産院選びのコツは?産院の種類とメリット・デメリット!

maternity-hospital

妊娠が分かったら、まず、出産する産院選びからはじまります。

最近は、産婦人科医の不足が原因で、お産難民とよばれる、希望の産院で出産が出来ない妊婦さんも増えているのです。

そうならない為には、早期に自分の希望に合った産院を選び、分娩予約を入れることが大切。

産院選びのコツとそれぞれの産院のメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

出産出来る産院の種類

大学病院

大学病院は、様々な専門知識や技術を持った医師が在籍しています。

大学病院は、医学における、教育・臨床・研究の役割を担っている場所。

高度先端医療の推進が目的でもあります。

メリット

高度な医療技術を受けることが出来る為、早産や低体重出産といった、ハイリスクなお産に対応しています。

NICU(新生児集中治療室)があることから、生まれてきた赤ちゃんにとっても安心出来る設備が整っているのです。

デメリット

ハイリスク出産でないと、入院を断られる場合があります。

また、多くの医師や助産師が在籍していることから、検診ごとに違う医師や助産師になる確率が高いです。

ですから、大学病院では、医師や助産師との信頼関係が築きにくくなっています。

また、大学病院では、実習の為、医学生達が一緒に立ち会うことが多く、落ち着きません。

総合病院

総合病院とは、許可病床数100床以上ある病院のこと。

総合病院は、大学病院と同じく、最新の医療施設が整っています。

メリット

医療施設が整っているので、ハイリスク出産の場合でも、安心して出産に望めます。

NICU(新生児集中治療室)があるので、赤ちゃんが低体重でも安心です。

デメリット

総合病院の場合、大部屋になる確率が高いです。

常に、他の人の気配がする為、出産後も落ち着いて寝ることが出来ません。

産婦人科医院

主な診療内容は妊婦検診、妊娠検査、婦人科検診で地域密着型の病院。

個人経営の産婦人科医院が多く、アットホームな雰囲気です。

メリット

部屋は、個室の場合が多く、出産後もゆっくりと落ち着いて過ごすことが出来ます。

産婦人科医院は、エステや入院時の料理など充実したサービスが魅力。

帝王切開にも対応しています。

産婦人科医院の場合、毎回同じ医師になる確率が高く、信頼関係を気づきやすいです。

デメリット

産婦人科医院の場合、ハイリスク出産に対応出来ない為、ハイリスク出産と診断されると、提携先の大病院に転院しなければなりません。

また、充実したサービスが提供される分、出産費用も割高になりがちです。

助産院

助産院は、助産師の資格をもった助産師が開業している病院のこと。

医師は常駐していない為、医療行為は行えません。

メリット

自宅出産や家庭的な出産を行うことが出来ます。

自然な形で出産出来るのも魅力です。

デメリット

医師が常駐していない為、医療行為にあたる帝王切開になってしまうと、他の病院に転院しなければなりません。

産院選びのコツは?

自宅や実家からの距離で選ぶ

自宅や実家から病院の距離が近いと、通院も楽です。

誰にでもマタニティトラブルは起こるもの。

出血や腹痛があった際に、病院まで遠いと苦痛です。

臨月になった時に、通院出来るかどうかまで考えて産院を選びましょう。

医師や産院スタッフとの相性で選ぶ

出産まで、何度も産院に検診に訪れなければなりません。

ですから、医師や産院スタッフとの相性も重要です。

医師との信頼関係が築けなければ、出産が不安になります。

リスクから選ぶ

ハイリスク出産になった場合に、対応してくれる病院に転院しなければなりません。

ハイリスク出産とは、持病や年齢、胎児異常が疑われる際の出産のこと。

大学病院や総合病院といった、医療施設が整った産院を選ぶ必要があります。

バースプランで選ぶ

バースプランとは、出産方法の計画のこと。

最近は、無痛分娩や和痛分娩といった分娩方法を望む妊婦さんが増えてきました。

しかし、まだまだ、無痛分娩や和痛分娩を取り扱う病院は少ないです。

ですから、そういった出産を行える産院を選ぶ必要があります。

産院の口コミで選ぶ

すでに、出産した地域のママさん達の口コミは、とてもリアル。

医師や助産師だけでなく、産院で働くスタッフのことまで事細かに書き込まれていることも。

診察までの待ち時間や出産費用といった、産院のHPでは知ることが出来ないような情報が載っています。

出産費用で選ぶ

産院によって出産費用は異なります。

出産日が土日や時間外分娩になってしまうと、費用が加算されることも。

また、大部屋か個室かによっても違います。

ですから、出産費用で選ぶ場合は、あらかじめ産院に問い合わせておきましょう。

なるべく早期から産院選びを!

それぞれの産院の特徴やメリット・デメリットを知り、慎重に産院を選ぶことが大切です。

最近は、産院の口コミサイトが充実しているので、産院を直接見学しなくても、ある程度の情報が得られます。

医師や産院スタッフとの相性も大切です。

お産は、一生に何度も経験出来るものではないので、ぜひ希望通りの産院で出産出来るように、早めのリサーチを行いましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション