W洗顔は汚れ落ちのためには必須!ケアでダメージの回復を

double-cleansing

化粧をした日には肌が汚れている感じがして、クレンジングと洗顔のW洗顔をすることが多いですよね。

けれどもW洗顔をすることで、肌に大きな負担をかけてしまうという話もあります。

では負担になるからという理由で、W洗顔をしない方がいいのでしょうか?

それとも肌への負担を上回るメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

クレンジングや洗顔はなぜ必要なの?

スキンケアの一つとして、毎日洗顔を行っていると思います。

しかしメイクをした日には洗顔だけでは物足りない気がしてクレンジングを行うことも多いでしょう。

けれども、洗顔とクレンジングの両方を行ういわゆる「W洗顔」は肌に負担をかけてしまうという噂があります。

これは本当のことでしょうか?

まずそもそも、クレンジングや洗顔はなぜ行うのでしょうか?

クレンジングを行う理由は肌の化粧をしっかりと落とすことです。

化粧をずっとしていると、化粧が酸化してしまい肌に強い刺激を与えてしまいます。

その刺激によって様々な肌トラブルが起こりやすくなってしまうので、化粧をした後には綺麗に落とす必要があります。

クレンジングには化粧を落とす成分が豊富に含まれていますので、肌をこすることなく化粧を落とすことが出来ます。

洗顔を行う理由としては、肌に存在している異物を洗い流すことです。

日々の生活によって肌にはごみやホコリなどの小さな物質が付着してしまいます。

洗顔をすると、小さなごみまで取り除けやすいので、肌を綺麗にすることが出来ます。

また、肌は定期的に細胞を入れ替えますが、古くなった細胞は表面から剥がれ落ちていきます。これを「ターンオーバー」といいます。

洗顔をすることで古くなった細胞を剥がしやすくなるので、肌のターンオーバーが活性化することが出来ます。

洗顔やクレンジングが肌に負担を与える理由

クレンジングや洗顔を行うことによって肌を健康に保ちやすくなりますが、方法を間違ってしまうと肌に負担をかけてしまいます。

まず知っておいて欲しいこととして、種類によってはクレンジングは肌に強い刺激を与えてしまいます。

特に注意するものとしてはオイルタイプのクレンジングです。

このタイプのクレンジングは肌にオイル(=油)を塗ることで、油を多く含んでいる化粧を落としやすくします。

クレンジングの中では洗浄力の強いものに分類され、落としにくいとされるウォータープルーフ系の化粧品などでもしっかりと落とすことが出来ます。

しかし肌にオイルを塗るというのは、肌にとって大変刺激を受けてしまいやすい行為です。

ですから、毎日オイルタイプのクレンジングを行うことはオススメできません。

洗顔には「界面活性剤」という成分が含まれていることが多いです。

これは油などを分離する作用があります。

界面活性剤があることで、クレンジングの洗い残しを肌から落とすことが出来ますが、肌の「皮脂」まで落としてしまいます。

皮脂とは体が分泌する油の一種です。

肌には水分が豊富に含まれていますが、何もしなければ少しずつ水が蒸発していきます。

そうならないように、皮脂が肌をコーティングすることで不必要な蒸発を防いでくれているのです。

界面活性剤には皮脂まで落としてしまう作用があるので。

洗顔をし過ぎてしまうと必要な皮脂まで足りなくなってしまい、肌が乾燥しやすくなります。

W洗顔は肌にダメージを与えますか?

確かにW洗顔をすることで肌はクレンジング、洗顔両方によるダメージを受けてしまいます。

ですから肌の弱い人はW洗顔を避けた方が良いと言われています。

しかし、肌が弱くない場合にはW洗顔をした方が良いです。

なぜならクレンジングと洗顔は落とす対象が異なるからです。

上でも述べましたが、クレンジングは化粧を落とすために行います。

普通の洗顔にはメイク落としの効果がそこまで期待できないので、肌に化粧が残ってしまう可能性があります。

洗顔はごみやホコリを落とすのを目的にしているので、小さな泡が毛穴まで綺麗にしてくれやすいです。

クレンジングでもある程度肌のごみは落とせますが、毛穴の汚れまで綺麗にすることは難しいでしょう。

このようにW洗顔は落とす対象が異なっているので、肌を綺麗にするためには両方とも行った方が良いです。

もちろん、肌へのダメージは最小限にする工夫が必要です。

たとえばクレンジングの場合、化粧の濃さによって使用するクレンジングを変更することがあります。

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは、オイルタイプのクレンジングよりも洗浄力は落ちますが、肌に対する刺激は少ないです。

ですからベースメイクのみ化粧をした時や、薄くしただけの場合にはこれらのクレンジングを使う方が肌にとって優しいといえるでしょう。

また目や唇など特定の場所にたくさんメイクしているときには、その部分だけ軽くクレンジングしておくのも効果的です。

クレンジングの基本は不必要に洗浄力の強いものを選ばないことです。

洗顔の場合には、洗い方に気を配る必要があります。

強い力でこすったり、洗い残しを作ったりすることで肌にダメージを与えてしまうことがあります。

そうならないよう、正しい洗い方で洗顔を行ってください。

また最近ではクレンジング成分を含んでいる洗顔料も販売されているので、このような洗顔料を使うことでW洗顔の代わりにすることが可能です。

メイク汚れがあるときにはクレンジングを行い、しっかりと落とすことが大切です。

クレンジングと洗顔の効果的な方法を知り、シワやシミのない綺麗な美白を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション