なせ洗顔は必要なの?ニキビ予防の洗顔に最適な回数は?

face-wash

洗顔を行うと、さっぱりして気持ちがいいです。

しかし、洗顔は、なぜ必要なのでしょうか?

洗顔の適切な回数や洗顔で気をつけるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ洗顔は必要なの?

肌のホコリやごみ、余分な皮脂を取り除く為

洗顔をする大きな理由は、肌にある異物を取り除くことにあります。

皮膚には、毛穴が存在している為、ホコリやごみが毛穴に詰まると炎症の原因になってしまうのです。

洗顔をする際に使用する洗顔料には、皮脂を分解する成分が含まれています。

洗顔は、顔のホコリやごみを取り除き、余分な皮脂を落とす為に必要なのです。

ニキビ予防の為

皮脂は、毛穴にある皮脂腺から分泌され、肌の水分蒸発を防ぐ役割を担っています。

しかし、肌に皮脂が多く存在していると、皮脂が毛穴の中に詰まってしまい、ニキビの原因になってしまうのです。

ですから、洗顔で肌の余分な皮脂を取り除くことで、ニキビ予防に繋がります。

肌のターンオーバーの活性化の為

肌には、古くなった細胞を剥がし、新しい細胞を作るターンオーバーという機能が備わっています。

洗顔によって、肌の古い細胞を洗い落とし、ターンオーバー機能を活性化することが出来るのです。

その結果、肌の代謝を上げることが出来ます。

洗顔のし過ぎは良くないって本当?

肌には、セラミドやNMF(天然保湿因子)といった水分を溜める部分があり、肌を保湿する働きがあります。

セラミドやNMFには、他にも肌の中に異物が入ることを防ぐ、肌のバリア機能の役割も果たしているのです。

洗顔をし過ぎると、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌になってしまいます。

また、乾燥肌が長期間続くと、肌が余分に皮脂を分泌するようになってしまい、今度は逆にオイリー肌になってしまう恐れがあるのです。

洗顔のし過ぎで、肌のバリア機能が低下してしまうと、ニキビや肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

洗顔を行う適切な回数は?

洗顔を行う回数は、朝と夜の1日2回が適切。

洗顔の回数が少なくてしまうと、肌に残るホコリやごみ、皮脂を除去しきれません。

また、洗顔の回数が多すぎると、皮脂を落とし過ぎてしまう可能性が大きくなります。

洗顔を行うタイミングも大切。

洗顔を行うタイミングは、朝と夜がベストです。

朝に洗顔を行う理由は、夜寝ている間に分泌されたホコリやごみ、皮脂を落とす為に行います。

人は寝ている間にも、大量の皮脂を分泌しているのです。

朝起きた時に、肌の乾燥が気になる場合は、ぬるま湯での洗顔がオススメ。

朝、肌が脂っぽいと感じた場合は、洗顔料を用いて洗顔しましょう。

皮脂が顔に残っていると、化粧ノリが悪くなる原因になってしまいます。

夜洗顔を行う理由は、昼間分泌された皮脂を取り除く必要があるからです。

皮脂は、水で洗い流すことは出来ません。

洗顔料を使用し、しっかりと昼間の皮脂を洗い落としましょう。

洗顔の際に気を付けるポイント

力を入れすぎない

洗顔の際に手に力を入れすぎてしまうと、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

力の入れ過ぎは、肌のバリア機能も破壊してしまう可能性があるので注意が必要です。

洗顔の際は、手で擦るように洗うのではなく、泡で顔をなでるように優しく洗いましょう。

洗顔料をしっかりと洗い落とす

洗顔料の洗い落としが不十分だと、洗顔料が肌を刺激してしまい肌トラブルの原因に。

洗顔料は刺激の強いものが多いので、顔の隅々まで洗い、泡が残らないようにしましょう。

化粧水・乳液による保湿

洗顔後の肌は、非常に乾燥しています。

肌の乾燥を防ぐ為、化粧水や乳液による保湿が大切です。

化粧水だけでは、逆に乾燥しやすくなってしまうので、乳液で肌に蓋をし、肌の水分蒸発を防ぎましょう。

洗顔は、顔の汚れを取るだけでなく、ニキビ予防にも効果的。

しかし、洗顔をし過ぎたり、ゴシゴシ洗うのは、肌に負担をかけてしまいます。

肌にダメージを与えない、優しい洗顔を心がけましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション