足の臭いは雑菌の繁殖が原因!清潔に保って予防しよう

foot-odor

夏場やブーツを履いている時には足の臭いが気になります。

自分の足の臭いには気づきにくいですが、他の人からは臭っている場合があります。

そうならないように足の臭いを予防することはできないのでしょうか?そもそもなぜ足が臭うのでしょうか?

スポンサーリンク

足の臭いの原因

靴を脱いだ時に臭いが気になることがありますよね?

特に夏場やブーツを履いた時にはその臭いも格段です。

なぜ足の臭いが生じてしまうのでしょうか?

足が臭う根本的な原因は細菌の繁殖です。目に見えないだけで、体の表面にはたくさんの菌が生息しています。

もちろん害のある菌は少ないのですが、菌の多くは湿った(湿度の多い)場所で繁殖しやすいという性質を持っていることがあります。

靴を履いていることの多い場合、足の通気性が悪くなってしまうので菌の繁殖に格好の場所になってしまいます。

また肌の成分である角質などは菌のエサになってしまうので、洗ってない足の菌も増殖しやすい傾向にあります。

つまり、足の菌を減らさなければいつまでも足が匂ってしまうということです。

足の菌が増殖しやすい原因には3つの要素が挙げられます。

足の問題は先ほど述べたように、きちんと洗っていないことが原因になりやすいです。

特に指の間は不潔になりやすいので、足の間までしっかりと洗う必要があります。

他の原因としては足から分泌される汗が挙げられます。

足の裏には汗腺がたくさん存在しており、緊張したりすると自律神経が興奮してしまって汗を分泌しやすくなります。

汗そのものは臭うことはほとんどないのですが、汗が菌に分解されると臭いを放出したり、足の湿度を上げる原因になったりするため、汗をかかないようにしなければいけません。

足の湿度が上がると臭いの原因となるだけでなく、白癬菌(水虫)の原因となり、かゆみなどを生じる可能性があります。

靴が原因となる場合のほとんどが、長時間靴を履き続けてしまうことです。

靴を履くと足の通気性が落ちてしまうので、足の湿度が上昇しやすくなります。

特にブーツなどの靴は空気を入れ替える穴が付いていないことが多いので、蒸れやすい代表的な靴です。

当たり前ですが、毎日同じ靴を履くことでも臭いを生じやすくなります。

靴を脱いでも靴の中の菌がすぐに死滅するわけではありませんので、菌が死んでしまう前に再度履いてしまうと、再び菌が増えてしまうのです。

また自分の足のサイズに合っていない靴を履くこともよくありません。

特に小さいサイズの靴を履いてしまうと足が緊張してしまうので、汗をかきやすくなってしまいます。

靴下

足と靴の間に挟まれている靴下も臭いの原因になります。

靴下は足の汗を吸収する役割がありますが、長時間同じ靴下を履いたままだと足の水分がなくならないので、菌が繁殖しやすくなります。

また、靴と同じように通気性が悪い靴下も臭いの原因になります。

通気性の悪い代表的な靴下は「ストッキング」です。ストッキングをいつも履いている人は足の臭いに注意しなければいけません。

足の臭い対策

では足の臭いを予防するにはどのような方法をとらなければいけないでしょうか?

臭いの予防には、原因の項で挙げた「足」「靴」「靴下」の3点に気をつける必要があります。

「足」で気をつけることは、定期的に足を洗うことです。足の菌を洗い落としていれば、臭いを生じることは少ないです。

顔などと違って、足は乾燥している場合の方が臭いもしにくいため、保湿に気を使う必要性が薄いです。

ですから、石鹸を使って足の間までしっかりと洗うことが足のケアで大切です。

また、入浴後には足の間の水気が残りやすいので、足の水分がなくなるまできっちりと拭きあげましょう。

靴で気をつけることは、靴を履き続けないことです。

靴を履き続けるのは足の臭いを生じる大きな原因となりますから、できるだけ毎日違う靴を履いて、定期的に脱ぐようにして下さい。

どうしても靴を履き続けなければいけない場合には、通気性のいい靴を履きましょう。

夏場はクロックスやサンダルなどを履くことで、足の蒸れやすさを軽減することができます。

靴下で気をつけるポイントは、汗をかいた場合に違う靴下に履き替えることです。

夏場は特に汗をかきやすいので、替えの靴下を用意しておくことをオススメします。

また、指ソックスを履くことで足の汗を吸収しやすくなります。

臭いを抑える他の方法には「ミョウバン水」があります。

ミョウバンには足の汗分泌を抑える効果があるほか、臭いの成分を分解することによって臭いが軽減されやすいと言われています。

ミョウバン水は薬局などで売っていることもありますし、ない場合にはミョウバンを水に溶かすだけで簡単に作ることができます。

ただし、ミョウバンは肌に合わない人もいるようですから、ミョウバンを使って肌がかゆくなったり、赤くなったりした場合には使用を中止してください。

消臭のためにデオドラント剤も販売されていますが、それらの製品には菌を殺す作用がないことがあり、根本的解決にはなりにくいです。

ですから、もしもデオドラント剤を使う場合には菌を減らすようなものを使うようにしましょう。

自分の足の臭いは気づきにくいので、普段から気を使う必要があります。

特に夏場は汗をかきやすいので、定期的に靴を脱いだり、靴下を履き替えたりする工夫が必要になります。

ミョウバンを使うなどの方法でも臭いを弱くすることができますから、臭いに気を使う人は注目してみましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション