結婚式プロフィールムービーを自作!imovie使い方や制作時の注意点

imovie

結婚式のプロフィールムービー作り、業者に頼むか自分たちで制作するか迷っていませんか?

手間暇はかかりますが、参列者への感謝の気持ちが伝わるアットホームなムービーを作りたいのなら、断然手作りがおススメです。

写真枚数や動画の長さの成約もないので、自由に制作できます。

しかし、制作する前に確認するべき点や注意することをまとめてみました。

プロフィールムービー制作の参考にして下さい。

スポンサーリンク

プロフィールムービーを業者に頼んだ場合の料金

プロフィールムービーを制作会社に頼んだ場合の相場は、約5万円です。

音楽や使用する写真が増えると、料金も倍増します。

プロフィールムービー制作って、時間も手間もかかります。

結婚式まで時間がない、動画を作る自信がないカップルは、外部の業者や式場に制作を依頼したほうがよいかもしれません。

なぜプロフィールムービーを自作しようと思ったのか?

アットホームなムービーを作りたかったんです。

式に参加してくれた人たちへの感謝の気持ちが伝わるようなムービーにしたいという思いもありました。

業者に頼むと、写真の枚数も限られてしまいます。

自分たちで制作すれば、自由に写真枚数や音楽も決めることができます。

友人にプロフィールムービー制作を頼む人もいますよね。

制作が間に合わなかったり、ミスがあっても強く言えません。

出来上がりが良くても悪くても頼んだ手前流さなければなりませんよね。

以前、友人の結婚式で、新郎の友人が制作したムービーが流れたのですが、身内うけを狙った酷いものだったんです。

ストーリー性も無く、みんながポカンとするようなムービーにはしたくありませんでした。

結婚式って親戚も多く来ますよね。結婚後、親戚付き合いも多くなります。

変なムービーを流したことによって、新郎新婦のイメージまで悪くなってしまいます。

自分たちで納得が出来るものを当日流したいという思いから、自作することにしたんです。

プロフィールムービー制作の注意点

まず、結婚式場のプランナーさんに、ムービーを自作する旨を伝えましょう。

式場によっては、持ち込み料がかかったりすることもあります。

事前の確認で、トラブルを避けましょう。

式場のプロジェクターのスクリーンサイズを確認しましょう。

プロジェクターは、画面のアスペクト比というものがあります。

これは、早く言えば縦横の比率のことです。

一般的に4:3か16:9になります。

ムービーを作る際に比率を間違えてしまうと、画像や文字が見切れてしまいます。

また、ムービーの保存形式の確認もしましょう。

保存形式が違うと、式場で再生出来ない可能性もあります。

プロフィールムービーソフトの選び方

まず、プロフィールムービーを、どのソフトを使って制作するかを決めます。

無料のソフトや有料で購入できるソフトがあります。

自分たちが作りたいムービーのイメージに合わせたソフト選びが大切です。

プロフィールムービー用の写真の集め方

ムービーに使用する写真を集めます。

デジカメが無い時代の写真はアルバムで保管されていたりしますよね。

ポイントは、結婚式に参加する予定の人たちと一緒に写っている写真を選ぶことです。

いつ撮ったかさえ覚えていないような写真を使うことで、懐かしさと驚きを参加者に与えることができます。

探してみると意外と二人で写っている写真が少なかったりします。

旅行やデート先で二人の写真を沢山撮っておくことをおススメします。

写真集めの目安は新郎(30〜40枚)、新婦(30〜40枚)、二人(20〜30枚)程度あれば十分です。

プロフィールムービーのシナリオを考える

闇雲に作り始めると、ストーリー性が無く、まとまりのないムービーになってしまいます。

シナリオを先に考えることで、ゴールが見えてきます。

ムービー制作会社のホームページには、プロフィール動画が沢山掲載されています。

プロが作った動画なので、音楽やストーリー性もばっちりです。

プロが作った動画を参考に自分たちのムービーのイメージを固めていきましょう。

新郎生い立ち→新婦生い立ち→二人の出逢いから結婚までというストーリーが一番自然です。

1曲は、大抵3分〜3分半です。新郎(約3分)→新婦(約3分)→二人(約3分)で約10分程度のプロフィールムービーが出来ます。

ちょっと長いかと思われるでしょうが、テンポのよい曲に乗せるとあっという間です。

また、お色直しの時間に流してもらうことで、参加者を飽きさせません。

imovieを使ったムービーの作り方

元々macを使っていたので、プロフィールムービーは、imovieを使用しました。

imovieとは、アップル社製のMac専用ビデオ編集アプリケーションのことです。

imovieは、簡単に字幕を入れたり、写真や動画を編集することができます。

imovieを立ち上げる

まず、imovieソフトを立ち上げます。

ファイルの新規プロジェクトをクリックします。

プロジェクトテーマを選びます。

テーマやアスペクト比は後で変更することもできます。

imovie2

写真を挿入

カメラマークから使いたい写真を選びます。

使いたい写真をドラックすると、プロジェクトの中に写真が配置されます。

使用する写真ごとにフォルダ分けすると後で選びやすいです。

幼稚園→小学校→中学校といった具合に時系列ごとに写真を配置していきます。

トランジション

トランジションとは、映像において、カットとカットの間の切り替え効果のことです。

imovieには沢山のトランジションがあるので、使ってみて合うものを選んで下さい。

私は、クロスディゾルブ、クロスブラー、黒にフェードが一番使いやすかったです。

あまり動きがありすぎると、目が疲れてしまうので、注意して下さいね。

imovie1

テキストを入れる

Tに切り換えると、さまざまなテキスト表示が出てきます。

テキストが写真にかかってしまうと読みにくいです。

文字が読みやすいように入れる必要があります。

文面が長すぎると読めずに次の写真へ行ってしまうので、一言で分かるような文章にして下さい。

また、人が1秒間に読める文字数は約7文字から13文字程度です。

テキストを入れた写真だけ表示する時間を長くするなど工夫しましょう。

テキスト例

○19○○年○月○日に○○家の長男として生まれました!

○弟が生まれてお兄ちゃんになりました

○小学校と中学校は野球に夢中!

○とっても食いしん坊な男の子

○〜に家族旅行!

○サークルの仲間達

imovie3

BGMを入れる

オンプマークをクリックすると、どこからBGMを挿入するか選択できます。

iTunes(アイチューンズ)から入れることもできます。

曲と曲のつなぎ目は、フェードイン、フェードアウトすると、自然になります。

動画を書き出す

imovieのプロジェクトは自動的に保存されます。

よって編集した所までは勝手に保存されています。

動画を書き出したい場合は、共有→ムービーを書き出す→HD1080pで書き出します。

まとめ

プロフィールムービー制作は時間がかかります。

結婚が決まったら、一番に準備をはじめたほうがよいですよ。

特に、写真集めに苦労しました。

結婚式後、「ムービー良かったよ」と言われることが多く、手作りしてよかったなぁと思いました。

ムービーの最後に、結婚式に参加してくれた人々への感謝の文面を入れたりすると、より丁寧です。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション