毛穴の引き締めと化粧水の浸透は両立可能!

impurity

化粧水が肌に浸透するかどうかはとても重要です。

もしも化粧水が浸透しないのであれば、使う必要がないからです。

この時に疑問にあがるのが、毛穴が締まっていると化粧水が吸収されないのではないかという悩みです。

毛穴から化粧水は吸収されるのでしょうか?

スポンサーリンク

化粧水の浸透とはどういう意味?

化粧水は肌に塗ることで効果を発揮しますが、その際によく使われる言葉に「浸透」があります。

浸透は肌で行われていることは想像できますが、もしも毛穴が締まっていたら、化粧水は浸透していくのでしょうか?

まず、化粧水の浸透について考えていきます。

肌は主に3層に分かれており、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」になっています。

皮下組織には脂肪が豊富に含まれており、真皮にはコラーゲンやエラスチンなどの肌を支える成分が豊富に存在しています。

表皮の層は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれています。

化粧水が浸透するのは角質層まで、つまり肌の一番上の部分にまでしか浸透しません。

角質層の厚さは0.02ミリと言われているので、とても薄い部分にしか化粧水は浸透することができません。

これには角質層の特徴と関わりがあります。

角質層の構造を詳しく見てみると、細胞と、細胞の周囲を埋めるように細胞間物質が存在しています。

これらの細胞間物質はセラミドなどを主成分としており、細胞間物質が隙間なく存在することで肌の中に異物を通さない構造をしています。

これを肌の「バリア機能」と呼びます。

ただし肌のバリア機能は肌を通ろうとするものすべてに働くので、化粧水などの肌にとって良いと思われるものでさえも内部への浸透をブロックしてしまいます。

ですから、化粧水は角質層よりも下の部分に浸透していくことができないのです。

では化粧水を塗ることは肌にとってまったく効果がないかと言われたら、そのようなことはありません。

角質層の細胞間物質は保水力が非常に高く、水を豊富に含んでいます。

化粧水などの化粧品は細胞間物質の部分に蓄えられ、周囲の細胞にその成分が吸収されていきます。

毛穴が締まった場合はどうなりますか?

本題の毛穴についてです。ここでまず知っておかなければならないのは、毛穴の構造についてです。

毛穴は肌を貫いて存在しており、毛穴の下の部分は表皮ではなく真皮層になっています。

つまり、体表面から見た際に毛穴の奥が一番肌の深い場所ということになります。

では毛穴から化粧水を浸透させるのがいいのかと言われれば、実はそうではありません。その理由は大きく2点あります。

1つ目は毛穴の面積です。

実を言うと、毛穴から吸収される化粧水はかなり少ないと言われています。

なぜなら、毛穴の量は体表面席に比べてとても少ないので、毛穴から吸収することのできる化粧水の量はごく微量です。

全くのゼロというわけではありませんが、毛穴でない部分が大部分を占める肌にとって毛穴の量は少ないと言えます。

理由のもう一つは吸収された後の問題です。毛穴の中から吸収されたごくわずかの化粧水は、そのま血中に乗ってしまいます。

本来、多くの化粧水は肌への細胞にビタミンなどの成分を吸収させることを目的としています。

もしも吸収されてすぐに血液の中に入ってしまうと、成分が肌にとどまることができないので、肌に集中して化粧品を届けることができません。

つまり、毛穴の中から吸収された化粧品は、肌にとって効果を発揮することはほとんどありません。

ですから、もしも毛穴がしまっていても化粧水が肌に与える効果にはほぼ違いがありません。

洗顔も意味がないのですか?

毛穴が締まっていても、肌に対する化粧品の効果にはほぼ影響がありません。

それならば、毛穴をキレイにする洗顔のケアも意味がないのでしょうか?

確かに洗顔をせずに毛穴が詰まっていても、化粧水の肌に与える影響はほとんどありません。

しかし、毛穴をキレイに保つことは肌をキレイに保つためにとても大切なことです。

毛穴の詰まりは、肌に対して良くないトラブルを引き起こす可能性があります。

毛穴が角質などにより詰まってしまうと、毛穴の中から(正確に言うと毛穴の内部にある皮脂腺から)分泌される皮脂が詰まってしまいます。

そのままの状態が続くと、詰まった皮脂が酸化してしまい周囲の細胞に炎症反応を引き起こしてしまいます。

炎症を起こした細胞は熱を持ったり、かゆくなったりして、ニキビになることがあります。ですから、毛穴が詰まらないように洗顔をしっかりと行わなければいけません。

また、洗顔にはもう一つメリットがあります。

洗顔には古くなった細胞を洗い落とす効果があるので、角質層の細胞が増え過ぎるのを防ぐことができます。

角質層の細胞が増えすぎてしまうと、角質層の細胞と細胞間物質のバランスが悪くなってしまい、肌のバリア機能が低下する可能性があります。

バリア機能の低下は、化粧水が肌に与える効果が小さくなりやすいです。

そのため、古くなりすぎた細胞は定期的に落とす必要があります。

毛穴は締まっていても化粧水を吸収することはほとんどありません。

むしろ、肌のたるみを考えるならば毛穴は締まっている方がいいでしょう。

ですから、毛穴の締まりで化粧水が吸収されないなど考えずに、しっかりと化粧水によるスキンケアを行うようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション