会場装花の費用って?節約の仕方やイメージを上手に伝えるコツは?

flower

結婚式の会場を華やかに演出してくれる、お花って重要なアイテムです。
お花やテーブルクロスは、式全体のイメージ作りに欠かせない存在です。
しかし、お花を注文したり、業者の方にイメージを伝えるのって難しいですよね。
それに、できるだけ安く抑えたいというのが、本音です。

スポンサーリンク

結婚式の会場装花の相場は?

使用するお花の量で変わってきます。

メインテーブル装花

新郎新婦が着席するメインテーブルは、4万円~10万円が相場です。
使用する花やボリュームで変わってきます。
また、テーブル全体を飾るか、テーブルの中央付近だけを飾るかによって費用にもずいぶん差がでてきます。

ゲストテーブル装花

5,000円〜2万円程度です。

使用する花瓶や花によって費用が変わります。

テーブル数を安易に増やしすぎると、費用も増えます。

ウエディングケーキ装花・ナイフ装花

5,000円〜3万円程度です。

ケーキ入刀の時に見栄えがよくなります。

ケーキカットのナイフ装花は、3,000円〜です。

受付装花

5,000円〜2万円程度です。

受付装花を、受付をしてくれた方にプレゼントすることもできます。

チャペル装花

チャペル装花は、造花が多く、大半は挙式料に含まれています。
こだわって生花にしてしまうと、有料になります。

花嫁ブーケ・ブートニア

相場は3万円~5万円です。

花婿のブートニアは、花嫁のブーケと同じ花を使用する場合は、花嫁のブーケ代に含まれていたりします。

また、花嫁のブーケとは別にブーケトスを行う場合は、トス用のブーケも準備しなければなりません。
トス用は、5千円~1万円程度です。

最近は、花婿のブロッコリートスを行う式場も増えてきました。

花嫁のブーケトスは、幸せのおすそわけとして行いますが、花婿のブロッコリートスは、子孫繁栄の意味合いがあります。

キャンドル装花

1万円〜3万円程度です。キャンドルサービスの費用に含まれている場合もあるので、プランナーさんに確認して下さい。

髪飾り用装花

1本500円〜です。

使用する本数によって変わってきます。

また、生花だと外の撮影時にしおれてきたりします。

必ず予備の生花を準備してもらうことをおススメします。

装花の節約方法は?

お花を指定すると、割高になってしまいます。
ですから、「白:緑の割合を6:4でナチュラルな感じに飾って下さい」と言った具合に、色や雰囲気だけだと、安く抑えることができますよ。
また、冬なのに、夏の花を使ったり、秋なのに、桜を使って欲しいなど、無茶な要望をすると、高くなります。
やはり、結婚式の季節の花を使ったほうが仕入れやすく、会場装花も安くし上がります。

会場装花は、一気に業者が花を仕入れるため、キャンセル出来ません。
予算がオーバーしたからといって、後で花を減らしたりできないんです。
ですから、必ずはじめから装花の予算を式場側や業者さんに伝えておくことが大切です。

会場装花や花嫁のブーケ等は写真写りの為に生花が良いですが、受付やロビーは、造花でも構わないと思います。
すべて生花にこだわりすぎなくても、ゲストはさほど気にしません。

季節のイメージに合わせた装花

それぞれの季節には、その季節に合わせた色があります。
会場装花をどんなイメージで頼めばいいか分からないという人は、参考にしてみて下さい。

パステル調 ピンクや緑、ラベンダーや淡い色
芍薬、バラ、ライラック、桜

パステル系のかわいらしい感じや、グリーンを取り入れると、春らしい爽やかな雰囲気に仕上がります。

鮮やかな色彩 黄色や青、水色
アジサイ、ひまわり

ビタミンカラーを取り入れると、夏らしいハツラツとしたイメージに仕上がります。

深みのある暗色系 橙色や茶色
ダリア、コスモス

深みのある色を多様することで、全体的に大人っぽいイメージになりますよ。

灰色がかった中間色 赤、シルバーグレイ、金
ポインセチア、アマリリス
12月の結婚式であれば、クリスマスカラーをテーマカラーにしてもよいですね。

カーネーション、トルコキキョウ、ガーベラは年中手に入りやすく、安価なのでおススメです。

和風の装花にしたい

朱赤やオレンジなど大輪のダリアや竹を使うと和の雰囲気が出ます。
ボンボン菊を使ったアレンジも人気です。

折り紙を一緒に飾ったりすることで、ボリュームが出ますよ。

プランナーさんや業者の人に上手にイメージを伝える方法は?

装花の業者の方は、これまで行った結婚式の装花制作の写真を見せながら打ち合わせしてくれます。

装花の業者の方もプロです。イメージや予算に応じていろいろな提案をしてくれます。

ですから、あまり心配する必要はありません。

しっかりイメージを伝えるために、写真の切り抜きや花の専門誌、インターネットからとった画像をプリントアウトしておくと、伝わりやすいですよ。

メインテーブルの装花は、金額に応じて花を使う量が変わってきます。

ですから、「このくらいの費用だと、どのくらいのボリュームになりますか?」と聞いてみて下さい。

メインテーブルが貧相だと、装花をケチったなと思われてしまいますよ。

結婚式後の装花

豪華な会場装花を1日だけしか使用しないのはもったいないですよね。
ですから、装花の打ち合わせ時に、会場装花をミニブーケにして、来客にプレゼントできるかどうかを確認して下さい。
基本的に、結婚式後に配られるのが普通ですが、頼んでおかないとサービスをしてくれなかったりします。

ゲストテーブルは、必ずしも装花にしなければならないという決まりはありません。
以前招待された友人の結婚式は、ゲストテーブルは果物の飾り付けでした。
果物の飾り付けは珍しく、話題になりました。

他とは違った演出をしたいという方は、プランナーさんに相談してみて下さい。

まとめ

花を指定せず、業者におまかせすると、費用内で抑えることができますよ。

グリーン系の葉っぱは、爽やかに見えますし、生花に比べて安価です。

ウェルカムボードやウェルカムリースも会場装花に合わせて作ると、全体的に統一感が出ますよ。

自分の想像したイメージをプランナーさんや業者の方に上手に伝えられる工夫をして、納得のいく結婚式を挙げて下さいね。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション