医学生が教えてくれた、あなたの知らない良いシャンプーを選ぶ基準!

how-to-choose-shampoo

髪を洗うシャンプーはたくさん種類がありますが、中には髪を傷めてしまうシャンプーもあります。

しかし、多くの人はそのことに気づかずに髪によくないシャンプーを使っていることもしばしばあります。

そうならないように、髪にいいシャンプーを選ぶためには何を基準にすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

シャンプーの種類

現在シャンプーの種類はたくさんあり、どのシャンプーで髪を洗うのか悩むところです。

シリコンや界面活性剤など、シャンプーに含まれている成分はさまざまです。

髪質は人それぞれですので万人に合うシャンプーというのはありませんが、多くの人にとって髪に良いシャンプーは存在します。

シャンプーの選び方は何を基準にすれば良いのでしょうか?

まず、大まかなシャンプーの種類について知っておきましょう。

一般的なシャンプーとしては、3つの種類があります。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは値段の安いシャンプーであることが多いです。

このシャンプーの中に配合されているものは「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸カリウム」などのラウリル系のものが多いです。

しかし、これらの成分は髪や頭皮にとってあまり良くありません。

これらの成分は「石油系合成界面活性剤」と言われるものです。

界面活性剤とは水と油を混ざりやすくする洗浄成分です。

髪や頭皮の皮脂などの油分を取り除くために、界面活性剤が配合されています。

界面活性剤の中でも、石油からできている自然界にない界面活性剤のことを石油系合成界面活性剤と呼びます。

この成分が良くない理由は、界面活性剤効果が強すぎることと、刺激が強いことの2つです。

界面活性剤は皮脂を落とすために大変便利なものですが、皮脂がなくなってしまうと肌から水分蒸発を防げなくなってしまうので、乾燥肌になりやすくなります。

特に石油系合成界面活性剤が皮脂を落とす力はとても強いので、肌に必要な皮脂までも落としてしまいます。

ですから、この界面活性剤を含んでいるシャンプーを使いすぎると乾燥肌になる可能性があります。

ま他、この界面活性剤は石油から作られています。

そのため、肌に与える影響は他の合成界面活性剤よりも刺激が大きくなります。

肌は刺激に対して敏感なので、刺激が加わることによって炎症やかぶれなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

アミノ酸系シャンプー

石油系合成界面活性剤と性質が逆に近いのがアミノ酸系シャンプーです。

このシャンプーには「グルタミン酸」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」などの成分を配合しています。

このシャンプーの特徴は、髪にとって優しいことです。

アミノ「酸」と名前が付いているように、このシャンプーは弱酸性になっています。

液体の性質には酸性とアルカリ性の2種類があり、髪はアルカリ性の成分で傷つきやすいと言われています。

石油系合成界面活性剤やこの後に紹介する石鹸系のシャンプーはアルカリ性なので、髪が傷つきやすいです。

ですから、アミノ酸系シャンプーは髪にとって優しいシャンプーと言えるのです。

アミノ酸系シャンプーにも欠点があります。

それは洗浄力の低さです。

他のシャンプーに比べて皮脂を洗い落とす力はそこまで強くありません。

皮脂を落としすぎるという心配はありませんが、頭皮に皮脂が残りすぎてしまうと毛穴詰まりの原因になるので、アミノ酸系シャンプーを使う場合にはしっかりと洗うようにしましょう。

石鹸系シャンプー

体を洗う商品として有名な石鹸ですが、髪を洗う場合にも用いられることがあります。

このシャンプーに含まれている成分は「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」などです。

この石鹸系シャンプーですが、石油系合成界面活性剤シャンプーよりも洗浄力は強くありません。

その分、皮脂を落としすぎないということでもあるので、乾燥肌にはなりにくくなっています。

上で説明したように、この石鹸系シャンプーもアルカリ性です。

アルカリ性は髪のキューティクルを傷つけやすいので髪が傷みやすくなってしまいます。

ですから、シャンプーをしすぎることによって、くせ毛になったりすることがあります。

髪に良いシャンプーはどれですか?

ここまで、3つのシャンプーをご紹介しましたが、髪にとっていいシャンプーはこの中のどれなのでしょうか?

そもそも、「髪に良い」とはどういうことでしょうか?

髪の栄養分をたくさん含んでいるシャンプーがいいシャンプーなのでしょうか?

それとも、髪にダメージを与えないシャンプーがいいシャンプーでしょうか?

いいシャンプーとは、髪に与える栄養分と、髪へのダメージが小さいという2つの点でバランスが取れているものです。

ただし、髪に与える栄養分はたくさんありすぎるので、ここでは髪へのダメージという観点から考えます。

髪に与えるダメージが少ないのは、やはりアミノ酸系シャンプ-です。

このシャンプーは弱酸性で髪の成分と同じような成分ですので、髪に与える影響がかなり小さいです。

つまり、髪にいいシャンプーを選ぶ際にはアミノ酸系シャンプーの中で、髪に与える栄養が豊富に配合されているものを選べばよいでしょう。

ただし、アミノ酸系シャンプーは髪に優しい分高価な商品が多いです。

シャンプーは毎日使うため消費量は大きいです。

自身のお財布と相談しつつ、アミノ酸系シャンプーを使ってみましょう。

シャンプーは毎日するものなので、髪に優しいものを使う必要があります。

アミノ酸系シャンプーは髪にとって非常に優しいので、アミノ酸系シャンプーの中で、自分にあったシャンプーを探すといいでしょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション