洗顔料は泡立てしないとダメ?その理由を解説します

foam

洗顔料は洗顔する際にとても使い易いスキンケア商品の一つです。

洗顔料にも幾つかタイプがあり、その中でも泡タイプの洗顔料が使われることが多いです。

ただし、泡タイプの中には自分で泡を立てるものもあり、その時に綺麗に泡を作ることができなかったらどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

洗顔料を使う理由

洗顔を行うときに、洗顔料を使う人も多いと思います。

洗顔料には色々とタイプがあり、泡がそのまま出てくるタイプのものもあれば、自分で泡立ててから使うタイプの洗顔料もあります。

自分で泡立てる洗顔料タイプは泡立てるのがめんどくさかったりして、泡立てずに使いたくなる時がありますが、このようなタイプの洗顔料は泡の状態でなければ意味がないのでしょうか?

そもそも洗顔料を使うと肌にとってどのような影響があるのでしょうか?

洗顔料を使う目的としては、肌の汚れを落とす力を増強させるためです。

日々の生活の中で、肌にはホコリなどのゴミがたくさん付着しています。

洗顔によってこれらのゴミを落とすのですが、洗顔料を使うことでより多くのゴミを落とせるようになります。

また、肌に付着するものはホコリのようなゴミだけではありません。肌からは皮脂という油のようなものが分泌されています。

皮脂が肌を覆うことで肌からの水分の蒸発を抑えることができ、肌の潤いを保つことができるのですが、皮脂をそのままにしておくと肌にとって良くありません。

皮脂は肌の表面に存在している角質と混ざり合って角栓になります。

角栓は皮脂腺の中で固まってしまい、毛穴内部の皮脂腺から分泌される皮脂が外に出れなくなってしまいます。

その皮脂が毛穴に詰まったままだと、皮脂が酸化してしまうので炎症を起こしてしまいニキビの原因になる可能性があります。

洗顔料の多くには「界面活性剤」という成分が含まれています。

この成分は水と油を混ぜる作用があるので、油のような皮脂を洗顔によって落としやすくします。そのため、皮脂を落とすには洗顔料を用いたほうがしっかりと落とすことが可能です。

洗顔には古くなった肌の細胞を洗い落とす効果もあります。肌には「ターンオーバー」という機能があります。

肌は何層も重なって細胞が存在しており、古い細胞は徐々に上層の方に押し出されます。

最終的に古い細胞は肌表面にまで押し上げられ、剥がれていくのですが、洗顔料はその古くなった細胞が落ちることを手助けします。

古い細胞がなくなることで、細胞が重なっている下のところでは新しい細胞が作られていくのです。

つまり、洗顔を行うことで肌細胞の入れ替わりを促進することができ、古い細胞が肌に残らなくなるように働きかけます。

洗顔料は泡立てないとダメ?

洗顔料は泡立てないと効果がないのでしょうか?

泡が出てくるタイプの洗顔料は良いとして、自分の手で泡を作るタイプの洗顔料もあります。

自分で泡を作るタイプの洗顔料は、できるだけ泡を作ったほうが洗顔の効果が期待できます。

泡のメリットとしては肌に優しいことと、肌の細かいところにまで洗顔料が行き届くということです。

泡は肌を滑っていくため、肌に摩擦を起こすことが少ないです。

肌に摩擦が生じると、肌の表面を傷つけてしまい様々な肌トラブルの原因になりかねません。泡による摩擦は小さいので、肌への影響をあまり考えずに用いることが可能です。

また、表面の肌以外にも、毛穴の中にも角栓や汚れがたっぷりと詰まっています。

液体タイプの洗顔料では毛穴の中まで入れない可能性があり、汚れを落としきれない場合があります。

泡タイプの洗顔料ならば、泡が毛穴の中にまで入り込み、汚れや角栓を落としやすくします。そのため。

泡タイプの洗顔料の方が肌の汚れをより落とせる可能性が高いと言えるでしょう。

泡立てる時のポイント

では泡立てるタイプの洗顔料を用いる際に、どうすれば泡が立ちやすくなるのでしょうか?

まず、水と洗顔料の比率が適切でなければいけません。

洗顔料が多すぎると泡が立ちにくくなってしまい、逆に水が多すぎると洗顔料が薄くなりすぎてしまい、泡が緩くなってしまいます。

洗顔料ごとに水との比率は決まっていることが多いので、決められた比率を守るようにしましょう。

その他のポイントとしては、手のひら全体に洗顔料を広げ空気を入れるようにして泡立てることです。

泡ができない時にできていないことの多くは、洗顔料の中に空気を入れることができていないことです。

泡の中身は空気です。

ですから、洗顔料と空気をかき混ぜるような感覚で泡立てると、泡が立ちやすくなります。

それでも泡が立たない場合には、百均などで売っている洗顔ネットを使うのも効率がいいです。

洗顔ネットを使うことで、泡立てるのが苦手な方でも泡を立てることが可能になります。

ただし洗顔ネットには様々な網目の大きさのものがあります。

網目が大きすぎると、生じる泡も大きなものになってしまうので、できれば網目の小さいものを選んだ方が、きめの細かい泡を作りやすくなります。

洗顔料を用いた方が、洗顔は格段にしやすくなります。

特に泡タイプのものは毛穴など小さなところにまで入り込みやすいので、できれば泡タイプの洗顔料を使いたいところです。

ただし泡タイプのものを使用するときには、しっかりと泡ができなければ効果が期待しにくいです。

きめの細かい泡を作り、肌の汚れを落としきるようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション