たるみにはリフトアップ!効果的なコスメとマッサージ方法は?

lift-up-cosmetics

肌のたるみは見た目を悪くしやすくなる肌トラブルの一つです。

一度肌がたるんでしまうとなかなか元に戻りませんので、たるみができないように気を使う必要があります。

たるみのケアの一つにリフトアップがあります。

リフトアップの正しい方法やその時に使う化粧品について知っていますか?

スポンサーリンク

肌のたるみはなぜ起こるの?

年齢を重ねると肌のたるみが気になってきます。

たるみを解消する手段の一つとして「リフトアップ」があります。

リフトアップは顔の肌を上に押し上げることによって、たるみを解消する方法です。

このリフトアップを効果的に行うためのマッサージや、リフトアップと併用しやすいコスメはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、肌のたるみがなぜ起きるのか知っておきましょう。

肌のたるみが起きる原因は肌内部の「コラーゲン」が減少してしまうことです。

コラーゲンは肌の層の真ん中にあたる「真皮」という層に豊富に存在しています。

コラーゲン同士がともに結合することによって、肌を支えています。

このコラーゲンの数が減ってしまうと、肌を支えることができなくなってしまい、重力に負けて次第に垂れてきます。これがたるみを生じる理由です。

コラーゲンが減ってしまうのは以下の理由があげられます。

女性ホルモンの減少

ホルモンとは体の状態を一定に保つために必要な物質です。

女性の体内には「女性ホルモン(エストロゲン)」と呼ばれるものがたくさん存在しています。

エストロゲンは肌の繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの産生を促進します。

ですから、エストロゲンが減少してしまうとコラーゲンの合成量が減ってしまい、たるみの原因となります。

エストロゲンが減少する理由としては、主に年齢が考えられています。

40代を超えると閉経が近づいてくるのでエストロゲンの量が大きく減ってしまいます。

閉経後にはエストロゲンの量はほとんどなくなってしまうので、たるみを生じやすくなるのです。

紫外線

紫外線もコラーゲンを減少させる原因です。

紫外線が肌にあたると、コラーゲンの性質を変化させてしまいます。

コラーゲンの性質が変化すると肌を支える機能もなくなってしまうので、たるみを生じやすくなってしまうのです。

また肌に紫外線が当たると、「活性酸素」と呼ばれる物質が産生されます。

活性酸素は周りの細胞を傷害する作用があるので、肌の中のコラーゲンが傷害されてしまうとたるみを生じる可能性があります。

糖化

コラーゲンなどのタンパク質は糖と結合する「糖化」という現象が起こります。

糖化を起こすとタンパク質が変性してしまうので、コラーゲンの肌を支える機能も変化してしまい、たるみを起こしてしまうのです。

リフトアップのマッサージ方法

肌がたるみ理由についてわかっていただけた所で、次にたるみを解消する方法について考えましょう。

たるみを解消する方法の1つに肌のマッサージがあります。

あまり強い刺激を与えすぎるとたるみの原因になってしまい逆効果ですが、優しく肌を押す程度ならば肌に与える負担は小さくて済みます。

ここからはマッサージの方法について述べていきます。

  1. まずは額からマッサージします。両手の指で額を触り、大きな円を描くようにします。
  2. 次に鼻筋です。両手で鼻筋の横を触って、上下に動かすようにマッサージします。
  3. 鼻の下もマッサージを行います。両手で鼻の下を触り、頬に向かって押していきます。
  4. 次に目の下のマッサージをします。目の下を持ち、目じりに向かうようにして押していきます。少し上に押し上げるようにするとグッドです。
  5. 頬を斜め上に引き上げるようにマッサージをします。この時頬は手のひら全体で包むようにして持ち上げるといいでしょう。
  6. 口角のマッサージを行います。口角を持ち上げるように下から上に押し上げます。

以上のマッサージを各5回ずつ繰り返すようにして下さい。

リフトアップの際に使うコスメ

リフトアップにはマッサージを行うことが主流ですが、化粧品を併用することによってたるみに対する効果を増しやすくなります。

ここではたるみによいとされている化粧品についてご紹介します。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは肌の繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの合成を促しやすくします。

それだけでなく、ビタミンCには活性酸素の働きを抑える作用もありますので、たるみ予防に効果的です。

ただし、ビタミンCは肌を通過することができないので、肌のビタミンCの産生を促進するビタミンC誘導体を化粧品として扱うことが多いです。

レチノール(ビタミンA)

ビタミンAにも活性酸素を抑える役割があるので、たるみ予防に役立ちます。

それ以外にも、レチノールは肌のターンオーバーを促進します。

ターンオーバーが促進すると肌の代謝がよくなるので、肌の調子が良くなりやすいです。

ナイアシン

ナイアシンという成分も肌のコラーゲンの産生を促進します。

ナイアシンは上の二つに比べて働きが弱いことが多いのですが、その分肌に与える負担も小さいとされています。

ですから、敏感肌の人にとってはたるみ予防に使いやすい成分ともいえます。

肌のたるみは誰でも起こる可能性のある肌トラブルです。

ですから、日々のケアを十二分に行ってたるみを予防する必要があります。

マッサージやコスメを使うことで肌のたるみを予防しやすくなりますので、毎日のケアをきちんと行うようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション