マッサージにはマッサージクリームがマスト!保湿との相乗効果も狙おう

massage

肌のマッサージは筋肉がほぐれて体が楽になります。

しかし、マッサージをする際に使用するマッサージクリームは肌に負担をかけるという話もあります。

マッサージクリームを塗ることで、肌にどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

マッサージクリームにはマッサージをする以外にも何かメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

マッサージを行うことのメリット

マッサージをすると気持ちがいいですが、気持ちがいい以外に肌にとってはメリットがあります。

マッサージを行うと、肌にとって何がいいのでしょうか?

大きな筋肉のある場所にとって、マッサージを行うことのメリットは筋肉を弛緩させやすくすることです。

筋肉が弛緩すると、体の力が抜けやすくなります。

顔は大きな筋肉はありません。ですから、筋肉の弛緩というメリットは感じにくいです。

顔にマッサージをするメリットは、肌の血行を改善させることです。

マッサージで肌を押すことによって、肌の中にある血液が押し出されていきます。

血流が改善することのメリットはいくつかあります。血液の中には酸素やビタミンなどの栄養物が含まれています。

血液が滞ってしまうと、これらの栄養物を運ぶ力が落ちてしまうわけですから、栄養される細胞の成長が遅くなってしまいます。

肌の細胞の成長が遅くなってしまうと、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

肌の細胞が成長しづらくなると、肌のターンオーバーが低下します。

ターンオーバーは肌の細胞の入れ替わりです。

細胞の入れ替わりが遅くなってしまうと、古い細胞が肌に残りやすくなってしまうので、ニキビが起きやすくなります。

また、紫外線などの原因で肌にはメラニンが産生されます。

メラニンはターンオーバーを行うことで、肌の外に排出されていくのですが、ターンオーバーが低下することでメラニンが排出されなくなり、肌にメラニンが蓄積してくすみやシミの原因となることがあります。

ですから、血液の流れが改善するもので肌トラブルが起こりにくくなります。

つまり、マッサージは肌を綺麗にする効果を含んでいるとも言えます。

マッサージによるデメリット

しかし、マッサージを行うことで肌に良くない影響を与えることもあります。

マッサージを行うのは基本的に体重をかけて、指で押す方法がよく取られます。

指は面積が小さいので、肌にかかる圧力は大きなものになります。

肌に強い力をかけるのは肌にとって厳禁です。

肌の中にはコラーゲンという肌を支える成分が存在しています。

このコラーゲンという成分は強い力を加えられると変性してしまうので、肌を支えられなくなってしまいます。つまり、マッサージを行うことで肌のたるみを生じやすくなります。

もう一つ考えられるマッサージのデメリットは、摩擦によるシミの増加です。

マッサージで押す位置を少しずつ変えていく方法がありますが、この時肌には強い摩擦がかかっていることがあります。

摩擦はシミを引き起こす可能性があります。

肌に摩擦を生じると、肌の中のメラニンを作る細胞が活性化します。ですから、マッサージを行うことによってシミができやすくなるリスクがあります。

マッサージクリームは肌に負担を与える?

マッサージクリームは肌に負担を与えるという話もありますが、本当にマッサージクリームは肌に良くないのでしょうか?

マッサージクリームはマッサージの際に使うことで、マッサージのデメリットを打ち消す効果が期待できます。

マッサージクリームを塗ると、滑りやすくなるので強い力で押しにくくなります。

ですから、肌に強い圧がかかりにくくなりたるみが生じにくくなると考えられています。

また、滑りやすくなることで摩擦が生じにくくなります。

摩擦が減ると肌に与える刺激も小さくなるので、肌のメラニンが産生されにくくなりシミが生じにくくなります。

マッサージクリームにの中には、保湿効果やクレンジング効果を備えている商品もあります。

保湿効果は肌に潤いを与えて、肌が乾燥することを防いでくれます。

肌の乾燥はシミやシワの原因になるので、化粧水や乳液以外でも保湿ケアを行えるマッサージクリームは便利であると言えます。

マッサージクリームによるクレンジングとしての洗浄力はそこまで強くありません。

洗浄力の強さはクレンジング剤の性状によって決められることが多いです。

オイルタイプなどのクレンジングは洗浄力が強いとされています。

ただし、洗浄力と肌に与える負担は比例しやすいと言われています。

ですから、洗浄力が強いクレンジング剤の方が良いということではありません。

マッサージクリームの洗浄力はそこまで強くありませんので、肌に与える負担も小さいので、使いやすいと言えます。

マッサージクリームによるクレンジングは、主に軽いメイクを落とす際に使用した方が良いです。

ウォータープルーフ系のメイクなどは強いクレンジング剤でしか落とすことができないので、マッサージクリームをクレンジングとして使うタイミングを間違えないようにしましょう。

マッサージは気持ちが良いだけでなく、肌の血流を改善してくれるので肌にとって様々なメリットがあります。

しかし、肌を押すわけですから当然デメリットも存在します。

マッサージクリームを塗ることでそれらのデメリットを軽減するだけでなく、保湿などの効果も与えることがありますので、マッサージを行う際にはできるだけマッサージクリームを塗るようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション