激を与えるケアは敏感になってしまった肌にとって、よくない影響を与える可能性があります。

肌に刺激が強いスキンケアとして洗顔料を持ちいた洗顔がありますが、40代になって毎日洗顔料で洗顔をすることはよくないのでしょうか?

まず、40歳を超えると肌にどのような影響が出てきやすいのかご存じでしょうか?

肌の乾燥

40歳を超えると肌の乾燥が起きやすいです。

その理由は、肌の保湿成分である細胞間物質が減少してしまうからです。

細胞間物質とは肌の角層にある「セラミド」や「NMF」などの成分の総称です。

これらの成分は水分を保持する力がとても大きいので、肌の水分の大部分が細胞間物質に存在しています。

保湿に優れている細胞間物質ですが、年齢を重ねることによってその数は減少していきます。

特に40代になるとその数が大きく減ってしまうので、肌に潤いが不足してしまいます。

皮脂の減少

40代を過ぎると、皮脂腺から分泌される皮脂の量も減少します。

皮脂は肌からの水分蒸発を妨げる効果があるので、皮脂が減少してしまうことで肌の乾燥が進んでしまいがちです。

40代に皮脂量が減少してしまう理由は、ホルモンバランスの崩れにあります。

ホルモンは身体の機能を一定に保つ役割をしています。

またホルモンにも様々種類がありますが、ここで関係してくるが、女性の体内に多く存在している女性ホルモンです。

女性ホルモンには皮脂量を調節する機能がありますので、女性ホルモンの量が減ってしまうことで、皮脂分泌が減少してしまい肌が乾燥してしまいます。

年齢を重ねると、体内の女性ホルモンの量は次第に減少していきます。

特に閉経前になるとその量は大幅に少なくなります。

閉経を迎える年頃の40代にホルモンバランスが崩れてしまうのはこのためです。

シミの出現

40代になるとシミの量が増加します。

シミは肌の中にあるメラニンが原因です。肌が紫外線に当たるとメラニンが産生されます。

肌のターンオーバーによってメラニンが排出されれば、肌にメラニンが蓄積しづらくシミも生じにくいのです。

しかし、年齢を重ねると肌のターンオーバーも低下してしまうので、メラニンが肌に蓄積しやすくなります。

肌が敏感になる理由

上記のように40代には様々な肌トラブルが生じます。

ですから、肌のトラブルが起きないように肌はスキンケアを必要としています。

ただし、年齢を重ねると肌は敏感になります。

上に置いて、年齢を重ねると肌内部の細胞間物質が減少すると言いましたが、この細胞間物質は保湿以外にも肌のバリア機能をつかさどっています。

ですから、細胞間物質が減少することで肌のバリア機能も低下するので、刺激に対して肌が弱くなってしまうのです。

また、皮脂量の減少によって肌は乾燥している状態になります。

乾燥状態の肌は外部からの刺激にとても敏感です。

ですから、皮脂量の減少した40代の肌は特に気をつけなければいけません。

毎日洗顔料を使っても大丈夫?

40代の肌は敏感になっていますが、その敏感肌に刺激の強いと言われている、洗顔料による洗顔を毎日行っても大丈夫なのでしょうか?

基本的に、40代になっても洗顔は毎日行っても大丈夫です。

なぜなら、洗顔することで肌に与えるメリットも大きいからです。

洗顔は古くなった肌の細胞を洗い落とす効果があります。

古くなった細胞が肌に残ると、角質の肥厚を起こし肌がカサカサしたり、乾燥肌の原因になってしまいます。

また古い細胞を落とすことで肌のターンオーバーを活性化し、メラニンを肌の外に排出しやすくすることで、シミを作りにくくします。

ですから、40代であっても洗顔は必ず毎日した方がいいです。

洗顔料を用いることによって毛穴の中まで綺麗に洗えるので、水だけ洗顔よりも、洗顔料を用いた洗顔を行った方がいいと言えます。

ただし、ここで考えなければいけないのは洗顔料の種類です。

洗顔料の中には刺激が強いものがあるので、それらの商品は40代の敏感肌には向いているとは言えません。

刺激が強い洗顔料を使い続けることによって、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする原因になります。

40代を過ぎた時には、使う洗顔料は肌に優しいものを使うようにしましょう。

肌に優しい洗顔料は、その分洗浄力も弱まることが多いですが、20代などと比べて分泌される皮脂の量も少なく、新陳代謝も低下しやすいので剥がれる細胞も多くありません。

ですから、そこまで洗浄力の強い洗顔料を用いる必要はなく、それよりむしろ肌に優しい洗顔料を使った方が、結果として綺麗な肌になりやすいです。

洗顔料を使った洗顔後は、皮脂が落ちているので肌の保湿機能が低下しています。

その保湿機能を補うために、洗顔を終えた後には化粧水や乳液などの化粧品による肌のケアを必ず行うようにしてください。

40代を過ぎると、どうしても肌は敏感になります。その敏感な肌を洗顔によって痛めてはせっかくのスキンケアが無駄になってしまいます。

そうならないように、洗顔を行う際には肌に優しい洗顔料を用いるようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション