あなたの紫外線対策は大丈夫?日焼け止めの正しい塗り方や日焼け後の対処法って?

hiyake

夏しか、紫外線対策をしない方多いですよね。

そもそも、紫外線は一年中降り注いでいるんですよ。

シミ、そばかすが濃くなってから、後悔するのではなく、日頃からのケアで、紫外線を防ぎ、日焼け防止に勤めましょう。

スポンサーリンク

日焼けする原因って?

太陽光線に含まれる紫外線に人の皮膚が反応し、赤くなったり、褐色化したりします。

これが日焼けです。

皮膚を黒くするのはUVAで、皮膚を赤く日焼けさせるのはUVBです。

日焼けの仕方も、人それぞれですよね。

日焼けしたら赤くなる人の特徴

元々肌が弱かったり、色白の人は、日焼けすると赤くなりヒリヒリします。

これは、メラニンを生成するスピードが遅いため、紫外線耐性が低く、UVBを防ぎきれずに影響を受けてしまった結果なんです。

ですから、赤くなったりヒリヒリしたり、皮がめくれたりします。

皮膚が火傷した状態なので、とっても痛いです。

日焼けしたらただ黒くなるだけの人の特徴

赤くなったり、ヒリヒリしたりせず、ただ黒くなるだけの人は、UVAが原因です。

日焼けすると、すぐに黒くなります。

これは、紫外線から肌を守るために、メラニンを大量に生成してしまうからなんです。

メラニンが大量に生成されすぎると、シミになってしまいます。

あなたの日頃の紫外線対策は万全?

紫外線の量は、3月から徐々に増えはじめ、4月から9月がピークを迎えます。

しかし、それ以外の季節でも、紫外線って0ではないんですよ。

季節に合わせた紫外線対策が重要なんです。

紫外線対策は、美肌の基本ですよ。

また、晴れた日しか日焼け止めを塗らないって方も多いのではないでしょうか。

私も、そのうちの一人です。

実は、紫外線って雲も通過するんですよ。

晴れた日に比べると、紫外線量は少ないのですが、曇りの日や雨の日も地上に降り注いでいます。

曇りや雨だからといって油断せずに、きちんとUVケアをして下さいね。

また、UVA波は、窓ガラスを通り抜けて、皮膚の層にまで達し、お肌にダメージを与えます。

室内だからと安心できないんですよ。

また、目から入る紫外線にも注意が必要なんです。

角膜が紫外線を吸収すると、脳にメラニン色素を作ってほしいという命令が行ってしまいます。

目からの紫外線で日焼けしてしまうんです。

ですから、サングラスで目からの紫外線も防ぎましょう。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを効果的に塗る為には、量が大切なんです。

使用量が少ないと、日焼け止めの効果が発揮されにくくなってしまいます。

顔全体では、500円玉くらいの大きさが適量です。

顔全体に塗りムラがないように、しっかり伸ばしていきましょう。

また、一度に塗るのは難しい時は、数回に分けて塗るようにしましょう。

体に日焼け止めを塗る際は、腕や足に1本の線を描くように日焼け止めを出します。

そして、全体的にまんべんなく塗り広げます。

日焼け止めは塗り直しが大切

日焼け止めを朝ぬったから1日中大丈夫と思っていませんか?

日焼け止めは、汗や手で触れたりすることで、いつの間にか落ちてしまっているんです。

ですから、2〜3時間おきに塗り直すようにしましょう。

塗り直すことで、日焼け止めの効果が持続します。

食事で紫外線対策をしよう

ビタミンAやC、E、L-システイン、ポリフェノールなどには、紫外線から肌を保護する働きがあります。

カボチャやトマトなどの緑黄色野菜や玄米、ココア、玉葱などを積極的にとって、体の中からも紫外線対策を行いましょう。

特にトマトには、リコピンと呼ばれる美肌作用のある成分が含まれています。

リコピンは、小腸から吸収されて全身を循環し、6〜8時間後には、細胞に到着すると言われています。

ですから、夜トマトを食べることで、体の中からもう次の日の紫外線対策が出来てしまうんです。

また、お肌のリコピン濃度が高い人ほど、シワがなく肌のキメが細かいという調査結果があります。

夏は、トマトが美味しい季節ですよね。

実は、トマトよりもミニトマトのほうが、栄養価が高いってご存知でしたか?

例えば100g当たりのリコピンの含有量はトマトは210mg、ミニトマトは290mgなんです。

マグネシウムやビタミンB2の含有量もミニトマトのほうが倍近いんです。

ミニトマトは品種改良され、いろいろな種類の物がスーパーに並んでいます。

ミニトマトって酸っぱいっていうイメージがありますが、実は甘いミニトマトの品種もたくさんあるんですよ。

紫外線対策の為にも、ミニトマトをたくさん食べて、体の中から紫外線対策しましょう!

うっかり日焼けしてしまったら?

日焼けしたら赤くなる人の対処法

とにかく冷水で冷やして皮膚の炎症をおさえることが大切です。

日焼けして赤くなる人の対処法は、火傷をした時と同じなんですよ。

冷たいシャワーを浴びたり、塗れタオルや氷水を入れたビニール袋で炎症した箇所を冷やして下さい。

お湯につかると逆効果なので、日焼けした当日は湯船につかることは避けて下さい。

十分冷やした後は、化粧水や乳液でたっぷり保湿して下さい。

しみる場合は、軟膏がよいかもしれません。

日焼けしたらただ黒くなるだけの人の対処法

うっかり日焼けしてしまった時は、なるべく抗酸化作用のある食べ物の摂取を心がけて下さい。

日焼け直後は、肌が軽い火傷状態なため、落ち着いてから美白化粧品を使うことで、シミを予防することができます。

適度に運動をして代謝をアップさせることも大切です。

まとめ

ちょっと近所まで買物に行くくらいなら、いいやと思ってついつい日焼け止めを塗るのを怠ったりしてしまいがちですよね。

うっかり日焼けしてしまった時は、肌の状態に合わせたケアをして下さい。

紫外線を浴びることで、シミやシワの原因になってしまいますし、お肌の老化にも繋がってしまいます。

シミってある日突然出来てしまったように感じますが、実は、長年の積み重ねなんですよね。

美肌を目指すのであれば、日々の紫外線対策を怠らないようにすることが大切ですよ。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション