青クマ・黑クマ・茶クマの原因と治し方

eye-of-the-bear

目の下にできやすいものといえば、クマがあります。

寝不足の時にはクマを作りやすいと言いますが、寝不足以外の時でもクマを生じることがあります。

それはクマにも様々な種類があるからです。ここではクマの種類と原因、それぞれのクマの解消法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

目の下にできるクマの種類

目の下にできるクマは、なかなか消えずに悩ませることがよくあります。

実はクマには幾つか種類があり、それぞれ原因や解消法が異なります。

ここではクマの種類についてご紹介いたします。

青クマ

目の下が青く見えるようなクマができることがあり、このようなクマを「青クマ」と呼びます。

青クマができる原因は肌の血行不良です、肌の下には血管が豊富に存在しています。

特に目の下の皮膚は他に比べて薄いので、血流が滞ることによる影響が出やすいのです。

血行不良の起こる原因は生活の乱れが多いです。

特に寝不足は血行を妨げる要因になるので寝不足が続いた日には目の下にクマを作ってしまいがちです。

それ以外にもストレスが長く続くと目の下の血行が不足しやすいので、注意しなければいけません。

茶クマ

茶クマはシミやくすみが原因で生じます。

シミやくすみは主に紫外線が原因で作られます。

紫外線が肌に当たると、肌の内部でメラニンが合成されます。

メラニンが肌に蓄積すると、肌が少しずつくすんでしまい、最後にはシミとして肌に残ってしまうのです。

メラニンの産生は紫外線によるものだけではありません。

特に目の下の部分は肌がとても薄いので、化粧やクレンジング、目をこすることが肌にとって大きな負担になってしまい、メラニンが沈着する原因になることがあります。

目の周りは大変デリケートですので、できるだけ優しく触ってあげるようにしましょう。

黒クマ

黒クマの原因は肌のたるみです。

肌がたるんでしまうと、肌の重なりを作ってしまうので影になる部分を生じることで肌が黒く見えてしまうことがあります。

たるみが生じるのは紫外線や擦ったりなどの機械的刺激によるものが挙げられますが、その他に女性ホルモンの減少が考えられます。

女性ホルモンは女性の体内に豊富に存在しています。

このホルモンは肌に存在している繊維芽細胞にコラーゲンを産生するように働きかけます。

コラーゲンは肌の内部で肌を支える役割を担っているので、女性ホルモンがコラーゲンの産生調節を行うことが多いです。

年齢を重ねると、次第に女性ホルモンの量が減少していきます。

特に4〜50代の頃には女性ホルモンの分泌がほとんどなくなります。

すると体内でコラーゲンの合成量も減少してしまい、肌がたるんで黒クマを作ってしまうことがあります。

ですから、年齢を重ねると黒クマはできやすいと言えるでしょう。

目の下のクマに効くスキンケア

ここまでクマの種類別に原因を考えてきましたが、目の下のクマをなくすためにはどうすればいいのでしょうか?

目の下のクマが生じる原因は様々ですから、クマをなくすためのスキンケアも原因別に考えなければいけません。

青クマ

青クマをなくすためには、血行不良を改善する必要があります。

睡眠不足を感じているならば最低6時間は寝るようにしましょう。

ストレスを溜めているのでしたら、定期的にストレスを解消したり、リラックスできるような何かを見つけるようにしましょう。

また青クマには目の下のマッサージが有効です。

マッサージは肌の血流を良くする効果を得られやすいので、目の下の血流を増やすことができます。

目の下の部分を指で軽く押さえるだけでも、血流改善が期待できます。

あまり強く擦ったりするとクマを作る原因になるので気を付けましょう。

茶クマ

茶クマはシミやくすみが原因です。

ですから、シミやくすみを改善するようなスキンケアが有効です。

シミを改善するにはピーリングによって、メラニンを排出しやすくする必要があります。

ピーリングとは肌の細胞を薄く剥がすことで、ターンオーバーを促進する作用があります。

それ以外にもビタミンCなどはシミを薄くする可能性があると言われています。

化粧水に含まれていることがあるので、積極的に化粧水を塗ることをお勧めします。

黒クマ

黒クマはたるみが原因です。

ですから、黒クマを防ぐにはたるみを解消しなければいけません。

たるみはコラーゲンの不足によって生じるので、コラーゲンを増やすように肌に働きかける必要があります。

ビタミンC誘導体やレチノールなどはコラーゲンを増やすように肌に働きやすいと言われています。

これらの成分も化粧水などに含まれていることがあるので、できるだけ肌に化粧水をつけた方がいいでしょう。

ただし、黒クマは他のクマよりも解消することが難しいです。

たるみは解消よりも予防に重点を置いた方が防ぎやすいので、たるみの原因となりやすい紫外線や物理的刺激にしっかりと対策をするようにしましょう。

目の下のクマを引き起こすものは原因がたくさんあるので、自分のクマがどれであるか確かめる必要があります。

クマの色からだいたい判別することもできますが、それでもわからない場合には皮膚科などで相談してみるのも良いかと思います。

クマのないきれいな肌を目指してスキンケアを頑張ってみましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション