フケの原因は乾性と脂性の2種類!改善方法やおススメのシャンプーは?

fuke

最近大人でもフケに悩んでいる人が多いんです。

実は、深刻な地肌トラブルかもしれませんよ。

フケは、ちょっとした心がけですぐに改善することが出来るんです。

また、今お使いのシャンプーがあなたに合っていないのも原因かもしれません。

まずは、自分のフケの種類を見分けて、シャンプーから見直してみましょう。

スポンサーリンク

フケの原因は?

フケの原因には、大きく分けて2種類が考えられます。

1つは乾性のもので、2つめは脂性のものです。

それぞれに治療法が異なります。

自分のフケがどちらにあてはまるか、見定める必要があります。

乾性のフケの原因

乾性のフケはパサパサしているのが特徴です。

乾燥性のフケは、頭皮の乾燥や荒れが原因です。

季節による空気の乾燥などで頭皮が乾燥し、すぐに剥がれてしまう状態です。

パーマやカラーリングなどで頭皮が痛んでいるときも、乾性のフケが出やすくなってしまいます。

また、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗いすぎも良くありません。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

皮脂は、頭皮の健康には欠かせないんです。

これが不足してしまうと、頭皮が乾燥し、フケの原因になってしまいます。

乾性のフケの対策は?

乾性のフケは、頭皮のターンオーバーが上手くいっていない証拠です。

ですから、シャンプーやシャンプーのやり方を見直すことによって改善します。

洗浄力の強いシャンプーには、界面活性剤の一種であるラウリル硫酸ナトリウムなどが含まれています。

現在使用中のシャンプーにこの成分が入っていたら、使用を辞めたほうがよいでしょう。

低刺激のアミノ酸系シャンプーに変えることをおススメします。

パーマやカラーリングなどもしばらく控えたほうがよいです。

バランスのとれた食生活を心がけ、頭皮にも十分栄養がいくようにして下さい。

頭皮の乾燥が改善されて、ターンオーバーが正常に機能すれば、フケは解消されますよ。

アミノレスキュー

アミノ酸系の洗浄成分で、頭皮を優しく洗い上げます。

8種類のアミノ酸が毛髪を守り、健康的な地肌に導いてくれます。

ミノン全身シャンプー

フケやかゆみだけでなく、敏感肌の人にも優しいシャンプーです。

脂性のフケの原因

脂性フケの原因は、頭皮の脂とマラセチア菌の増殖が原因です。

マラセチア菌とは、真菌の一種で、カビの仲間です。

マラセチア菌は、誰の頭皮にも存在する常在菌なんです。

ですから、この菌が悪さをしなければ、健康的な頭皮環境なんです。

しかし、このマラセチア菌は、皮脂が大好物なので、皮脂の分泌量が増えてしまうと、この菌も増えてしまいます。

マラセチア菌が増殖することで、頭皮のかゆみや炎症を起こしてしまいます。

脂性のフケの対策は?

高温多湿の日本の夏は、カビの発生が多くなりがちです。

頭皮に汗をかくことで、菌の増殖にも繋がります。

普段の洗髪で頭皮のよごれをしっかり洗い流すように心がけて下さい。

脂っこい食事やお酒の飲み過ぎも皮脂が増える原因です。

カロリーを取りすぎると皮脂が余分に分泌されます。

普段の食事をバランスよく取り、なるべく脂やアルコールを控えるようにして下さいね。

洗髪した後、塗れたまま寝てしまっていませんか?

マラセチア菌は高温多湿を好みます。ですから、しっかりドライヤーで乾かしてから寝るようにしましょう。

見落としがちなのが、普段使用している枕やブラシ、帽子などです。

いくら髪の毛を清潔に保っていても、普段使用しているものが不潔では、なかなか改善しません。

特に枕カバーは頻繁に洗濯することをおススメします。

脂性フケの方には、マラセチア菌を抑えてくれる抗真菌成分配合のシャンプーがおススメです。

コラージュフルフルネクスト

ミコナゾー硝酸塩という抗真菌成分が配合されています。

皮膚科でも、コラージュフルフルネクストをおススメされましたよ。

皮膚科医がおススメするシャンプーなので、安心して使用できますね。

フケを防止する洗髪の仕方や乾かし方は?

指の腹でやさしく洗う

ツメを立ててゴシゴシ洗ってしまうと、逆に頭皮が傷つく原因になります。

指の腹を使って優しく洗いましょう。

洗い方の目安は、美容室でシャンプーをしてもらう際に、美容師の方の力加減が目安です。

シャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

いくらしっかり洗っても、シャンプーが残っていれば、かゆみの原因になります。

しっかりとすすぐようにしましょう。

ブラッシングをする

ブラッシングは、頭皮の血行促進にも繋がります。

頭皮を傷つけない程度の力で優しく髪をとかしましょう。

ドライヤーでしっかりと乾かす

夏は、すぐ乾くからと乾かさずに寝てしまう方も多いですよね。

私もよく乾かさずに寝てしまいます。

ですが、マラセチア菌の増殖を防ぐ為にも、しっかりと乾かしてあげることが大切です。

生乾きのままだと、クセが残ってしまいますし、チリやホコリが髪の毛に付着する原因にもなります。

髪の毛が長いと、乾かすのにも時間がかかって面倒ですよね。

しっかりとタオルドライすることで、髪の毛を乾かす時間を短縮することができるんですよ。

ドライヤーは後ろから前に乾かすように心がけて下さい。

空気を送り込むように、手グシで地肌近くに指を入れながら乾かして下さい。

美容師の方がおっしゃっていたのですが、根元をしっかりと乾かしてあげることで、生え際の毛がしっかりたって、頭部がペシャンとならず、寝癖もつきにくくなるそうです。

まとめ

フケにも2種類あるなんて知りませんでした。

以前は、サラリーマンのおじさん達だけの悩みだと思っていたのですが、実は、女性にもフケの悩みを抱えている人って多いんです。

パーマやカラーリングを繰り返し行うことで、結構頭皮って痛んでるんです。

まずは、頭皮に優しいシャンプーに切り換えてみましょう。

毎日洗髪しているのに、フケがあるだけで、不潔に見えてしまいますよね。

健康な頭皮があってこそ、美しい髪の毛が栄えますよね。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション