昼夜で変わるウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター!絶景撮影ポイント6選!

harrynight

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターは昼と夜の雰囲気ががらりと変わるので、ぜひ両方堪能して頂きたいです。ライトアップされたホグワーツ城は神秘的な美しさです。

スポンサーリンク

1日でUSJを満喫したい場合の2プラン

プランA

  1. 朝一で入場制限がまだない時にウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアに入場する
  2. 開演直後待ち時間なしでハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービデゥン・ジャーニーに乗る
  3. 午前中ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアを堪能する
  4. 午後からハリポタエリア外のアトラクションに乗る
  5. 夕方ごろ入場できる入場整理券を発行
  6. 夜のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターの雰囲気を味わう

プランB

  1. 午前中のうちに入場整理券を発行
  2. 午前中〜午後ハリポタエリア外のアトラクションに乗る
  3. 入場整理券の時間になったらウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアに入場
  4. 夜のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターの雰囲気を味わう
  5. 閉園ぎりぎりの待ち時間なしでハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービデゥン・ジャーニーに乗る

※ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター入場整理券の発券は、USJ入場券1枚につき1回です。

どちらのプランも前日に近くのホテルに宿泊しておくことで、万全の体調でハリーポッターの世界を満喫することができます。スケジュールや予算に余裕があるならぜひ!

絶対に押さえておきたい!ウィザーディング・ワールドの絶景撮影ポイント

できれば、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターを訪れる前に、映画第一作目の「賢者の石」を見るとハリー・ポッターの世界観に深く入り込めますよ。ホグワーツ城やオリバンダーの店がどれだけ厳密に作られているか分かります。

ホグワーツ城前

昼と夜ではまた別の雰囲気なのでどちらも撮影したいスポットです。夜の撮影は難しいので、カメラのモード設定を替えてみて下さい。三脚は禁止されているので、ぶれないように肘を固定するとうまく撮影できます。

harrypotter3ホグワーツ特急前で車掌さんと一緒に

英語で話かけると「名前は?」「学校に遅刻するよ!」とフランクにたくさん話してくれます!

機関車は何分かに1度もくもくと蒸気をあげ、今にも出発しそうです。

黒い湖にかかる桟橋

湖にホグワーツ城がうつり込み美しい写真が撮影できること間違いなしです。

朝一か夜はあまり混雑していないので、ゆっくり撮影できます。

三本の箒のテラス席

黒い湖にかかる桟橋からも撮影できますが、こちらはもっと引いたアングルの湖とホグワーツ城全体を撮影することができます。

ハグリッドの石造りの小屋

ハグリッドの石造りの小屋は、フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフに並ぶ途中にあるので、アトラクションに並ばないと見ることができません。

ホグズミート村harrypotter2

緻密に再現された街並はただ歩くだけでも楽しいです!

夜は街頭や店舗のあかりにほんのり照らされた村全体は魔法界に本当に迷い込んでしまったかと錯覚してしまいます。

冬に訪れると雪が積もった屋根と寒さでより一層雰囲気が楽しめます。

やっぱり高い公式グッツ

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービデゥン・ジャーニー内での記念写真は2,800円と高いです。しかしドラゴンとの合成写真で、額縁もしっかりしているので、記念に1枚購入しても損はありません。

その他、オリバンダーの店の魔法の杖は1本3,800円、各種キーホルダー類は1,000円〜です。

それぞれのお店では、クレジットカードも使用できます。

エリア外にも多少グッツは販売されていますが、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター内でしか購入できないものも多いので、後悔のないようお買い物を楽しんで下さい!

まとめ

ハリーポッターの世界観が精巧につくられているので、どこで撮影しても絵になります。

昼と夜両方の雰囲気を存分に味わって下さい!

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション