カフェインが妊婦や胎児に与える悪影響は?美味しいカフェインレス飲み物!

decaffeinated

妊娠中は、お酒やタバコだけでなくカフェイン摂取も好ましくありません。

カフェインを摂取しすぎると、母体や胎児にどのような影響が出るのでしょうか。

妊娠中のmocologスタッフおススメの美味しく飲めるカフェインレス、ノンカフェイン、デカフェの飲み物をご紹介します。

スポンサーリンク

カフェインが母体や胎児に与える影響は?

母体に与える悪影響

睡眠が浅くなる

カフェインには、眠気を覚ましてくれる覚醒効果があります。

仕事中にカフェインを摂取することで、作業スピードが上がったり、集中出来るようになるのです。

しかし、カフェインには、中毒性があり過剰に摂取してしまうと神経が過敏になり、睡眠障害が出ることも。

特に妊娠中は、睡眠が浅くなりがちです。

質の良い睡眠を取る為にも、カフェインの摂取量に気をつけなければなりません。

骨粗鬆症のリスク

カフェインにはカルシウムを尿と共に排出してしまう作用がある為、大量に長期間摂取すると、骨が弱くなるといった研究結果が報告されています。

特に女性は妊娠すると摂取したカルシウムは優先的に胎児へと流れてしまう為、骨粗鬆症のリスクが高くなるのです。

ただでさえカルシュウムが不足する妊婦の時にカフェインを摂取してしまうと、骨量の低下がより深刻化してしまいます。

鉄分不足

鉄分は胎児の成長に欠かせない要素。

妊娠中は、体の中の鉄分が積極的に胎児へと送られる為、貧血が起こりやすくなります。

カフェインは、鉄分の吸収を阻害する働きがあり、貧血の原因となってしまうことも。

体のだるさや動悸は貧血症状の一つです。

産婦人科医に相談し、適切な治療を行いましょう。

胎児に与える悪影響

胎児の発育が遅くなる

胎児は、胎盤を通して栄養や酸素を吸収して大きくなります。

カフェインを大量に摂取すると、鉄分の吸収が阻害され充分な血液が胎児に行かなくなってしまうのです。

栄養や酸素が充分でないと、胎児の発育が遅くなってしまう恐れがあります。

流産・早産の可能性を高める

カフェインは、胎盤を通して胎児にも吸収されます。

まだ発達段階の胎児は、カフェインを体の中で上手く処理出来ず、流産や早産の原因となってしまうことも。

胎児が安全にお腹の中で正産期までとどまれるように、カフェインの摂取量には気をつけましょう。

妊娠中に摂取して良いカフェイン量は?

世界では、以下のように妊婦さんの1日のカフェイン摂取量が定められています。

WHO(世界保険機構)の定めているカフェイン量 1日コーヒー3~4杯まで 300mgまで

英国食品安全庁 1日200mgまで

国によって定められている基準値に違いがあり、実際のところカフェインが赤ちゃんにどれだけ影響を及ぼすかまだはっきりと分かっていません。

カフェインには中毒性があるので、妊娠したからといってカフェイン摂取を急にやめることは難しいもの。

無理にやめてストレスになってしまうよりは、安全なカフェイン摂取量を知って自分でコントロールするようにしましょう。

カフェインが入っている飲み物

1杯(150ml)中に含まれているカフェイン量

  • お茶(玉露)180ml
  • コーヒー(インスタント) 65mg
  • 栄養ドリンク 75mg
  • ココア 50mg
  • 紅茶 30mg
  • お茶(煎茶・ほうじ茶)30mg
  • ウーロン茶30mg

カフェインが入っている食べ物

  • ミントガム 1枚につき 10mg
  • チョコレート 10mg
  • 抹茶のお菓子
  • ココアクッキー

飲み物だけでなく、チョコレートや抹茶を使用したお菓子類にもカフェインが含まれています。

コーヒーとチョコレートを一緒に食べてしまうと、それだけで多くのカフェインを摂取することに。

食べ合わせや飲み合わせにも気をつけましょう。

妊婦さんにおススメ!ノンカフェイン・カフェインレス飲み物

麦茶 ノンカフェイン

購入出来る場所:スーパー、ドラックストア

1袋 300円程度

麦茶はカフェイン0なので、妊婦さんにおススメの飲み物。

麦茶1袋に50パックほど入って300円程度と安価です。

さっぱりした飲みやすさで飽きません。

コラーゲンを強化してくれるミネラルや食物繊維が含まれています。

麦茶には活性酸素を抑えてくれる働きがある為、妊娠中のシミ・ソバカス予防にも効果が期待出来ますね。

麦茶と混同しがちなはと麦茶は、子宮収縮作用が起こりやすいので、妊娠中の摂取は控えましょう。

ルイボスティー ノンカフェイン

購入出来る場所:スーパー、ドラックストア

1袋500円程度

ルイボスティーに含まれる亜鉛やミネラルが卵子の質を上げ妊娠しやすい体作りを助けてくれる働きがあります。

また、ルイボスティーには、妊娠中に低下しがちな免疫力を高めてくれる効果も。

妊活中~産後まで長く愛飲出来ますよ!

UCCおいしいカフェインレスコーヒー無糖900ml カフェイン97%カット

購入出来る場所:西松屋、アカチャンホンポ、ベビーザらス

1本248円(税込み)

カフェインレスコーヒーは味気ないものが多いです。

しかし、UCCおいしいカフェインレスコーヒー無糖は、普通のブラックコーヒーとほとんど差がありません。

カフェイン入りのものに比べると深みやコクが若干劣る部分はありますが、あっさりして飲みやすいです。

牛乳で割ってカフェオレにすると、不足しがちなカルシウムも一緒に取れます!

美味しいアイスコーヒーをお探しの妊婦さんにおススメの1本です。

やさしいデカフェ紅茶アールグレイ10袋入り カフェイン0.00g

購入出来る場所:西松屋、アカチャンホンポ、ベビーザらス

1袋298円(税込み)

一般的な紅茶と比べると割高ですが、アールグレイ特有の香りとしっかり茶葉の旨味が出て美味しいです。

カフェイン0.00gのデカフェ紅茶なので、就寝前に飲んでもぐっすり眠ることが出来ますよ。

カフェインレス生活を楽しもう!

急にカフェイン断ちしてしまうと、イライラしてしまったり…。と胎児にも母体にもいいことはありません。

1日に摂取可能なカフェイン量と飲み物や食べ物に含まれるカフェインに気をつけながら、マタニティーライフを楽しむことが大切です。

最近は、ノンカフェイン、デカフェ、カフェインレスの商品が充実し、カフェイン入りとほとんど味の差がないほど美味しいですよ。

ご紹介した飲み物は、妊娠中のスタッフが実際に飲み比べて特に美味しかったものをおススメしています。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション