ファンデーションは肌荒れの原因!優しさで選ぶならパウダーファンデ

foundation

メイクをする際に欠かせないものであるファンデーション。

けれどもファンデーションは肌に対して良くない影響を与えてしまうと言われています。

なぜファンデーションは肌にとって良くないのでしょうか?また、全てのファンデーションが肌に良くないのでしょうか?

スポンサーリンク

ファンデーションは何のために使うの?

化粧をする前には、ファンデーションを下地として塗ってから、上から重ねて化粧を行いますが、一説にはファンデーションの使用は肌荒れの原因になると言われています。

そもそもファンデーションはなぜしなければならないのでしょうか?

ファンデーションの目的は肌の小ジワやシミ、ニキビなどのムラを隠して、均一に見せる役割があります。

本来、肌にはシミやシワなどがあるので、普通の化粧をしても肌の色や見た目が均一に見えにくいものです。

しかし、顔全体にファンデーションを塗ることで、小さなシワや薄いシミを隠すことができるので、綺麗な肌に見せやすくなります。

ただし大きなシワや濃すぎるシミはファンデーションだけでは隠すことが難しいので、それらには専用の化粧をする必要があります。

ファンデーションは肌を荒らしてしまうのか?

ではファンデーションを塗ることで、肌に良くない影響を与えてしまうのでしょうか?

結論から言ってしまうと、ファンデーションを塗ることで少なからず肌に良くない影響を与えてしまいやすいです。

その理由には大きく2つあります。

界面活性剤

ファンデーションの中には「界面活性剤」という成分が含まれている商品があり、この成分によって肌にダメージを与えてしまいやすいと言われています。

界面活性剤は洗剤などに良く含まれている成分です。

界面活性剤の役割は水と油を混ざりやすくすることです。

「水と油の関係」の言葉があるように、この2つは本来混ざりにくいです。

しかし、界面活性剤を入れるとこの2つの成分が混ざりやすくなります。

洗剤に界面活性剤が含まれる理由は、服についた油を水に溶けやすくすることで、汚れを落としやすくするためです。

しかし、界面活性剤自体が刺激が強い成分ですので、肌に塗ってしまうと肌が反応してしまい、赤くなったりヒリヒリする原因にもなります。

また、界面活性剤が含まれているということは、化粧品の中に油が含まれている可能性が高いです。

肌に油を塗ることも、肌に刺激を与えることがあるので注意が必要です。

クレンジングの使用

ファンデーションそのものが肌に負担をかけることもありますが、ファンデーションを落とす際に用いるクレンジングで肌にダメージを与えることもあります。

クレンジングとは化粧を落とす際に使われるスキンケア化粧品です。

このクレンジングにも、多量の界面活性剤が含まれていることが多いので注意が必要です。

クレンジングで気をつけるべきことはクレンジング剤の種類です。

クレンジングには様々な種類があるのですが、その中には肌に強いダメージを与えてしまうものがあります。

例えばオイルクレンジングというものは、オイルの力を使って化粧を落とします。

当たり前ですが、肌にオイルを塗るのは肌にとって大変負担の大きい行為ですので、肌の刺激によってシミができやすくなる可能性は否定できません。

なぜ肌に負担の大きいクレンジングをする必要があるのでしょうか?

その理由は、クレンジングでなければ化粧をきちんと落とすことが難しからです。

肌に化粧が残ってしまうと、さらなる肌トラブルを引き起こす可能性があります。

さらに肌に負担の大きいクレンジングほど、洗浄力が強いという性質があります。

ですから、なかなか落ちない化粧に対しては、肌への負担に目をつぶってでも、洗浄力の強いクレンジング剤を使う必要があります。

肌に負担をかけやすいファンデーションの種類

ファンデーションにも色々と種類がありますが、その中には肌に負担をかけやすいものもあります。

肌に負担をかけやすいと言われているのが、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションです。

これらのタイプのファンデーションの中には少なからず水分が含まれています。

その水分をファンデーションの成分の油分と混ぜなければいけないので、これらのファンデーションには界面活性剤が含まれていることが多いです。

さらにその分ファンデーションが落ちにくいので、洗浄力の強いクレンジングを使う必要があります。

ただし、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはカバー力が高く、滅多なことでは落ちないので、汗をかく程度ではファンデーションが落ちることはほとんどありません。

肌に優しいファンデーションとしては、パウダータイプのものが多いです。

パウダータイプのファンデーションは水分がほとんど含まれていないので、ファンデーションの中に界面活性剤が入っていることは少ないです。

ただし、リキッドタイプなどのファンデーションと比べると落ちやすいので、注意が必要です。

メイクをする際にはファンデーションによる下地で、肌を綺麗に見せたいところです。

しかしファンデーションも化粧の1つですので、全く肌に影響がないわけではありません。

肌に優しければ良いというわけではありませんが、肌への影響が気になる人は、肌に優しいファンデーションを選ぶようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション