国際結婚で複合姓(ダブルネーム)変更の必要書類は?ポイントは申請理由の書き方!

double-name

海外に興味を持ち、留学やワーキングホリデーを利用する若者が増えています。

また、漫画やアニメの影響から日本に興味を持ち、滞在する外国人も増加傾向。

今や国際結婚も珍しくない時代です。

しかし、国際結婚する場合は、苗字を配偶者の外国姓にするか、複合姓(ダブルネーム)もしくは日本姓のままなのか選択しなければなりません。

複合姓(ダブルネーム)への変更手順や申請理由について解説していきます。

スポンサーリンク

国際結婚の場合の姓の選び方

国際結婚の場合、苗字は以下の3つから選ぶことが出来ます。

  1. 配偶者の外国姓にする
  2. 配偶者の外国姓+日本姓にする
  3. 日本姓のまま(旧姓のまま)

配偶者の外国姓にする

市役所で婚姻届け提出の際に、「外国人との婚姻による変更届け」を提出することで、配偶者の外国姓に変更出来ます。

もし、婚姻届提出までに決められなかった場合は、6ヶ月以内であれば、市役所での変更が可能です。

しかし、6ヶ月を過ぎてしまうと、居住地の家庭裁判所へ氏の変更申し立てを行わなければならず手間がかかります。

出来れば、婚姻届け提出までに、苗字をどうするか話し合っておきましょう。

配偶者の外国姓+日本姓にする

配偶者の外国姓+日本姓にしたい場合は、居住地の家庭裁判所へ氏の変更申し立てを行う必要があります。

日本姓のまま(旧姓のまま)

日本人同士の結婚の場合、夫または妻の苗字のどちらかを選ばなければなりません。

しかし、国際結婚は、婚姻届けを提出しただけでは、日本姓のままで、夫婦別性になります。

複合姓(ダブルネーム)とは?

外国人配偶者の姓と日本人の姓を両方苗字として保持することを複合姓(ダブルネーム)といいます。

海外では、国によって複合姓や夫婦別性が簡単に認められています。

しかし、日本では、民法によってどちらかの氏を選ばなければならないという認識が強く残っており、たとえ国際結婚であっても複合姓への変更は難しいのです。

複合姓(ダブルネーム)に必要な書類

複合姓(ダブルネーム)に必要な書類は以下の通りです。

  • 氏の変更許可の申請書
  • あなたの戸籍謄本
  • あなたと配偶者両方の記載がある住民票
  • あなたの身分証明書(免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 印鑑
  • 収入印紙
  • 切手
  • 配偶者の在留カードのコピー
  • 配偶者のパスポート
  • 複合姓を利用している証拠となるもの

氏の変更許可の申請書は、こちらからダウンロード出来ます。

書式の記入例を参考に記入しましょう。

家庭裁判所によって、微妙に提出書類が異なることがあります。

複合姓(ダブルネーム)に必要な書類は、居住地の家庭裁判所に予め確認しておきましょう。

切手や収入印紙は、家庭裁判所内にある売店で購入可能です。

複合性を利用している証拠となるもの

複合姓に変更になる前なのに、複合姓を利用している書類の提出は矛盾しています。

しかし、複合姓へと変更する為には、すでに複合姓を日常的に使用しているという証拠が必要なのです。

郵便物や年賀状、会社での書類など、複合姓を利用している書類を集めましょう。

日付が入っていて、長期的に複合姓を利用していることが分かるものが望ましいです。

最も重要なのは、氏の変更理由

複合姓(ダブルネーム)への変更は、簡単には認めてもらえません。

ですから、氏の変更理由をしっかりと考えて記載する必要があります。

例えば

  • 将来、配偶者の国へ移住の際に、複合姓でなければ支障が出る
  • 結婚後、複合姓を数年利用している
  • 子供に両方の姓をついで欲しい

などです。

氏の変更理由があいまいだと、家庭裁判所で申し立てを行っても却下される可能性があります。

ですから、なぜ複合姓でなければ困るのかということを、しっかりと説明しなければならないのです。

複合姓(ダブルネーム)への変更手続き方法

居住地の家庭裁判所へ書類を提出する

複合姓(ダブルネーム)に必要な書類が集まったら、居住地の家庭裁判所へ書類を提出します。

郵送でも書類の提出は可能ですが、面接日の予約や書類のチェックが行われる為、出来れば家庭裁判所へ直接出向きましょう。

面接日に家庭裁判所へ出廷する

直接、家庭裁判所の裁判官と話すことはありません。

裁判官とあなたの間に立って話を聞いてくれる面接官がいるのです。

その面接官に、すでに提出した書類の説明、複合姓にしたい具体的な理由を説明し
ます。

面接官によって、いろいろな質問がされるので、それに答える準備もしておきましょう。

面接官の聞き取りが終わると、面接官が裁判官へと、聞き取り内容を報告しに行きます。

結果は、後日書面にて郵送となる為、その日に判決が出ることはありません。

複合姓が認められたら

面接後、1ヶ月くらいで「氏の変更申し立てが認められた」という旨の許可審判書が送られてきます。

その書面に相違がなければ、署名捺印し、裁判所へ返送すると、2週間後に確定証明書が届きますよ。

許可審判書と確定証明書、あなたの戸籍謄本を居住地の市町村役場へ持って行き、氏の変更手続きを行うと、戸籍の名前が複合姓へと変更されるのです。

住民票は、複合姓の反映に2〜3日、戸籍は反映までに1週間程度時間がかかります。

日本で複合姓が認められるには

複合姓は、日本では、まだまだなじみがありません。

ですから、家庭裁判所で許可される為には、複合姓にしなければいけない明確な理由が必要です。

また、複合姓を日常的に利用しているという証拠も重要。

それらを集めることが出来て、面接官に上手く説明出来れば、複合姓が認められる可能性がありますよ。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション